18度!?暖房の最適な設定温度とエコなエアコンの使い方!

夏にエアコンを私の母が壊して絶望の淵に立ちましたshittoku!スタッフ まぽりんです(^O^)/

東日本大震災が起こってから積極的に節電をするようになり、節電をすることは電気代も減りますからいいことですよね。

 

夏の冷房の設定温度は28度にすればいいとされていますが、冬の暖房の設定温度って知っていますか?

段々と寒くなってきて、夏以来使うエアコンをどんな設定温度にすればいいんだろうと悩みますよね。

寒いからといってガンガンに暖房をきかすのは、お金の問題もありますし何より乾燥するので風邪もひきやすくなります。

 

国が推奨している暖房の推奨温度と、暖房をどうせなら効果的に使う方法を知りたいですよね!

エアコンを使うときに出来る節電方法も見ちゃいましょう\(^o^)/

冬の始めに暖房の設定温度に悩まれたら、これを見て悩みをずばり解決しましょう!

スポンサーリンク

エアコンの暖房!推奨温度はどれくらい?

冬になり始めるとストーブやエアコンの暖房で寒さをしのぐようになります。

その中でもエアコンの設定温度というものはとても大切なもので、1度温度を下げると約10%も節電をすることができるんです!

暖房をかける際に国が推奨する推奨温度は20度となっています。

20度にすると寒い時は少し厚着をすることで体の温度調節が出来ますね。

厚着が出来ない場合は22度まで上げてもよいです。

またお家に帰ってとても寒い時だけ25度にしておいて、室温が20度を超えたら温度を20度に戻すのも一つの手ですね。

 

冷房は28度!じゃあ暖房のエコな設定温度は?

暖房の推奨温度は20度だということが分かりましたが、それでは節電が出来るエコな設定温度は何度でしょうか。

冷房の時の標準の設定温度は27度とされており、1度上げた温度をエコと国が設定しています。

だから冷房は28度がエコな温度とされているんですね(^_-)-☆

 

暖房は推奨温度が20度なので、19度がエコな設定温度ということになります。

暖房は特にお家の壁や床の温度によって体感温度も変わってきます。

20度にしていても寒いときもあれば、18度にしていても暖かいときもありますよ。

エコにすることは大切ですが風邪をひいたり体調を崩さないことが一番です!

 

また湿度を上げると体感温度が上がります。

設定温度を19度にしておいて、加湿器を利用するとより良いですよ(*^_^*)

湿度は40〜60%に設定しておくと、冬に流行するインフルエンザも予防できます。

インフルエンザを予防してくれると言われている予防接種については「副作用は大丈夫!?インフルエンザの予防接種の効果と期間は?」で確認してみましょう!

スポンサーリンク

豆知識!エアコンの暖房を効果的に使う4つの方法

エアコンは冷房でも暖房でも機械なので、エアコンに詳しい人でないとどのように使ったら効果的かは分かりません。

暖房を使うときにどんな風にしたら効率よくエアコンを使用出来るか勉強してみましょう!

 

①エアコンは切ったり入れたりしない

暖房は運転し始めて温度を上げようとするときが一番電力を使います。

運転スイッチの入り切りを頻繁にせず、自動運転にして放置したほうが電気代は節約できますよ。

 

②早く暖めたいときは一気にする

家から帰ってきてとにかく早く暖めたいというときは、風量を強にして暖めたほうが良いです。

風量が多いほうが機械の効率が上がるからなんですね。

 

③風向きは下向きにする

暖かい空気というのは天井にたまりやすいので、暖房の風は下向きにしておきましょう。

 

④フィルターの掃除はこまめにする

フィルターの清掃を2週間に1度すると、およそ5%節電されます。

エアコン自体の寿命も長くなりますよ!

エアコンの掃除には掃除スプレーがダメなことを「エアコンの掃除にスプレーは使うな!〜清潔に保つ3つのポイント〜」に書いてありますので、掃除をされる際にはチェックしてください!

 

実用的な冬にやりたい節電方法4選!

 

エアコンをどのように使ったら効率的かということを勉強しました。

エアコン以外にも家の何かを工夫することによって、節電することが出来るんです。

その「なにか」を4つ見ていきましょう(^^♪

 

①エアコンとファンヒーターを一緒に使う

 

2つ同時に使うことで1つの機械を使いすぎることなく節電に繋がります。

ファンヒーターで暖め、エアコンが室温をキープしてくれます。

 

②窓用ヒーターを使う

 

窓際に置くヒーターのことです。

室内温度の感じ方も変わり、外からの冷気をシャットダウンしてくれますよ。

 

③窓にプチプチをつける

 

窓に太陽光を蓄積してくれるプチプチをつけることで、電気代が節約できます。

エアコンの設定温度を上げる必要がなく、結露も防いでくれますよ。

 

④カーテンを長めにする

 

カーテンの丈が短いと冷気が部屋に入ってくるので、ヒダが多い厚手のカーテンにしてみてください。

そうすると熱が逃げるのを防いでくれますよ(^^)/

レースを2枚がけにするだけでも効果があります。

窓ガラスとサッシを覆うようにしてみてください。

 

冷房の時もそうでしたが何回も冷房をつけるより、長時間つけておいたほうが電気代は安かったです!

暖房のエコな設定温度は19度ぐらいだということが分かりましたね。

暖かい空気は上のほうに行きやすいですから、サーキュレーター等を利用して風を回してあげてもいいでしょう。

エコにあまり拘りすぎず、加湿器等も利用しながら暖房を上手に利用されてくださいね(^^)/~~~

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑