足が痛いアナタは痛風かも?初期症状の前触れと予防策!


毎週金曜日にはお酒を会社仲間と飲みに行き、いつもご飯は外食やコンビ二弁当という働く男性の方々。

ある日突然足が痛い!!立てない!!

という「痛風」になるかもしれませんよ!

 

男性がなりやすいと言われる「痛風」はどんな前触れから来るのでしょう?

実際に痛風になってしまったら、何科に行けばいいのかもわかりませんよね。

 

なるべくなら痛風にはなりたくない!

 

実は食事で予防する方法があるんです。

食事以外の対策方法も見ていきます!

 

若いからといって病気なんかならないと思っている20代の男性の方々!

そしてアルコールが大好きな男性の方々!!

はたまた女性の方々も関係ないことではありません!

一緒に痛風対策していきましょう!!

スポンサーリンク

痛風の初期症状の前触れは?

痛風というと足の親指や痛くなったり腫れたりする病気ですが、それだけでなく痛風の症状が出る前に前触れがあるんです。

それは人によって様々で、ない人もいます。

 

ではどんな前触れがあるのでしょうか??

痛風の初期症状の前触れは?

  • 関節の痛み、熱をもったような感じ
  • どこか足をぶつけたような違和感
  • つま先がピリピリする
  • 足の裏がしびれる

 

といった5点の前触れが起こるようです。

何をしてもこの違和感が取れず、数日たって初期症状である足の痛みを感じることもあるようです。

痛風かも!?病院の何科で診てもらう?

痛風かも!?病院の何科で診てもらう?

 

それでは痛風のように足の痛みや腫れが出た場合、何科にいけばいいのでしょうか?

スポンサーリンク

 

答えは大きな病院の痛風を専門とする外来、それがない場合は基本的には内科です。

 

足の痛みや腫れがあるのだから、整形外科等と思われるかも知れませんが・・・

痛風は体の内側の病気なので、内側から治すにはやはり内科が適切ですね。

 

しかし絶対にこの病院でないといけない!ということはありませんので、症状が表れた場合とにかく近くのクリニックへ行ってくださいね!!

痛風を予防する食べ物は?

痛風の原因はよく言われている「プリン体」というものです。

 

このプリン体というものを多く含んだものを食べてしまうと、プリン体から「尿酸」というものが老廃物として排出されてしまい、血液中の尿酸値が上ってしまいます。

この尿酸値が上ってしまうことで体の中に尿酸がたまってしまい、結晶となって足の痛みを引き起こしてしまうんですね。

ということは、プリン体を多く含まない、または尿酸値を上昇させない食べ物を食べれば予防に繋がりますよね!

 

プリン体を多く含まない、または尿酸値を上昇させない食べ物

  • 海藻類・・わかめ、昆布
  • 野菜類・・ほうれん草、人参、キャベツ
  • 芋類・・さつまいも、じゃがいも
  • 果物・・・メロン、バナナ
  • 根菜類・・大根、ごぼう

 

こちらの食材を利用してご飯のおかずを作ってみるのもいいですし、意識的にこれらの食材を摂取しましょう!

痛風の初期症状は4つの予防で回避!?

痛風の予防は食事だけではありません。

 

痛風の予防の基礎となるのは私達の日々の生活習慣です。

①アルコール②ストレス③運動④水の4つに分けて予防していきましょう!

 

①アルコール

プリン体といえばビールですが、ビールだけがプリン体を多く含んでいるわけではありません。

アルコール全般が尿酸値を上げる作用がありますので、お酒は1合程度に抑えておきましょう。

 

②ストレス

実はストレスの蓄積によって尿酸値が上昇し、痛風になりやすくなるのです。

自分にあったストレスの発散法を見つけて発散しましょう。

 

③運動

激しい運動はエネルギーを消耗することで尿酸値を上昇させます。

ウォーキングといった有酸素運動を心がけて適度に運動しましょう。

 

④水

④水

 

この水がとても肝心なんですよ!!

普段の生活にも、水をおよそ1日2リットル飲むのが良いといわれています。

水をたくさん飲むと尿が増えるので、自然と尿酸が排出されやすくなります。

アルコールを飲むときも一緒に水もたくさん飲めばいいですよ!

 

痛風の原因は不規則な食生活や運動不足といった生活習慣に関わることです。

放っておくと腎不全といった大変な病気になる痛風。

男性ももちろん女性も今ご自分の生活習慣を見直して、痛風を予防してみませんか??

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑