髪がうねる!湿気だけじゃないうねりの原因と4つの対策は?

湿気の多い季節になると、なんだか髪が上手くまとまらなかったりクネクネしてセットが崩れる事が多いですよね(~_~;)

朝の髪のお手入れに時間もかかるし、湿気は本当に嫌だ!とうんざりされる方も多いのではないでしょうか?

髪の毛がうねるのは本当に湿気が原因なのでしょうか?

どうやったら髪のうねりから守ることができるのでしょうか?
髪がうねる!湿気だけじゃないうねりの原因と4つの対策は?
髪のツヤを守ってくれるキューティクルはどうやってケアすればいいのでしょうか?

 

一緒に見ていきましょう!!

スポンサーリンク

髪は湿気が原因でうねる?

髪がうねるのは湿気だけが原因だと思っていませんか?

 

実は違うんです(@_@;)

 

髪がうねる大きな原因として髪全体の水分が不均等で髪の毛の中に乾いたところと湿っているところの2層で分かれてしまっているからなんですね。

またダメージを受けていると髪のキューティクルが剥がれてしまい、そこから水分が入り込んでしまって髪が膨張して広がってしまうのです。

 

このことから髪を均等にしっかり乾かす大事さと髪のケアの大事さが分かりますよね。

 

またあまり知られていませんが、女性にとっては大嫌いな頭皮が歳を取ってしまう「髪年齢」というものが原因です。

歳を取ると顔の皮膚がたるんだり、しわが出てきたりしますよね。

髪は湿気が原因でうねる?

それと同じように頭皮も歳によって変化します。

 

頭皮が変化することにより肌が乾燥しやすくなります。

また年齢と共にコラーゲンが減ってしまうことで頭皮が薄くなると、真っ直ぐだった毛穴が歪んでしまって髪の毛がウネウネになってしまうんです。

髪を湿気から守るケア方法

とても困る髪がうねる問題ですが、解決策はもちろんありますのでご安心下さい!

 

それは日々のブローの仕方、ブラッシングの仕方に関わってきます。

まずブローの仕方についてご紹介していきます!

 

用意する物

  • マイナスイオンドライヤー
  • 洗い流さないトリートメント
  • カールブラシ

 

ブローの仕方

まず濡れている状態から半乾きの状態にまで髪の毛を乾かします。

 

高温で必ず根元まで乾かしてください。

根元まで乾かすことで、より広がりを抑えることができます。

またドライヤーの風を上からあてると、髪が広がりにくくなります。髪を軽く引っ張りながら風をあてると尚良いですよ。

同じ場所だけずっとドライヤーをあてることは絶対にしないでくださいね!

スポンサーリンク

半乾きになったら、洗い流さないトリートメントをつけましょう。

管理人は椿油がおススメ(^^♪

しっとりタイプでもさらさらタイプでもご自分の好きなトリートメントを選んでください。

 

更にカールブラシを使って形を整えていきますが、ドライヤーは15センチほど髪の毛から離して根元から毛先に沿ってカールブラシで梳かしていって下さい。

細くて柔らかい髪の毛の方は豚の毛を使ったものを、硬い髪の毛の方は猪の毛を利用したものを選んでください(^^)

 

温風でブローしてもいいですが、冷風で長めにブローするのもいいですよ!

 

髪のダメージが少ないですし、冷風なので髪の毛が引き締まります!

仕上げにセミハードタイプのスプレーを髪全体にかけてあげると、より髪の広がりを防ぐことができます。

 

ブラッシングの仕方

使うブラシは目の粗いブラシを利用してください。

 

ブラッシングは水分を毛先まで髪全体に均等にする働きもあるので、大切なケアの一つですよ!

ゆっくり優しく、上から下へと梳かして下さい。

頻繁にブラッシングすると、うねりも抑えることができますよ。

髪をうねりから守る4つの対策

髪を守ってくれるキューティクルですが、キューティクルが剥がれると髪の潤いはなくなりますし、憧れのサラサラヘアーに近づくのが難しくなってしまいます。

またキューティクルは1度剥がれてしまうと、再生しないんです!!

 

キューティクルを守るための4つの対策

  1. ドライヤーを使う際には必ずトリートメントをつけましょう。
  2. ブラッシングはパートに分けてやりましょう。
  3. シャンプー、トリートメントのすすぎ残しに注意する。
  4. UVカット配合のコンディショナーやトリートメントの使用

 

ドライヤーやスタイリングに使うヘアアイロンの熱は高温なので、髪の毛はダメージをとても受けやすいんです。

 

トリートメントや専用のスタイリング剤で髪にダメージを与えないように髪の毛につけましょう!

また、キューティクルの敵は水分でもあります。
キューティクルを守るための4つの対策
出来るだけ早く髪の毛を乾かしてください。

何故なら髪の毛が濡れているので、キューティクルが剥がれやすくなるからです。

ブラッシングをする際に髪の毛全体を一気にしてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、それは間違ったブラッシングの仕方なんですね。

髪の毛をいくつかのパートに分けて優しく丁寧にブラッシングしましょう。

シャンプーの後にリンスやコンディショナーをされると思いますが、必ずすすぎ残しがないようにしてください!

シャンプーも同様です!

 

また紫外線によってもキューティクルはダメージを受けます。

紫外線は4月ぐらいから強くなってくるので、早め早めにUVカットか可能なコンディショナーやトリートメントを使用するようにしてください。
髪をうねりから守る4つの対策
髪も正しいブローの仕方、ブラッシングの仕方をすると綺麗にサラサラの髪の毛になりますよ!

 

大切なキューティクルを守るためにもコンディショナーを効率的に利用して髪の毛をサラサラに保ちましょう!!

スポンサーリンク

関連記事

ふくらはぎ,マッサージ,方法

ふくらはぎをマッサージしてむくみを解消!どんな方法でやるの?

脚をもっと細くしてモデルのような脚になりたいともくろんでいるshittoku!スタッフ まぽりんです

記事を読む

靴擦れ,防止,かかと

超簡単!かかとの靴擦れを防止する4つの方法!

ヒールのある靴やサンダルを素足で履くと、およそ100%の割合で靴擦れを引き起こしますshittoku

記事を読む

マニキュア,早く乾かす,方法

マニキュアを早く乾かす6つの方法!ドライヤーと氷水でどうする?

マニキュアってなかなか乾きませんよね。 でもそんなマニキュアを早く乾かす方法があるとすれば・・・知

記事を読む

アイキャッチ

重曹歯磨きのホワイトニング効果と2つのデメリットとは?

歯の汚れが気になるなぁ~ でも歯医者に行ってホワイトニングすると高い・・・諦めるか? ち

記事を読む

アイキャッチ

唇の乾燥にリップクリームが効かない!今すぐ治す5つの方法

年々、冬の乾燥がひどくなってる気がします。 中でも私が一番つらいのは、唇の乾燥。 話

記事を読む

つけまつげ、付け方、ポイント

つけまつげの付け方の6つのポイント!一重と二重の違いは?

100均のつけまつげでもキレイになれる? 不器用さんにもできる簡単な付け方のポイント知っていま

記事を読む

日傘,uvカット,効果

日傘のUVカットの効果とは?紫外線のカット率ってどれくらい?

日傘のUVカットの効果ってどれぐらいなんだろう? 最近はあまりの太陽の強さに、男性でも日傘を使

記事を読む

ニキビ,芯,取り方

ニキビの芯を出すと早く治る!?正しい取り方はある?

ニキビが出来るとその日はとにかく憂鬱になりますよね。 痛いし何かと気になるし、仕事に手がつかな

記事を読む

香水,付け方,男

メンズの香水の付け方、男が迷った時はコレ!

良い香りのする男性って女性から見ても魅力的に感じますよね~ 爽やかな香りがフワッと来た時はつい

記事を読む

つけまつげ,のり,取り方

つけまつげの「のり」の取り方!皮膚がかぶれてしまう原因は?

つけまつげの固まったのりの正しい取り方は? つけまつげののりをきちんと落とすことによって、まぶ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑