広島県民が言う!呉花火大会の2016年の日程と穴場スポットは?

民間飛行機の写真を撮ることも好きですが、自衛隊の乗っている船や飛行機の写真を撮ることも好きなshittoku!スタッフ まぽりんです(^^♪

自衛隊といえば、広島で言うと「呉市」にあたります。

映画「海猿」のロケ地にもなり、最近では大和ミュージアムという博物館も開館されて10年がたとうとしている活気のある市になっていますね。

そんな呉市では夏に「呉花火大会」が毎年行われています。

広島の花火大会シリーズ5本目の今日は、立地を生かした呉花火大会についてお伝えしていきますよ!(^^ゞ

地元民が訪れることの多い呉花火大会ですが、公共交通機関を使って観光と一緒に花火を見られてはどうでしょうか?

呉花火大会の花火が見えるお食事処も今回はご紹介しちゃいますよ!

もちろん穴場スポットも併せてご紹介しますので、お見逃しなく!!

スポンサーリンク

呉花火大会の2016年の日程スケジュール

2016年呉花火大会のスケジュール

  • 日程:2016年7月30日(土)*予定です!(雨天決行、荒天中止)
  • 時間:20時〜20時45分
  • 場所:呉港湾内
  • 打ち上げ数:約3500発(海上での大スターマインなど)
  • 駐車場:なし

日程はまだ発表されていませんので、例年通りですと8月第1週目の土曜日となっています。

約14万人を動員する呉花火大会は、有料観覧席も用意されていますよ!

計350席用意されていて、1名2000円で発売されています。

一般販売は7月上旬予定です。

詳しいことは呉まつり協会(TEL 0823-21-0151)までお問い合わせください!

花火を見るメインの観覧場所でもある川原石南埠頭では、屋台も多く出ています。

他にも呉市中心街にあたるれんが通り商店街や、海上自衛隊敷地内にも屋台が出ています!

梅しそうどんや卵焼き、そしてお好み焼きまで販売されていますよ(^_-)-☆

呉花火大会の6つの穴場スポット!

呉市の人口が約23万人なので、14万人が訪れるとなるとほぼ地元の人は花火を見に訪れるということになりますね!

一応呉港の周りでも見えるのですが、やはり混雑は避けたいものです・・・(^_^.)

それでは毎回恒例の呉花火大会の穴場スポットを見ていきましょう!

近いところ離れたところとで分けてご紹介します。

近くの穴場スポット

①大和ミュージアム周辺

大和ミュージアムの前に海を見渡せる広い場所がありますので、そこから見てください!

比較的花火もきれいに見れ、早めに場所取りをしなくてもゆったりと見れるところです。

打ち上げ場所からも近いので、美しい花火を見ることができますよ。

②ゆめタウン呉の屋上駐車場

椅子を持参してみることができる場所です。

駐車場があるので車の心配もいりませんし、ご飯やトイレの心配もありません!

早めな場所取りをおススメします。

③海上自衛隊呉総監部城山グラウンド

花火大会当日午後から解放されています。

午後からは高速艇体験など日頃は出来ない体験もできますので、家族連れで行かれると楽しいかもしれません!

離れたところでの穴場スポット

③宮原周辺

呉市宮原に向かうところで呉の町並みを見下ろしながら花火を見ることができます。

特に海上での花火がよく見えますね(*^。^*)

離れたところではありますが、迫力も満点ですよ!

④灰が峰

呉で一番高い山で花火全体をキレイに見ることができます。

広島で一番キレイな夜景と共に花火を写真に収めてみてはいかがでしょうか?

少し遠いので、音や迫力には少し欠けてしまうかもしれません^_^;

⑤休山周辺

クレーン自衛隊の船と一緒に花火を見ることができます。

歩道が少し狭いのと、駐停車禁止なので車では行くことは出来ません

歩いて来られることをおススメしますよ!

スポンサーリンク

大スターマイン花火がが見える穴場のお店4選!

花火をメインに外で見るというのも良いのですが、蚊もいるし暑いしもっと快適に花火を見たいと思われる方もいらっしゃいますよね。

そんな方にはホテルやお食事処でご飯を食べながら、ゆったりと花火を見ましょう!!

おススメの呉花火大会の花火が見える穴場のお店やホテルをご紹介します!

①クレイトンベイホテル

カップルに特におススメのホテルです!!

とにかく花火の眺めが最高にきれいで、花火大会に合わせたイベントや料理を提供してくれます。

屋上で花火を見れるプランがあり、ホテルで宿泊されてもいいのですがかなり早めに予約されることをおススメします。

予約制なので必ずお電話で!

TEL:0823-26-1111

②呉阪急ホテル

呉駅からすぐのところという立地条件が良いホテルです。

ホテル内のレストランからも花火を見ることができますが、毎年テラスガーデンでビアガーデンが開かれています。

そこでビールを飲みながら花火を見るのも風情かもしれませんね(^o^)/

こちらも予約は必須ですよ!!

TEL:0823-20-1111

③港の食堂 ぽこ

庶民的なお店で、呉港を見渡せるお食事処です。

海上自衛隊の方がよく訪れる場所で、定食やうどん、丼物を食べることができます。

特に牛すじ丼が美味しく、ちょっと甘めに味付けしてありますよ!

TEL:0823-21-4290

④椿庵

海の幸が沢山食べられる釜飯がおススメです。

釜飯の他にも天ぷらや茶碗蒸しも付いてくるので、ボリューム満点ですよ!

特に呉市の地ビールが飲めるので、飲んでみてください。

窓際からは呉港を見渡すことができるので、花火もしっとりと見ることができますね(^o^)

TEL:0823-36-5501

呉花火大会へのアクセスと交通規制!

呉花火大会にはどうやって行けばいいのでしょうか??

①車の場合

広島呉道路呉ICより10分ほど

②電車の場合

JR呉線「呉駅」から歩いて15分ほど

「呉花火大会の2016年の日程スケジュール」でもお伝えしたように、駐車場はありません。

お車で来られる場合には、呉駅周辺のコインパーキングにとめてお越しください。

交通規制は呉港周辺または川原石南埠頭で車両進入禁止となります。

車での来場は不可となっていますので、必ず公共交通機関または徒歩で花火大会会場まではお越しくださいね!

宮島花火大会のように世界遺産を見ながらの花火もキレイですが、呉市特有の自衛艦やクレーンを見ながらの花火もきれいだと思います。

呉市といえば海軍カレーという美味しいカレーも食べられます!

また規模自体は広島県内で見ると小さいかもしれませんが呉市花火大会だけで見られる「海と山と花火の三大コラボ」を見れます。

呉市を訪れたことが無い方や、呉市付近にお住まいで呉花火大会に訪れたことがない方もぜひ今年は訪れてみてはどうでしょうか?

音戸の瀬戸という平清盛ゆかりの地もありますので、観光も兼ねて呉市へと訪れてみてくださいね!!

スポンサーリンク

関連記事

芦田川,花火大会,2015

芦田川花火大会の2016年の日程と穴場スポットは?

花火はもちろん大きい打ち上げ花火も好きですが、線香花火を見ながらしっとりするのも好きなshittok

記事を読む

山口,角島,大橋,アクセス

山口県にある角島大橋は徒歩でもOK?アクセス方法を教えて!

お仕事の合間にプチ旅行をすることが好きですshittoku!スタッフ まぽりんです(^_-)-☆

記事を読む

下関,海響館,割引

子供と行こう!下関になる海響館の割引情報!

日本中の水族館を巡ってみたいと思っていますshittoku!スタッフ まぽりんです(*^_^*)

記事を読む

尾道,花火大会,2015,穴場

広島県民が言う!尾道花火大会の2016年の日程と穴場スポットは?

広島県内にお住みの恋人同士や、子供も大きくなって夫婦二人で過ごされている熟年夫婦のみなさ

記事を読む

福山,みろくの里,プール

福山市のみろくの里のプール!料金と持ち込みOKなものは?

小学校の時はプールは見学組でしたshittoku!スタッフ まぽりんです(^0_0^) 広島県

記事を読む

西条,酒祭り,2015

広島の西条で酒祭りがある!2016年はいつ?

今年こそは日本酒に挑戦したいと思っていますshittoku!スタッフ まぽりんですヽ(^o^)丿

記事を読む

関門海峡,花火大会,2015

広島県民が言う!関門海峡花火大会の2016年の日程と穴場スポットは?

尾道市に行って、はしゃぎすぎて風邪をひいていましたshittoku!スタッフ まぽりんです(^_^)

記事を読む

みなと夢,花火大会,2015,穴場

広島県民が言う!みなと夢花火大会の2016年の日程と穴場スポットとは!?

今週1週間は晴れの予報が続いてとっても嬉しいshittoku!スタッフ まぽりんです(^^♪

記事を読む

生もみじ饅頭,もみじ饅頭,違い

広島の生もみじ饅頭!もみじ饅頭と何が違う?

あなたは、生もみじ饅頭ともみじ饅頭の違いを知っていますか? もみじ饅頭といえば・・・広島の代表的な

記事を読む

宮島,花火大会,2015

広島県民が言う!宮島花火大会の2016年の日程と穴場スポットは?

8月が近づくと決まって広島で行われるのが、宮島花火大会です。 世界遺産のある宮島での花火大会は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑