江戸時代から?年末の大掃除の意味と由来とは!?

ここ何年年末の大掃除を全くしていないので、やらなくてはと思いましたshittoku!スタッフ まぽりんです(^O^)/

12月に入ると年末が近づくからか、何かと皆忙しそうに歩いています。

 

お母さんたちもそれは一緒で、年末はお節を作ったり大掃除をしなくてはと思っていらっしゃいますね。

ただでさえ忙しいお母さんたちは年末の大掃除についてきっとこういう疑問をもたれたでしょう。

「なんでこんな忙しい年末に大掃除をするの!?」

大掃除は春や夏といった暖かい時期にやるほうが正直合理的ですよね(@_@;)

私の家は最早家族みんなが忙しいので、大掃除という概念すら忘れています(笑)

 

年末に大掃除をする理由ってなんなのでしょうか?

 

年末の大掃除の歴史から、日本以外にも年末に大掃除をする風習があるのかどうか。

年末の大掃除を効率的に終わらせるためのポイントも教えますよ!

毎年億劫になる年末の大掃除の意味を理解して、少しずつ大掃除をしましょう!

スポンサーリンク

神様を迎える準備!年末大掃除の本当の理由

大掃除といっても年末の寒い時期にやるのではなく、夏のお盆の時期にやってもいいんじゃないの?と思いますよね。

年末の大掃除にはとても大切な意味があったんです。

実は年末の大掃除は「神事」であり、年中行事なのです。

 

新年を迎えると神様がお家を訪問して、新年の幸福を持ってきてくれます。

しかしせっかく神様が来て下さるのに家がゴチャゴチャだったら、ご利益なんかありませんよね。

新年に神様を迎えるために年末に大掃除をするという意味があったんです(^_-)-☆

 

また大掃除をすることで新年の幸福を願うと同時に、来年の豊作も願っていたようです。

お節やお雑煮を作るのも新年に神様が来られるので、そのときのお供え物として作っていたんですよ。

新しい年を家をきれいにして神様を迎えると、新年もいい年になりそうじゃないですか!?

 

江戸時代から!?年末の大掃除の歴史は古かった!

神様を迎えるための大掃除は、一体日本ではいつから始まったのでしょうか。

年末に行われる大掃除は江戸時代から始まり、その当時は「煤払い」と呼ばれていました。

なぜかというと昔はいろりで薪を燃やしており、煤が溜まるのでそれを正月前に掃除していたからです。

その煤払いは12月13日に行われていました。

12月13日は正月の準備を始める「事始め(ことはじめ)」の日でもあり、今でも神社やお寺で12月13日に大掃除をされています。

江戸時代では神棚と仏壇の掃除をメインにして、それ以降各自のお家の掃除をしていました。

 

この煤払いが今の年末の大掃除の起源となっているんですね(゜.゜)

江戸時代から続いているなんて驚きですし、これは私達以降の世代にも語り継がないといけない行事ですよね。

年末忙しいからといって掃除をしなかった自分に反省しています(;_;)

スポンサーリンク

年末大掃除の風習は日本だけだった!?

日本では年末に大掃除をしますが、この風習って日本だけなのでしょうか??

海外で大掃除をするってあんまり聞きませんよね。

実は海外は日々こまめに掃除をしているので、まとまって大掃除をする習慣がないんだそうです。

大掃除をするとしても季節の変わり目にしているみたいですよ。

中国では「春節」という旧暦の正月に大掃除をし、ヨーロッパやアメリカではに大掃除をします。

冬の年末に大掃除をするというのは日本独自の文化みたいですね!

 

リストを作って計画通りに終わらせよう!大掃除の効率的なやり方

 

年末の大掃除は神様を迎えるための準備でもあり、新年の幸福を願う行事であることが分かりました。

しかし大掃除の大切さがわかっても、日々忙しいと中々大掃除を完璧に終わらせることはできません・・・。

最悪年越し3日前から始めて、結局終わらなかったということも(@_@;)

そんなことにならないために、大掃除を効率的にするポイントを6つ教えますよ!

 

  • めったに掃除しないところを最初にやる
  • いつも掃除しているところは後にまわす
  • お風呂場や拭き掃除は大晦日に
  • 自分に合う計画をたてる
  • めったに掃除しないところは重点的にやる
  • 11月中旬から早めに少しずつやる

 

めったに掃除しないところを具体的にいうと、換気扇やレンジの裏、冷蔵庫の裏、電灯の傘です。

大晦日は普段の掃除+拭き掃除ぐらいにして、ゆっくりと年越しができたらいいですよね!

年末はゴミ出しのスケジュールもいつもと違いますから、いつ何のゴミをだすかをチェックしておきましょう。

思いつきの掃除は絶対にダメですから、計画はできる範囲でたてて掃除しましょうね!

 

年末の大掃除は煤払いと呼ばれており、12月13日にされていたんですね。

江戸時代からの伝統というのは驚きですし、これからも年末の大掃除を続けていかなければなりません。

 

日本だけでなく時期は違っても、外国でも大掃除をすることがあるようですね。

大掃除は短期間でやるのではなく、長期間で計画を立ててスムーズにやりましょう(*^_^*)

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑