夏の寝苦しい夜を快眠グッズで解消!どんな物がある?

扇風機をかけて寝ると次の日にはお腹が痛くなりますshittoku!スタッフ まぽりんです(*^。^*)

 

夏になると寝苦しい夜が続き、中々ちゃんとした睡眠をとれないという方も多いと思います。

クーラーをつけて寝てもいいけど、電気代が気になったり節電の影響もあるので気がひけますよね。

この寝苦しさをなんとかしたい!!

そんな方たちに朗報です!

 

寝苦しい夏の夜を保冷剤ベットマットで乗り切りましょう。

夏にあわせた枕選びのコツお手軽なグッズも教えちゃいます!

毎年暑くて暑くて唸っていたあなたもこれを見ると快眠できますよ!(^^)/

スポンサーリンク

暑くて寝苦しい夜は保冷剤で快眠!

 

東日本大震災があってからエアコンの設定温度が28度だったり、あまり電気を使わないようにする節電の傾向がありますよね。

 

そのためか、夏の寝苦しさのある夜でも我慢してしまうこともあると思います。

しかし暑いからといって、何もしないと熱中症になってしまう危険性もあります。

 

そんなときには「保冷剤」を利用しましょう!

ケーキを買ったときについてくる保冷剤や、スーパーで売ってあるアイスノンにタオルを巻いて使いましょう。

 

タオルはすぐに冷たさが感じないぐらいまで巻いてくださいね。

血管が集まっている首筋や脇、足の裏を冷やしてあげてください。

 

お腹の上においてしまうと、お腹が冷えてしまうのでダメですよ!

カチカチの氷の保冷剤ではなく、ジェル状のような保冷剤のほうが当てている部分も痛くないのでおススメですよ!

 

寝苦しいならマットを変えよう!

クーラーを使うのも嫌ですし、本格的に寝苦しさから解放してほしいと思ってらっしゃる方!

 

「ひえひえマット」というものを使ってみてはどうでしょうか?

 

ベットのマットを変えることで、より快適に眠ることができます。

この「ひえひえマット」はジェル状ではなく、中に塩の結晶が入っているので常温でも冷たさを実感することができます。

 

冷蔵庫でわざわざ冷やさなくてもいいところがポイントですよね!

ジェル状のマットを買ってしまうと翌年同じ状態では使えないことが多いので、この「ひえひえマット」はとても便利です。

中には「涼感寝具そよそよ」というマットに小型の静音ファンがついているマットもありますよ。

スポンサーリンク

寝苦しいを快眠に!枕選びのコツ

みなさん朝起きたら寝たときより反対方向を向いて起きたことはありませんか?

私達は寝ている間に寝返りをうっていますよね。

 

この寝返りと快眠には深い関係があります。

寝返りは血液などが体に滞らないようにするために循環させる役割があります。

 

快眠をする為には寝返りというものは必要なものとなってきますね(^_-)-☆

スムーズな寝返りをうつためには、正しい枕選びが必要となってきます。

寝苦しさから解放される枕選びの2つのポイントをお伝えします。

 

①素材

そばがら素材、パイプ・ストロー素材、羽根・フェザー素材のものは通気性がよく、熱を逃がしやすいです。

特に羽根・フェザー素材夏は涼しく冬は暖かいという天然素材だからこその利点がありますよ!

 

②枕の形

実際に枕の上に頭をのせ、首が変に高くなったり寝返りがうちにくいようであればやめるべきです。

自然な体勢で寝れるものを選んでくださいね。

 

夏の寝苦しい夜には手軽なグッズを使おう!

枕もベットマットも買うにはちょっと・・・と思われている方にはお手軽便利グッズをご紹介しますよ!

①クールスプレー

枕カバーにスプレーを吹きかけるだけで、冷たい枕ができあがりますよ!

 

②快適快眠クールケット

お腹にかけるブランケットの涼しいバージョンです。

ひんやりしているので暑くないし、お腹だけでも何かかけて寝たいという方にはおススメですよ!

 

③フレキシブルアイス

首に巻いて冷たくするグッズです。

寝ているときだけでなく、イベントなどの外出中にも熱中症対策として使えますよ!

 

暑くて寝苦しいととてもイライラしますし、クーラーや扇風機は冷えすぎちゃうしと葛藤しますよね。

保冷剤やお手軽グッズを利用して、血管の集まる部分だけを冷やしてあげるとあっという間に眠れちゃいます。

暑さに我慢せずに、自分に合った枕選びをして快適な睡眠を手に入れてくださいね(^^)/~~~

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑