シンク下が臭い!臭いの原因に困ったときの対策

台所のシンク下の収納扉を開けると何だか臭い!
シンク下には、予備で買っている調味料や空いたスペースには食器を入れていたりすることが多いと思います。
シンク,水垢,落とし方

物を入れようとシンク下の収納扉を開けた時に、この臭いに気づく事が多いですよね。

他にも

  • 天気の悪い日
  • お湯を流した時

こんな時「何だか臭いなー」と感じることもあるかと思います。
でもこの臭いの元の原因が分からない・・・

見て見ないふりをしている間に、ゴキブリなんかのの害虫が部屋にあがってくるのも怖いですよね。
まずは臭いの原因を突き止めて、正しい対策を見つけ出しましょう!

スポンサーリンク

シンク下の臭いの原因

シンク下の臭いの原因は、大きく分けてこの4つです。

1.排水溝のカビやヌメりが臭い

一番単純な原因としては、排水溝にカビやヌメりがあること。
食べ物のカスはもちろん、油を洗剤で洗った時にでる石鹸カスが詰まっていることもあります。

定期的に掃除しているよって方はどんどん次の原因解明に進みましょう。

2.排水溝の防臭トラップが付いていないと臭い

排水溝には通常「防臭トラップ」と呼ばれる排水管から上がってくる臭いを止めているお椀があります。
シンクだと排水溝の中にお椀をひっくり返した様なものがハマっている部分に仕掛けられています。

椀を持ち上げると水が溜まっている部分が見えますが、これこそが防臭トラップの椀トラップと呼ばれるもの。

この水が下水までの道のりにあることで、臭いや害虫が上がってこれなくなるのです。
ゴキブリも水の中までは泳げませんからね(^^;)

当たり前にあるものとされていますが、臭いがきつい場合はこの「防臭トラップ」がシンクの排水溝に付いてないない事も!
お家のシンクには防臭トラップは付いていますか…?

他にもトラップが割れていると、そこから臭いが漏れている可能性もあります。
何らかの不具合で水が溜まらなくなっいて、臭いが上がってきていることも考えられますので正常に機能しているか確認してみましょう。

防臭トラップが割れていたりヒビが入っている時は「臭気止め」という商品名でホームセンターに置いてあります!
現物をキレイにして持っていくか、サイズを確認して取り換えてみて下さい。

3.排水管の接続部分が臭いの原因かも?

特にシンク下のドアを開けた時だけ臭う…という場合は、排水管のトラブルも考えられます。
下水へ繋がる部分へ排水管が差し込まれているのですが、この接続部分に

  • 隙間ができている
  • 劣化してヒビや傷ができている

というトラブルです。

防臭トラップがある部分の前で下水の臭いが漏れてきているのですね><

シンクへ熱湯を流し過ぎると排水管自体が劣化する原因にもなります。
傷や隙間など、「この部分が特に臭い!」という場所はありませんか?

4.新築や湿気の溜まりやすい家はカビの可能性も

新築や湿気の溜まりやすい家は、シンク下にカビが発生していることもあります。
塩などの食品を置いていると湿ってしまう様なシンク下は危険ですね。

新築だと、工事の時に濡れた部分が乾ききっていなかったりします。
特にコンクリは施工後、4年以上たたないと水気が抜けないと言われています。

目で確認できなくとも、発生している可能性は考えられますよね!
カビは繁殖している瞬間が一番臭うとされています。

臭いと湿気を感じ取った時に素早く対策を施すようにするのがベスト!

シンク下のカビの対策については、たくさんの方法があるので別記事「台所のシンク下のカビ対策!掃除の方法は?」にまとめておきます。

それでは原因が分かれば、次は臭いの対策についてみていきましょう!

スポンサーリンク

シンク下の臭いの取り方

トイレのつまり,直し方

シンク下の臭いは、原因さえ見つけきれれば対策することができます。

排水溝のぬめりを掃除しよう!

排水溝のカビやぬめりが原因かもと感じる時は、徹底的に掃除を行います。

排水溝の掃除の仕方

※用意するもの

  • 重曹
  • ぬるま湯で薄めた酢(1:1程度)
  • 使い古した歯ブラシ等の磨く道具

 

【掃除の仕方】

  1. 排水溝全体に重曹をかけて表面の汚れを磨く
  2. 一度軽く水を流したらもう一度重曹を厚めに振りかける
  3. 重曹の上にぬるま湯で薄めた酢を回しかける
    (重曹が水に溶けにくいのでお湯を使います)
  4. シュワシュワ~っと泡立ったら、成功!
    30~1時間放置した後に再度、歯ブラシなどで磨き上げて下さい。

ヌメリの掃除はキッチンハイターなどの塩素系洗剤が効果的なのですが・・・
ステンレスシンクに使うとサビの原因になってしまうので重曹と酢を使ったこの方法が安心です。

排水溝だけでなく、一緒にシンクのお掃除もできますよ。

排水管の接続部分の臭い対策

排水溝の接続部分に亀裂や隙間を見つけたら、その部分をしっかりと塞いでいきましょう。

少しのヒビであれば、テープを使って補修することができます。
ホームセンターに売っている電工用のテープを使えば、防水力も強いので安心ですね!

排水管の隙間が大きい場合は、テープを巻いた上からエアコン用のパテを使って塞ぐことができます。
パテと聞くと難しそうに聞こえますが、粘土と同じ要領なので「もみほぐして隙間に押し込むだけ」と女性にも使える便利な商品ですよ。


参照:https://youtu.be/AYGPiDRyNf8

これならエアコンの配管と同じ要領で、排水管の隙間も埋められますね。

排水管が排水口に差し込まれているだけならば、防臭ゴムという商品でも隙間を繋ぐことができます。
排水口にピッタリのサイズを見つけることができれば、エアコンのパテを使うよりも更に簡単ですね!

シンク下の収納スペースの臭い対策後の予防

排水溝と排水管の臭い対策が出来たら、簡単な臭いの予防策もとっておきましょう。

用意するものは、重曹と口の広い空き瓶。
重曹を空き瓶に移し、蓋を開けたままシンク下へ置いておきます。

重曹は汚れを落とすだけでなく消臭効果も持っているので、シンク下に残った嫌な臭いを吸い取ってくれます。
効果は1ヶ月程なので、定期的に取り換えることで臭いの予防になります。
古い重曹は、シンクや排水溝の掃除用具としていつも通り使えるのでとても経済的ですね^^

自分で解決されないときは専門業者に無料で相談!

これだけ対策を行ってもシンク下の臭いが解決されないという場合は、下水自体のトラブルも考えられます。
排水管に異常が起きて、抑えきれない臭いが上がってきているといったことも考えられますが素人ではちょっと対応できませんね(-_-;)

賃貸であれば、まず現状を管理会社や大家さんに相談することをおススメします。

賃貸でない場合は、水の救急サポートセンターがおススメ。

電話相談や原因追及、見積もりまで無料でやってくれます!
作業員が現場を確認し、原因を突き止めてくれても施工か決まるまで費用が発生しないと良心的なサービスです。

フリーダイヤル電話相談もあるので、自分で解決できないときはまず相談してみても良いかもしれませんね!

シンク下の臭い対策のまとめ

シンク下を空けた時に匂いがするときは、まず

  • 排水溝の掃除
  • 防臭トラップの確認
  • 排水管にヒビ割れがないか確認
  • 排水管の接続部分から排水漏れがないか確認

確認できる範囲で確認するようにしましょう!

チェックするポイントさえ分かっていれば、意外と自分でも解決できるかもしれませんよ(^^)

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑