賃貸アパートの鍵を紛失!なくした時にかかる費用はいくら?

つい先日、外出先で住んでいるアパートの鍵を紛失しなくしてしまいました(-_-;)
しかも鍵を失くしてしまったのは夜!

家の前でバッグの中身をひっくり返してみたけどない!
ポケットにも買い物袋の中にもない。

レオパレス,鍵,紛失

大家さんも離れたところに住んでいて連絡が付きませんでしたが、ある方法で何とか家の中に入ることができました。

賃貸アパートなのに鍵を紛失すると、慌ててしまいますよね汗

アパートの鍵を紛失した時の対処法として、

  • まず初めにすること
  • やっぱり気になる「どうする?」「どうなる?」
  • 私が家に入った方法

をお届けします(^^)/

スポンサーリンク

アパートの鍵をなくした時にすること

アパートの鍵をなくした時は、まず大家さんの連絡先を確認しましょう。

特にたくさんの物件を取り扱っている大手不動産などで契約した場合、大家さんにたどり着くまでに他の小さな不動産が仲介していることがあります。

大家さんの連絡先が分からない時は、まず契約したときの不動屋さんや管理会社に一度問い合わせするようにしましょう。

鍵の紛失届とを出して捜索

鍵をなくしたときは、まず鍵の捜索です。
立ち寄ったコンビニやスーパー・レストラン・駅の窓口等、思い当たるところにまず電話です。

警察庁のHPにも届け出があった落とし物が公開されています。
都道府県警察における遺失物の公表ページ
自分の地域を見ると問い合わせ方法が載っていますので、ひとまず警察にも聞いてみましょう。

届いてないかだけを確認することもできますし、ネットや電話口で紛失届を出すこともできます。

紛失届を出していると、見つかった時に警察から連絡をもらえますよ。

鍵の管理方法はアパートで違う

一般的にアパートの鍵は、最初に取り付けられた時に3本の鍵が用意されている事が多いです。

自分の手元に1~2本の鍵しかない場合、スペアキーは大家さんや不動屋さんや管理会社が管理している事も!
場合によっては連絡すると、直接開けに来てもらえることもあります。

 

ただ、最近では鍵の管理が大変なので手元に持っていないという大家さんも多いのです。
特に管理会社に委託しているアパートだと、駆けつけてもらう時も出張費用などを取られるケースもあるそうです。

この辺りは、入居時に鍵に関する保証をどう契約したかで違ってきますね。
社宅の場合は会社が保証に入っている場合もあるので、無料で対応してもらえるかもしれません。
開けてもらう為にお金がかかることもある…ことは少し覚悟しましょう。

 

また公社住宅の場合は役所へ連絡することになりますがこの場合、合鍵の管理は期待できません。
東京都住宅供給公社のしおりには

住宅の鍵は、みなさんの生命や財産を守る重要なものですから、紛失したり盗まれたりすることのないよう保管には十分注意してください。
また、鍵はすべてお渡ししていますので、東京都住宅供給公社には、あなたの住宅を開ける鍵(マスターキー)はありません。
万一、鍵を紛失しますと、シリンダーごとみなさんの費用で取り替えなければなりません。
引用元:http://www.to-kousya.or.jp/opencms/export/sites/default/www_to-kousya_or_jp/nyukyosha/toei/siori.pdf

と書かれていました。

こうなると自分で業者に連絡することになりますね…。

スポンサーリンク

アパートの鍵を業者に頼んで開けてもらう場合

私が家に入ったのはこの方法で業者に頼んで開けてもらいました。

レオパレス,鍵,紛失

注意点としてアパートの鍵を業者に頼んで開けてもらう場合には、当然費用がかかってきます。
業者が簡単に開けれる鍵であれば5~7千円程度が相場ではありますが、最近は防犯性の高いピッキング防止機能の付いた鍵も多いです。

鍵の種類によっては1万円を超えることも普通です。
更にアパートまで来てもらうことになるので、出張費用も請求される場合もあります。

お金を払うことは覚悟できても、金額によってはもうちょっと考えたい…。

もう少し探せば見つかるかも…という期待がある時はこの金額の出費はしたくないですよね(-_-;)

開錠費用だけを安い価格で前面に押し出し、出張や技術料で結局は高額請求してくる業者も中にはいます。
どこも一緒でしょ、ではありません!!

比較した結果、依頼したのが鍵の救急サポートセンター

まずは、自分のアパートの鍵がどんな種類のものなのか確認してもらわないと正確な見積もり金額が分からないですよね。
でも、見積もり費用など余計な出費を避けたいのが本音です(^^;

そんな時に見つけたのが、電話相談と現場見積もり無料の「鍵の救急サポートセンター」

朝8時~夜の12時まで年中無休で電話相談を受け付けてくれます。

実際に現場まで開錠の見積もりに来てもらっても、無料!
着手してもらうまではキャンセル料も無料ととても良心的。

開ける寸前に警察から見つかったという連絡が来た時もお断りすることができます。
見積書も各項目にかかる費用が明確に提示されるので、他業者を検討する時の基準としても使えますね。

 

夜で管理会社や大家さんに連絡がつかないという場合も開けてもらった方が安いのか、ビジネスホテルに一泊する方が安いのか検討することができます。
とにかく安くトラブルを乗り切る方法を見つけましょう!

ただし、最終失くした鍵が出てこなかった場合は更なる費用が必要になることも…。

アパートの鍵を紛失した場合、退去時にかかる費用

アパートの鍵を紛失した場合は、自分の失敗ですので鍵に関する費用が発生します。

・大家さんがマスターキーを持っていて合鍵を作ってくれる
・マスターキーを自分が失くして一から作成が必要
・防犯上の理由で鍵全体の交換が必要

等、それぞれのアパートで対処法が違います。
自分としても防犯面は心配なので、鍵交換は検討したいとこです。

鍵を紛失した時は、きちんと不動産や大家さんに報告しましょう。
失くした場合の金額や条件は契約書に書かれていますので、事前に確認しておくとスムーズです。
退去時にまとめて請求される場合やその場で請求される等、様々。

こんな場合も想定して救急サポートセンターの無料電話相談で聞いておくと納得しやすいかもですね^^

 

ちなみに私の失くした鍵はメインキーでした。。。
結局見つからずに、次の日に契約書を見て大家さんに連絡。

すると、「長く住んでもらってますし、今回はこちらで何とかします~」
と何とも神対応をしてくれました!!

契約状況やその時々によって、対応は違うと思いますが・・・
まずアパートの鍵をなくした時は

  • 大家さんや管理会社に電話
  • 警察に紛失届
  • 鍵の業者に連絡

この順番で焦らずに行動するようにしましょう!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑