風呂カビを掃除でピカピカに!天井もこれで大丈夫!

 

梅雨の時期やジメジメする季節は湿気と共に心配になってくるのが

カビ

ではありませんか?

知らないうちに掃除を怠っていて出来てしまったカビをどのように掃除すればよいか分からないときもありますよね。

 

特にカビができるお風呂場を中心にどんな掃除用具を使ったらいいのでしょうか?

手が届きにくい天井はどのように掃除をすればいいのでしょうか?

床と壁はどんな風に掃除をしたらカビを除去しやすくなるのでしょうか?

 

日頃からできるカビ予防策も一緒に見ていきましょう!!

スポンサーリンク

頑固な風呂カビ掃除に11の便利用具!

いつもお風呂掃除にはどんな掃除用具を使ってますか?

ここでは天井、壁、床の掃除について便利な掃除用具をご紹介!

それでは一緒に見ていきましょう!!

 

便利な11の用具

  • 塩素系カビ取り洗剤
  • 古いハブラシ
  • たわし
  • ミニタイプのコテハケ
  • ローラーバケ
  • ラップ
  • ティッシュ
  • 雑巾
  • ゴム手袋
  • めがね
  • マスク

 

洗剤は「次亜塩素酸ナトリウム」と書かれているものを選んでください。

2,3年ほど経ったものではなく、新しい洗剤を利用しましょう。

塩素系カビ取り剤がない場合は酢と水を混ぜても洗剤は作れますし、酢と水にプラスして重曹をかけてもカビを取ることもできます。

 

ラップはカビ取り洗剤をふきかけて、その上にかぶせるのに必要です。

カビは空気に触れないようにしないと死滅しないからです。

 

コテハケは壁のタイルの目地のところを効率よくカビ取りできます。

頑固な風呂カビ掃除に12の便利用具!

またローラーは天井のような高いところや壁などの広い範囲を掃除する際ははこれで洗剤を塗ると広範囲を塗れるので楽チンです。

洗い流す時もローラーに水をつけて塗っていくだけなので、とても楽です。

 

管理人的にはコレだけあればバッチリです(^^♪

さぁこれから用意して掃除してみましょう!!

風呂掃除は天井から!どうやればいい?

お風呂のカビ取りをする際に結構億劫になるのが、天井の掃除ではありませんか?

天井は自分より背が高いので届きにくいですし、洗剤が誤って滴り落ちてきたら恐いですよね。

風呂掃除は天井から!どうやればいい?

そんな問題を解決していきます!

 

「あなたにおすすめの人気記事!」

こちらではカビキラーの塩素の匂いの軽減方法についてマスクの使い方についても説明しております。
宜しければチェックしてみてください!

スポンサーリンク

床と壁の掃除テクニック!

 

天井の掃除はこれで終わりましたね!

次は壁と床の掃除をしていきます。

 

壁と床で必要な用具

  • 塩素系カビ取り洗剤
  • ティッシュ
  • ラップ
  • ミニタイプのコテバケ
  • ゴム手袋
  • めがね
  • マスク
  • 雑巾

 

掃除をする前に大切なことなのですが、床も壁も乾いているときに掃除をしてください!

濡れた状態でカビ取り洗剤をかけても効果は半減するだけです!

 

壁の掃除の手順

  1. カビの上にティッシュをおく。
  2. ティッシュの上から塩素系カビ取り剤をかける。
  3. またその上からラップをかけて密封状態にします。
  4. しばらく時間をおきます。
  5. しばらくして水を流します。
  6. 雑巾でふき取ります。

 

タイルの目地のところは、ミニタイプのコテバケを利用しましょう!

コテバケに塩素系カビ取り剤をつけタイルの目地に塗り、しばらく放置して水で洗い流して雑巾でふき取ったら完成です。

 

ここでポイントなのは壁を掃除する際には下から上に向かって掃除をしてみてください!

 

床の掃除の手順

床も壁とほぼ同じようなものですよ!

  1. 床に塩素系カビ取り剤を塗布する。
  2. 3~4時間放置する。
  3. 床をたわしや古いハブラシでこする。
  4. 水洗いをする。

 

出来れば床も壁も掃除をした後またカビが発生しないように消毒用アルコールで殺菌するのも良いです!

浴室全体にスプレーしてもいいし、雑巾等に湿らせて拭いても大丈夫ですよ~(^^)

入浴後のカビ予防策

カビ掃除の仕方を理解しても、やはり掃除ってしたくありませんよね。

できれば自分で出来る予防策を知って掃除の手間を省きたい!

 

それでは入浴した後にできるカビ予防策とは!?

風呂掃除は天井から!どうやればいい?

それは浴室の壁や床にシャワーで42度ぐらいから100度までの熱湯をかけるのです。

熱湯をかけた後には換気扇を回して湿度が上るのを避けてください。

 

たったのこれだけです!

熱によってカビ自体も死滅してしまいますし、床についたシャンプーの残りや垢、皮脂といったものも洗い流すことができるので一石二鳥です。

 

週に1回でもいいのでまずはやってみましょう!

 

上記でお伝えした方法でもとれない酷いカビは業者さんにお願いして、お風呂クリーニングをしてもらうことをおススメします。

 

いかがでしたでしょうか?

私達を困らせるカビですが、簡単な予防策があるのでこれで今年は掃除知らずかもしれませんよ!!

スポンサーリンク

Comment

  1. そうじん より:

    天井のカビとりしようとすると、漂白剤が頭にふってきますけど。
    それはどうやったらいいんですか?
    ローラーの柄がみじかくて届かないし、鼻が塩素できかなくなって丸一日臭いがわからなくなってしまいました。マスクやゴーグルは書かれている通りに使いましたがひどい目にあいました。
    実際に経験したことを書いてくださいませんか?

    • afrider より:

      初めまして、管理人です。
      この度はご指摘いただき有り難うございます。
      ご指摘いただきました箇所の再現性がないとの事ですので修正させて頂きます、申し訳ございませんでした。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑