登山に行こう!登山靴の選び方とサイズはどんなものを選ぶ!?

山の緑を見て、視力回復を目指すことが好きですshittoku!スタッフ まぽりんです(^O^)/

趣味が山登りですといわれる男性の方や、山ガールといって山に行って写真を撮ってくる女性の方もいますよね!

 

それぐらい山登りというものは、私達の身近なものとなっています。

本気で山登りをしたいと思ってる方にとって、登山靴選びというものは最初の関門なのではないでしょうか。

 

普通のスニーカーといった日常的に履く靴とは違って、長時間にわたって歩いたり斜面を歩くのでキッチリ登山靴を選びたいです。

 

登山初心者の方に向けて登山靴の種類と、サイズ選びのアドバイス

そして実際に登山靴を選ぶ際の選び方やメーカーを紹介します。

 

これから登山を趣味にしようという方も、もう登山ベテランの方も登山靴の選び方について見ていきましょう!

スポンサーリンク

登山靴はどんな違いがあるの?

登山靴は1〜2時間歩くぐらいで足が丈夫な方はスニーカーでもいいですが、やはり山のくだり道ではつま先や足裏が痛くなるものです(;_;)

 

本格的に登山する方はちゃんと登山靴を買いましょう!

その前に登山靴にはどんな種類があるのか、ここで見てみましょうね。

 

①アプローチシューズ

登山口までの長い林道を歩くための靴です。

ローカットスニーカーと似ているので、ちゃんとした登山靴を買われるのなら買わなくても大丈夫です。

 

②トレッキングシューズ ライトウェイト

ソールは柔らかく手で折り曲げできます。

防水のためのゴアテックスという防水専用フィルムがついています。

夏と秋の低い山に登るための靴です!

 

③トレッキングシューズ ミッドウェイト

ライトウェイトよりソールが硬い靴です。

足は疲れにくく1日10時間ぐらい歩くならこれを選びましょう。

残雪期の山でも履くことは可能です。

 

④マウンテンブーツ 3シーズン

ソールは手で曲げれないくらい硬いです。

残雪期の頃から低い山の雪山まで歩けます。

 

⑤マウンテンブーツ 4シーズン

保湿性に優れていて、片足1kgほどの重さになります。

雪山でも対応していて、平地では歩きにくいです。

 

⑥ウィンターブーツ

アイスクライミングや雪山に登るための専用の登山靴です。

凍傷になりにくく、冬以外は使うことが出来ません。

 

登山靴は大き目のサイズを選ぶといい!?

登山靴のサイズを選ぶ際には、大体1cmぐらい大きいサイズを選ぶと良いとされています。

しかし余裕を持って大きめのサイズを選ぶと靴の中で足が動いたり、靴擦れを起こすこともあります。

 

大体は靴を実際に履いてみて、靴紐をゆるめた状態でつま先をトントンとします。

そして中指を足のかかとに靴底につくまで入れてみて、指が1本入るぐらいが良いとされています。

 

つま先に余裕があり、横幅はちゃんとしまっているものがベストですね!

 

1度シューフィッターにご自分の足を確認してもらい、正しい足のサイズを測ってもらいましょう(^◇^)

サイズはメーカーによっても違いますし、足のフィット感も違います。

足の幅が広い方も外反母趾をもたれている方も、必ず両足で履いて確かめてみてください。

スポンサーリンク

登山靴購入者必見!登山靴を選ぶ4つのポイント

 

登山靴を買いにお店に行かれた際に登山靴を選ぶポイントを4つ教えます(^_-)-☆

 

①必ず登山専門店で実際に履く

 

登山専門店では試し履き用の傾斜台があります。

最低でも30分は履いたままで歩いたり、傾斜台を使って歩いてみてください。

当たっているところや痛むところがあるかを確かめましょう。

当たっているところというのは

  • 親指と小指のつけね
  • くるぶし
  • つま先

 

の4点を確かめてくださいね。

 

②夕方に靴選びをする

 

夕方になると足がむくんでいるので、サイズが変わってくるためです。

 

③登山用の靴下を履いて、試し履きをする

 

その場で靴と一緒に登山用の靴下を購入されても良いです。

店員さんにどれくらいの山に登山するかを伝えたら、それに合った靴と靴下も用意してくれますよ。

間違っても日常で履いている靴下で試し履きはしてはいけません!!

 

④インソールも買う

 

インソールは膝や足の痛みを解消したり予防してくれる重要なアイテムです。

購入された登山靴に合ったインソールを購入されてください。

 

登山靴に選ぶ際のメーカーを紹介!

登山靴は自分の足に合うというフィット感で選ぶものです。

人それぞれに適した登山靴があるということが分かりますね\(^o^)/

それでは登山靴にはどんなメーカーがあるのかということを、沢山のメーカーの中から4つお伝えします。

 

①シリオ

足の幅が広い方や外反母趾がある方は試してみる価値ありますよ!!

 

②マムート

日本人の足にもしっくりきて、デザインも良いですが若干お値段は高めです。

 

③キャラバン

登山初心者向けの登山靴が多く、軽いのが特徴です。

 

④モンベル

宿泊して登山をしようとする人にはおススメです!

日本人の足の形にも対応しています。

 

登山靴は日常で履くスニーカーと違って、山を歩くものですから登山靴選びは慎重になるんですね。

メーカーで選ぶというよりも、自分の足にいかに合っているかで選ぶことが重要となってきます。

 

長い時間歩くので靴擦れや足の痛みで登山を中止するなんてことは、あってはいけません!!

色々な足の形があると思いますので、登山専用店でご自分の足のサイズを確認してみて登山靴を選んでみてください(*^_^*)

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑