男の子の七五三はいつやるの!?七五三の意味や由来は?

小さい頃はペコちゃんの千歳飴が大好きでしたshittoku!スタッフ まぽりんです(^^♪

成人式や大学の卒業式のほかに、私達は小さい頃に着物や袴を着る機会がありますよね。

 

お父さんやお母さんが子供さんの成長を垣間見ることができます。

その行事は「七五三」と呼ばれていますね!

写真撮影に行ったり、朝早くから着物や袴を着て神社にお参りをしに行きます。

 

この七五三は男の子と女の子で神社にお参りする時期が違うことを知っていますか?

また七五三を数え年にやるか、満年齢でやるかということと、数え年と満年齢の違いも見ていきましょう。

七五三自体が始まった由来や意味も一緒に見てみましょうね(^O^)/

日本独自の七五三という行事の由来からお参りする時期を知って、七五三について深く追求していきましょう!

スポンサーリンク

七五三は数え年?満年齢?男の子はいつやるの?

 

七五三は家族揃って着物や袴を着た子供さんの晴れ姿を見ることができるイベントです。

 

その名の通り、3歳・5歳・7歳の時期にお参りすることが分かりますが、数え年にするか満年齢にするか分かりません(@_@;)

数え年か満年齢かどちらでお参りすればいいのでしょうか?

 

それは数え年が正解になります!

  • 3歳→満2歳
  • 5歳→満4歳
  • 7歳→満6歳

 

ということになりますね。

 

しかし今現在は数え年にこだわらず、満年齢でお祝いをしているようです。

住んでいる地区やご家庭によって違いがあるので、ぜひ家族の皆さんに聞いてみてくださいね!

 

そして男の子は七五三のうち、いつお参りをするのでしょうか。

それは3歳と5歳のときにお参りをします(^^)/

でも最近では5歳のみといわれています。

なぜかというと、3歳と5歳では間隔が狭いからということで3歳の風習が廃れていったようですよ。

 

数え年と満年齢の違いは?

七五三は数え年にするのか、満年齢にするのかというお話が出ましたが、そもそも数え年と満年齢の違いは知っていますか?

よく初詣や神社にお参りに行くと数え年について書かれていますが、よく分かりませんよね。

それぞれについて説明していきます。

 

・数え年

 

生まれた年を1歳として数えます。

「年齢+1歳」ということになり、お正月を迎えるたびに年齢を一つ重ねていきます。

 

・満年齢

 

生まれて翌年の誕生日が1歳として数えます。

生まれた歳を0歳として数えて、誕生日を迎えるたびに1歳ずつ歳をとっていきます。

 

長寿のお祝い事でも満年齢ではなく、数え年を使っています。

私達の生活の思いもよらぬところに数え年や満年齢は潜んでいることが分かりますね。

スポンサーリンク

七五三の由来は?

そもそも七五三というものは、いつからあるのでしょうか。

七五三というものは、平安時代にまで遡ることになります。

 

平安時代は衛生状態も悪く子供の死亡率が高かったため、7歳までの子供は神の子として思われていました。

七五三は1人前の大人になるために子供達の健康を願う通過儀礼として、3歳〜7歳の間にお祝いされるようになりました。

 

また七五三に行くと、千歳飴という長い棒状の飴を貰いますよね!

この千歳飴は元禄時代から普及しました。

 

江戸浅草にある飴屋の七兵衛という人が、子供たちが長生きするようにという願いを込めて長い袋に「千歳飴」と書いたのが始まりです。

この「ちとせ」は、子供の健康と成長を願「長く伸びる」という意味の他に、延命長寿も願っています。

 

男の子と女の子の七五三の意味は?

男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳に七五三のお祝いをします。

この3歳、5歳、7歳に七五三を男の子と女の子がやるにはどんな意味が込められているのでしょうか。

 

七五三をお祝いするのは健康を願ってのことでしたが、それぞれの歳にお祝いをするのは意味があるんですよ!

 

・3歳

昔は男の子も女の子も髪の毛をそる風習がありました。

その髪をそる風習が終わりになり、髪を伸ばし始めるという意味が込められています。

「髪置(かみおき)」とも呼ばれます。

 

・5歳

男の子が袴を着始める習慣で、5歳はその始まりという意味が込められています。

「袴着(はかまぎ)」と呼ばれます。

 

・7歳

女の子は大人と同じ幅の帯を使い始めるという意味が込められています。

「帯解(おびとき)」と呼ばれます。

 

男の子と女の子でお参りする時期が違うのは、それぞれに意味が込められていたからなんですね(*^_^*)

 

七五三は昔は数え年でお参りをしていましたが、最近ではあまり気にしないということが分かりました。

七五三の由来は平安時代まで遡るということが、驚きでしたね!(゜.゜)

 

数え年や満年齢は知っているようで知らない知識ですから、雑学として伝えてあげてください!

これからお子さんを七五三のお参りに行かせようと思ってらっしゃるお母さんお父さんは、ぜひ七五三の知識を身につけてお参りしてみてください!(^_-)-☆

スポンサーリンク

 

関連記事

七五三,お参り,服装,男の子

5歳の男の子の七五三!お参りの服装はスーツ?袴!?

着物を着るのは面倒ですが、やはり着て写真を撮ると着物っていいなぁと思いますshittoku!スタッフ

記事を読む

七五三,お参り,神社,予約

七五三のお参り!神社の予約は必要?

神社でお参りをしてる時はいつも眠くなりますshittoku!スタッフ まぽりんです(@_@;)

記事を読む

七五三,お参り,神社,初穂料

七五三のお参り!初穂料はどれくらい払う?

そろそろ梅雨もあけて夏が到来しそうだなと思っているshittoku!スタッフ まぽりんです(*^_^

記事を読む

七五三,お祝い,金額,相場

七五三のお祝い!お祝いの金額の相場はどれくらいなの!?

日本の行事には沢山の決まりがあって、歳をとるにつれて覚えていかなければなと思っているshittoku

記事を読む

七五三,お参り,時期,10月

七五三のお参りはいつまで!?時期は決まってる?

もう一回七五三をして千歳飴を貰いたいと思っているshittoku!スタッフ まぽりんです(#^.^#

記事を読む

七五三,いつ,2016

七五三の時期はいつ?2016年の対象年齢は?

うちの子の七五三はいつ? 2016年で何歳がするの? そろそろ3歳を迎えるけど…

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑