栗の皮がむけない!!簡単なむき方を教えて!!

ケーキはチョコケーキしか食べませんshittoku!スタッフ まぽりんです(*^^)v

ケーキというと、ショートケーキやチョコケーキと沢山ありますが秋になるとよく出るのがモンブランですよね!

栗の入ったモンブランは、形から丸いので可愛くて食べてしまいます。

秋になると食べたくなるは、お家で栗料理を作ろうと思っても栗の皮がむけずに苦労したことはありませんか?

毎年栗料理を作られているお母さんたちは、どうしようかと悩まれているでしょう。

栗にある2枚の皮のむき方と、簡単に出来てしまう栗のむき方の裏技も見せますよ!

栗の皮にはこんな成分があったのか!と、ためになる情報が一杯です\(^o^)/

スポンサーリンク

栗の渋皮と鬼皮

秋になるとよく見かける栗ですが、栗にはたんぱく質やビタミンA,Bが多く食物繊維もあるので美容にも良い食べ物なんです。

その代わり一粒のカロリーが高いので、食べすぎには注意ですよ(笑)

栗には外側にある硬い「鬼皮」というものと、内側にある薄い「渋皮」というものがあります。

特に渋皮はタンニンという成分が含まれていて、渋皮も一緒に食べる人もいらっしゃいます。

タンニンは抗酸化作用や肌を美白にする他、肌を引き締め発汗を抑えてくれる効果もあります。

しかし栗ご飯やモンブランは栗の皮をむかないと食べられませんよね。

それでは渋皮と鬼皮と分けて、皮を簡単にむく方法を見ていきましょう!!

栗の渋皮の簡単な3つのむき方!

栗の渋皮は柔らかいので、比較的簡単にむくことが出来ます。
簡単に出来る渋皮のむき方を3つお伝えしますね。

あっ、因みに栗の皮むき専用の便利道具があるみたいです笑

こんなやつ(・・)

①フライパンで炒める

渋皮にあらかじめ切れ目を入れ、油を多く入れたフライパンに入れます。

渋皮がぱりぱりになるまで炒めると、むけやすくなりますよ!

渋皮が乾燥するとむけにくくなるので、何個かに小分けして栗を炒めてください。

②ハブラシでこする

固めのハブラシで渋皮をゴシゴシとこするだけです!!

ハブラシだと手軽にこすれて、お子さんでもお手伝いできそうです。

③水に一晩ひたす

お時間があるときにおススメです。

鬼皮をむいた後にボウルに水を入れて、その中に栗を入れ一晩浸します。

水によってふやけて、簡単にむけるようになりますよ。

スポンサーリンク

鬼皮は鍋でつるんと剥こう!

内側の渋皮は薄いので簡単にむけても、外側の鬼皮は頑丈なので簡単になんてむけないのでは?と思われるでしょう。

そんなことはありませんよ!

鍋を使って茹でて鬼皮をするっとむいてしまいましょう(^J^)

①栗を水洗いし、沸騰させたお湯の中に入れます。

この状態で2〜3分茹でます。

②茹でた栗の底のザラザラとしているところに包丁を入れて、上に持ち上げるようにすると皮がめくれます。

この2つの手順だけです!

ただし栗が温かいうちにむかないとダメなので注意してくださいね!

毎年のように栗料理を作られたりされる方には、栗むきという専用の道具もあります。

中でも「栗くり坊主」というものは、とても簡単に栗の皮がむけるのでおススメですよ!

栗の皮はレンジで簡単に!

お湯を使ったり一晩つけおきするなんて面倒だという方には、もっと簡単な裏技方法があります!

レンジを使って栗の皮をむいてみましょう!

包丁で栗に深く切れ目を入れ、レンジでチンするだけです。

栗の大きさによって温めすぎると水分がなくなってしまうので注意してください。

大体600Wで1分30秒ぐらいです。

一回にレンジに入れる栗の数は5〜8個ぐらいにしましょう。

加減が難しいのが欠点ですが、忙しい時に利用されてみてはいかがでしょうか?

栗の皮は沸騰させたり、ハブラシでこすったりすると簡単にむけてしまうんですね(゜.゜)

あの頑丈な皮がむけてしまうなんてびっくりです!

包丁を使ってむくこともいいですが、やはり怖いですから栗の皮むき専用道具も見てみてもいいかもしれません。

ほくほくの栗ご飯は絶品物ですから、今年の秋は栗の皮の簡単なむき方をマスターして栗料理を作ってみましょう(^_^)/~

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑