台風が来た時は窓ガラスはどうする?対策にガムテープ!?

小さい時は台風の「ガタガタ」という音が大嫌いでしたshittoku!スタッフ まぽりんです(^^ゞ

9月に入ると定期的にやってくる台風は、日本列島に大きな爪あとを残していくことが度々あります。

 

特に沖縄などの暖かいところでは、台風対策は万全にされていますよね。

私の住んでいる広島はあまり台風が来ないところなので、油断していたら瓦が飛んで雨漏りを起こしたことがあります(;_;)

 

「大丈夫だろう」と思って油断していると、大きな被害になりかねない台風にはどんな対策が良いのでしょう?

 

今回は台風が来たときに窓ガラスが割れない為の対策を見ていきましょう!

その窓ガラス対策にもガムテープが効果的というのは本当でしょうか。

 

台風に備えた防災グッズのリストや、ガムテープを窓に貼った後に綺麗にはがす方法も見てみますよ。

台風対策を万全にして、台風なんかに負けない家を作りましょう!

スポンサーリンク

台風の時の窓対策はガムテープが効果的!?

 

台風によってはモノが飛んできて、窓ガラスがパリーン!と割れることもあります。

それを予防する為には「ガムテープ」が効果的ですよ!

ガムテープはスーパーで売っているものでもOKです。

 

ガムテープは剥がせなくなるのではないかという心配がある方は、養生テープという剥がせるテープがおススメですよ。

 

ガムテープ以外で本格的に予防したい方は、「防風フィルム」という窓ガラスに直接つけるものがあります。

空き巣被害にも効果があるので、防犯対策にも良いですよ!

 

窓が補強されることで、ガラスにモノがぶつかっても簡単には割れないようになります。

1平方メートルで4000円ほどかかりますよ。

 

いま見ておこう!台風対策のためのグッズチェックリスト!!

窓ガラスを補強することも大切ですが、一番大切なのは私達の命です。

もし台風によって家が半壊してしまったり、避難を余儀なくされたら防災グッズは準備しておかなければいけません。

それでは必ず持っておくべき防災グッズをリストにしてみました。

 

  • 水 3L
  • 非常食
  • トイレットペーパー
  • ゴミ袋 3〜40L
  • ハブラシセット
  • 女性用生理用品
  • 毛布、ブランケット
  • ライター、懐中電灯
  • ケータイ、スマホの充電器
  • 現金
  • 常備薬

 

リュックサックに入れて1週間程度そろえておきましょう。

いつ災害が起こるかは誰もわかりませんから、防災グッズとして日頃から備えておきましょうね\(^o^)/

スポンサーリンク

台風がきたら窓にガムテープを貼ろう!貼り方は?

台風の窓ガラス対策としてガムテープが効果的だということが分かりました。

それではどのようにしてガムテープは窓に貼ればいいでしょうか?

ガムテープは窓に米印になるようにして貼りましょう。

 

またその上にカーテンで窓を覆うようにして、カーテンの横下をガムテープで止めてあげてください。

そうするともし窓ガラスが割れてしまったとしても、ガラスが部屋の中で飛散するのを防止してくれます。

 

台風が去った後ガムテープを綺麗にはがす方法!

何事もなく無事に台風が去って、さぁガムテープを剥がそうと思うとガムテープの跡が窓に残ってしまって不細工になってしまいます。

 

紙製ガムテープを使用した場合と、布製ガムテープを使用した場合と2つに分けてガムテープの跡の綺麗な取り方を紹介します!

 

①紙製ガムテープ

 

紙製ガムテープをはがす際には3つのどれかのモノを利用してみてください。

 

  • ガラスクリーナー
  • 除光液
  • ライターオイル

 

どれもガムテープの跡にかけてふき取るだけです。

特にライターオイルは、吹きかけてティッシュでサッとふき取るだけで跡がとれます。

紙製ガムテープにお湯をつけてヘラのようなもので剥がしてもいいですが、窓が傷つく恐れもありますので止めておいたほうがいいかもしれませんね(~_~;)

 

②布製ガムテープ

 

布製ガムテープのほうが紙製ガムテープより剥がしやすいです。

どうしても剥がれ難い場合は、ガムテープの端をドライヤーであてて温めてみてください。

そして段々と全体に温風をあてながら剥がしていきます。

ピンセットを使って剥がしていくと、熱くないですよ!

 

ガムテープを窓に貼っておくだけで、窓ガラスが割れることは少なくなると思います。

台風が頻繁に来る地方に住んでいらっしゃる方は、台風対策として窓ガラスに防風フィルムをつけられたほうがいいかもしれません。

 

台風が来て、いつ避難生活を強いられるかは誰も分かりません

備えあれば憂いなしですから、日頃の対策を万全にして台風と戦っていきましょう!

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑