今年のボジョレーはいつ解禁?2016年の解禁日と意味!

私の父がよくワインを飲むので、私もワインを飲んでみたいと思っているshittoku!スタッフ まぽりんです(^^♪

会社終わりに会社の仲間とお酒を飲んでどんちゃん騒ぎをすることは楽しいですよね!

毎年11月が近くなるとボジョレヌーボーというワインが解禁されるということで、メディアでも騒がれますよね。

「多くの人がボジョレヌーボーについて噂するので気になるけど、詳しくは知らない・・・。」

心配いりませんよ!\(^o^)/

2016年のボジョレヌーボーの解禁日ボジョレヌーボーについてみてみましょう!

ボジョレヌーボーの解禁日の意味と、ボジョレヌーボーの解禁日に行われるパーティーも教えちゃいますよ。

ボジョレヌーボーを始めとしてワインに手を出してみませんか?

スポンサーリンク

気になる2016年のボジョレヌーボー解禁日と時間は?

ボジョレヌーボーの解禁日は11月第3木曜日の午前0時と取り決められています。

2016年は11月17日午前0時となりますね。

このボジョレヌーボーの解禁日は初めは11月11日だったそうです。

しかし解禁日を固定すると、その日が日曜日だったら外国ではワインショップやレストランはお休みになりますよね。

お休みだったら意味がないので、休みでない11月第3木曜日をボジョレヌーボーの解禁日としたようです。

因みに日本では日付け変更線の関係で原産国のフランスよりも早く頂くことができちゃいます笑

今年の平均価格も例年並みの1本辺り約2460円で発売予定です。

解禁日に向けてボジョレヌーボーを予約されてみてはいかがでしょうか?

それ美味しいの?ボジョレヌーボーって?

ボジョレヌーボーを1回飲まれた方は「あれ、こんなものか・・」と思われた方もいらっしゃるでしょう。

そもそもボジョレヌーボーとは何なのでしょうか?

ボジョレヌーボーとはフランス、ブルゴーニュ地方のボジョレー地区で製造されるワインのことです。

その年に収穫されたぶどうの良し悪しを確認する為の試飲酒なんですね。

だから解禁日に向けて急いでワインを造るので軽い味になってしまうのです。

味わうためのお酒ではないということですね。

ボジョレヌーボーを美味しく飲むためには、普通のワインのように何年も寝かせるのではなく年内に飲みましょう!

飲む1時間前に12度ほどに冷やしておくと良いですよ(^O^)/

コルクが抜けないで困った時は↓↓
抜けないコルクの開け方!代用品はある!?

スポンサーリンク

ボジョレヌーボーの解禁日には意味がある!

先ほどから解禁日と何回も言っていますが、なぜボジョレヌーボーを製造するのに解禁日をもうけたのでしょうか。

それは解禁日が設けられていなかったフランスで、ボジョレヌーボーが売れるワインだと気がついたメーカーたちがこぞって競争をするようになりました。

早く出荷しようと考え始め、中には出来上がっていないワインまで売られるようになってしまったのです。

するとワインの品質が下がってしまうので、ちゃんと解禁日を設けるようになりました。

解禁日があったら不正な競争も出来なくなりますもんね(^^)/

フランスはワインに対してとても厳しいんですね!

ボジョレー解禁!2016年のパーティーはどこでやってるの??

ボジョレヌーボーの解禁日には仕事も終わって皆で飲みに行きましょう!

居酒屋で飲むよりもやはりボジョレヌーボーならではのパーティーに出かけて飲んだほうがテンションも上がりますよね!

東京と兵庫県で開かれる3つのイベントをご紹介します。

①ボジョレヌーボーin LE DAIBA

36年間続いているボジョレヌーボーのイベントでお台場で開催されています。

ワイン当てクイズがあったり、お楽しみ抽選会があるので仕事仲間ともっと仲良くなれるかもしれませんよ!?

②ボジョレーナイト

東京国際フォーラム地上広場17:45〜22:00まで開催されます。

ボジョレーの帝王と呼ばれているジョルジュ・デュブッフさんが来日されてお話をされます。

③ボジョレヌーボー解禁クルーズ

解禁日に神戸港からファンタジー号という客船に乗ってお祝いをします。

ワインに合わせた食事をビュッフェ形式で味わえます。

 

パーティーではありませんが、地方ではボジョレヌーボーを入れたお風呂に入れるイベントもあるようです。

ボジョレヌーボーはそれほど日本では浸透しているワインなんですね。

2016年のボジョレヌーボーの解禁日は11月17日だということが分かりましたね!

木曜日ということで明日もお仕事があるかもしれませんが、しんどくならない程度に飲んで楽しみましょう(^_-)-☆

ボジョレヌーボーがぶどうの良し悪しを調べるためのワインだとは知りませんでした。

ワインはポリフェノールも含んでいますから、ボジョレヌーボーを先駆けとしてワインに挑戦してみましょう(*^_^*)

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑