アナタのセーターが毛玉だらけの理由教えます!?毛玉の取り方と4つの予防法!

秋は夏よりもセーターを着たりスウェットを着れるので、オシャレの幅が広がって嬉しいと思っているshittoku!スタッフ まぽりんです(^_-)-☆

老若男女寒い時期になると、寒さを防ぐ為にセーターやタートルネックという毛糸で出来た服を着ます。

とっても暖かいので冬は手放せない一枚ですよね!

 

しかしずっと着ていると、何だかセーターにモコモコしたものが・・・。

セーターに毛玉が出来ちゃうんですよね(@_@;)

 

せっかく綺麗な色のセーターを買っても、毛玉がモコモコついていたら台無しです。

毛玉をいざ取ろうと思っても、

「無理矢理取ったら一緒にセーターがダメになってしまいそうだし、どうすればいいのか分からない!」

 

そんなお悩みを抱えた方たちにセーターの毛玉を取る正しい方法を教えちゃいます。

毛玉を作らない洗濯のポイントと、毛玉を作らないようにするバック選び。

 

そしてお家にあるもので出来る毛玉を取る裏技を紹介しますね。

これで自分のセーターはもちろん、友人や恋人のセーターの毛玉もすっきり取れますよ!

スポンサーリンク

毛玉とりは傷みの原因!セーターの毛玉の正しい取り方

お気に入りのセーターを着ようと思っても、毛玉が沢山ついているとオシャレどころではありません。

すぐに出来るセーターの正しい毛玉の取り方をお伝えします!

 

そっと毛玉をつまんで持ち上げ、裁縫用の糸切りバサミで切ることが一番正しいやり方です。

間違ってセーター自体を切らないように注意してくださいね。

沢山毛玉があると大変ですが、このやり方が一番セーターが傷みません。

 

毛玉とりで取ってしまうと、毛玉は周りの毛を巻き込んで出来ているのでセーターも傷んでしまいますからやめておきましょう。

毛玉はセーターを着た時、摩擦が起きて繊維が毛羽立つことで毛が集まり出来ます。

何日も同じセーターを着ていると毛玉も出来やすくなるので、同じセーターを何日も着ないようにしましょうね(*^_^*)

 

洗濯にポイントあり!毛玉をなるべく作らないための4つの予防法

セーターの毛玉はセーターを着た時の摩擦でも出来ますが、洗濯をした時の摩擦でも出来ます。

毛玉をなるべく作らないようにする上手な洗濯のポイントは何でしょうか?

 

  • 柔軟剤をいつもより多めに入れる
  • 洗濯ネットを使う
  • デリケート衣類用の洗剤を使う
  • 洗濯機は弱水流で洗う

 

洗濯ネットに入れて洗うのが一番いいですね!

固い洗濯ネットはダメで、目の細かいネットを使用してください。

さらに毛玉を作らないようにセーターをたたんでネットに入れ、尚且つ裏返してください。

 

セーターを洗うときは、洗濯機よりもやはり手洗いがいいかもしれません。

私もよく母に「ちゃんと手洗いで洗いなさいよ!!」と怒られます(笑)

お時間があるときは、手洗いでセーターを洗ってあげたほうが毛玉は出来にくいです(^O^)/

スポンサーリンク

毛玉の原因の一つは擦れ!毛玉を防ぐバック選びとは?

お出かけする際にバックを持たれると思いますが、そのバックとセーターが擦れることでも毛玉は出来やすくなります。

特にトートバックだと脇腹、ショルダーバックだと肩に毛玉が出来やすいです。

バックとの摩擦でセーターに毛玉が出来ないような賢いバックの選び方のポイントを3つ教えますよ!

 

  • なるべく皮や合皮、エナメル、ビニールといった表面がツルツルしたものを選ぶ
  • 冬場は肩からかけるショルダーバックやリュックは使用しない
  • 形は角張っておらず、小さいものを選ぶ

 

女性がよく持っているトートバックは肩からかけるのではなく、手持ちにしたら良いでしょう。

リュックも肩がずれるので見えない背中に毛玉が出来ることがあるので、控えておいたほうがいいかもしれませんね。

特にショルダーバックは出来ていた毛玉の毛を引っ張ってしまって、毛がびよーーんってなることが多いです(゜.゜)

目の粗いセーターなら尚更そういうことになりかねません・・・。

セーターといった毛糸で出来た服を着る場合は、バック選びは慎重にならなければいけませんね!

 

スポンジが使える!毛玉取りの4つの裏技

 

裁縫用の糸切りバサミを使って毛玉を取る正しい方法をお話しましたが、それ以外に毛玉を取れる裏技を知りたくありませんか?

お家にあるものでちゃちゃっと毛玉を取ってしまいましょう!

 

①台所用スポンジ

ザラザラする硬い面で毛玉が出来ているところを撫でるように擦ってください。

 

②カミソリ

T字型カミソリが使いやすいですよ!

毛玉が出来ているところに沿って走らせるように取っていきます。

服をしっかり伸ばして毛玉を取ることがポイントですよ。

 

③ラップの切り口のギザギザしたところ

服を平らな床などに置いて、ラップの切り口のギザギザを上から撫でるように滑らせて毛玉をとります。

ラップだけでなくアルミホイルのギザギザでもOKですよ(^_-)-☆

 

④紙やすり

目の細かいやすりを筒状にして、滑らせて毛玉を取っていきます。

1枚75円ほどで買えますよ!

 

セーターの毛玉は少し引っ張ってはさみで切ってあげるのが正しいやり方だったんですね!

毛玉のお手入れブラシで日頃からこまめに毛玉を予防することも出来ますよ。

バックが原因で毛玉ができやすくなるというのは驚きでした(゜o゜)

毛玉なしの綺麗なセーターを着て、冬を暖かく過ごしてくださいね(^^)/

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑