ステンレスシンクのサビの落とし方!サビる原因は?

ステンレスシンクは錆びないそんな風に思っていませんか?
ステンレスシンクは「錆びない」のではなく「錆びにくい」」が正解です。

錆びにくい理由としてステンレスの表面には酸化被膜というコーティングが作られているからです。

シンク,水垢,落とし方

余談はここまで、先日久しぶりに水回りをきれいにしようと、シンクを掃除し始めると所々にサビが出ているのを発見!
強くこすると傷になりそうだし、間違った薬剤を使うと更にひどい状況になりそうで怖い…。
できればキレイな状態に戻したいところです(-_-;)

そこでステンレスシンクのサビの落とし方について調べてみると、シンクに傷をつけないさびの落とし方をたくさん見つけました!
思っていた通り、逆効果になる注意点も発見しました。

ご家庭のシンクに合ったサビの取り方見つけて下さい。

スポンサーリンク

効果的なシンクのサビの取り方

シンクのサビを効果的に取るために最初におススメしたいのは、メラニンスポンジと重曹です。
100均などでもよく見かける「激落ちくん」という白いスポンジですね。
水に濡らしたメラミンスポンジに重曹を振りかけて磨いてみましょう!

錆びにお酢を垂らしてみると、より効果的ですよ~(^^)
重曹はお湯を使うと、スポンジになじみやすいです。

ステンレスシンクなら傷の心配もありませんよ。

どうしても心配…な方やメラミンスポンジは試したけど取れなかったという方達には、にもこんな方法があります!

スポンサーリンク

シンクのサビができてから時間が経っていない場合

シンクのサビができてから時間が経っていなければ、こういった液に頼ってみるのもおススメです^^

1.クレンザー
粉のものより、滑らかなクリーミータイプが傷の心配が少ないです。
スポンジの他に古いストッキングやマイクロファイバーのタオルなどで磨いてもいいですね。

2.クエン酸
シンクの水垢掃除に大活躍するクエン酸。
水垢にはクエン酸水が効きますが、サビには粉末のクエン酸を直接振りかけましょう。
後はスポンジでこするだけ。
この時、野菜の切れ端や柑橘系の果物の皮等を使うと粉末が食品の中に入り込むのでシンクを傷つける心配がありません。

3.ケチャップ
これまで紹介したものが手元にない時は、まず冷蔵庫のケチャップをサビにかけてみて下さい。
サビの部分に塗り付けたら、ラップで覆って10分待ちます。
その後、はがしたラップでそのままサビをこすると…軽いサビなら取れます!
酢と塩でサビを落とす方法は科学の実験などでよく取り扱われますが、塩をステンレスに使うのは危険なので、同じ成分の入ったケチャップを利用したという裏ワザです。

なかなか取れない頑固なサビの場合

シンクのサビは時間と共に中にしみ込んで広がっていきます。
どうしようもなくなる前に、少しの出費できれいにしておいた方が無難です。

さっきのさびの落とし方を試しても落ちない頑固なサビは、紙やすりを使ってみましょう!

おススメなのが耐水ペーパー。
特に「1000~2000番台」を使うと頑固なサビに効果的です。

その後、その部分の傷を更に数字の大きな2000~3000番台のペーパーで磨き上げます。
爪を磨く時の要領と同じで、強くこすらず、錆びた部分だけを優しく磨くようなイメージで磨いてみましょう。

この時、爪と同じようにシンクも同じ方向へ磨いてあげて下さいね。

ステンレスシンクの掃除用品として、やすりが片面に取り付けてあるスポンジもあります。
荒い→細かいが3枚セットになった便利な商品も販売されていますので、ホームセンター等を覗いてみて下さいね。

他に細かい作業が苦手…という方は、金属研磨剤のピカールを使って磨いていくのも手です。
クリームのような研磨剤でぼろ布に付けて磨くことでサビを落とすことができますよ!

サビに効果的な薬剤でステンレス使用可能なものは割と多いので、この機会に一つ購入しても良いかもしれませんね。

ではキレイになったら、今後サビを発生させない様に何が原因になるのか?も抑えておきましょう!

スポンサーリンク

シンクのサビの原因は?

シンクのサビの一番の原因は「もらいサビ」と呼ばれるものです。
金属が水でサビるのは、日常で目にしたことがありますよね。

そんなサビやすい金属をシンクに置いておくことで、ステンレスにサビが移るんです。
シンクは水場なので、サビやすい条件がバッチリですもんね(-_-;)

その他にもステンレスは塩分が原因でさびてしまいます。
海水や海風の近くにある車は傷みやすい、というと想像しやすいでしょうか。
塩分を含むみそ汁やしょうゆをこぼれたまま放置しているとサビの原因になります。

排水溝のぬめりを取るための塩素系の洗剤がサビの原因にもなりえるので、しっかりと流すことが大事です!
水をキレイにするための備長炭を放置していたことでサビが発生した事例等もあります。

そうならない為にしっかりと予防しておきたいですね。

シンクのサビの予防法

シンクのサビを予防するには、汚れや物を放置せずにキレイな状態を保つことが重要です。
「使った後は洗って拭きあげる」のが基本ですね。
日頃のお掃除の方法は、シンクの水垢の落とし方!掃除しても汚れが取れない時はコレ!を参考にして下さい。

もらいサビでよくありがちなのが

・ジュースの空き缶
・金属たわし
・包丁
・鉄のフライパン

などです。
日頃から置きっぱなしにしない様に心がけましょう!

うちのサビは、どうやら私がすぐにそこら辺に置くヘアピンからの「もらいサビ」だった様です><。
液体クレンザーできれいになりましたが、更に良い状態を目指してペーパー磨きも一度挑戦してみたいなと思っています(*´▽`*)

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑