お歳暮にハムをなぜ送る?には意味があった!

お歳暮を渡すとき、皆さんは何にしていますか?

相手がよく知っている人なら選択肢も増えるけど、あんまりよく知らないから・・・無難に「ハム」でも送っとくかな、なんて人も多いのでは?

で、いざ送られてきた方は、封を開けて「まただよー!みんな揃いもそろってハム送ってくるからもう食べきれないよ~(-_-;)」

冷蔵庫には、すでに他の人から送られてきた「ハム」達が・・・・。

 

で、飽きたのをガマンしつつ食べ進め、しばらくすると誰一人食べなくなって冷蔵庫の奥でお留守番。

ふと「あっ!そういえばまだ残ってるわ!」

と思い出してひっぱり出すと賞味期限が切れてる。。。(=_=)

・・・・あるあるですね(笑)

 

そんな方に朗報です!

実は、お歳暮のハムをおいしく食べる方法があるんです!

もし賞味期限が切れていても大丈夫!!

 

お家にたくさんあって、冷蔵庫が~という方必見です(笑)

これでもう、大量のハムが冷蔵庫の中で眠ることも、同じ味に飽き飽きしながら食べなくても大丈夫(●^o^●)!

スポンサーリンク

お歳暮がハムになる理由は?

お歳暮の大定番である、「ハム」

お歳暮コーナーでは、たくさんの並んでいますよね。

でも、どうしてハムが人気なの?

 

良く知られている理由としては、万人受けするということ。

他に選ぶ理由として、こんなのが挙げられています。

 

・賞味期限が長い

 

お歳暮を選ぶポイントとしてはとっても大切ですよね!

だいたい2週間くらい日持ちして、冷凍保存も◎

※冷凍保存は未開封の場合

 

・すぐに食べられる

 

朝が忙しいお母さんや、調理がニガテな方にも袋から出して切るだけで食べられるというのはとてもありがたいところ。

 

・高級なイメージ

 

価格帯が3000円~5000円と、ギフトとしては高すぎず安すぎず。

送る側からしてももらう側からしてもちょうどいいお値段ですよね(*^_^*)

このような内容から、ハムを贈答用に選ぶ人が多いんですね♪

 

そういえば、贈答品のハムって決まってひもで縛ってありますよね。

あれ一体何の意味があるんでしょうね(-_-)?

ひもで縛ってあると袋から取り出してハサミで切らなくてはいけなくて面倒ですよね~(~_~;)

でもあげる側になったら、高級そうに見えるから選んでしまうんだけど・・・(笑)

 

実際のところはどうなのでしょうか?

 

お歳暮のハムが紐でくくられている2つの理由

これはズバリ、2つの理由があります。

1つめは、製造工程に関係があります。

ハムを作るにあたって、流水の中に入れて塩抜きをする工程があるのですが、その時に形が崩れないようにひもで縛って型崩れを防ぐという効果があるそうです。

だから紐の色も茶色に染まっているんですね!納得(#^.^#)

 

そしてもうひとつの理由。

皆さん、気づきませんか?

「塩抜き作業が終わったのに、なんで紐を切らないの?」。

調べてみた結果、なんとその理由は「紐を切らない方が高級感があるから」

え・・・・?

それだけ・・・・??

私も言ったけどさ・・・・マジか・・・・・(笑)

でも確かに、贈答用ハムだから高級感は大事ですね。

スポンサーリンク

真空パックのハムの賞味期限が1週間切れた・・・食べられる?

これもよくありますよね。

答えは、「食べても大丈夫!」

開封済みですと、開封した瞬間からハムは傷んできますのであまりオススメはしませんが、真空状態の場合、中のものはほとんど傷まないので安心してお召し上がりくださいね(*^^)v

 

ちなみに開封済みの場合、消“費”期限の食品はもともと傷むのが早いのでメーカーは安全を保障できないそうなのですが、ハムのようなある程度日持ちする賞“味”期限のものは、たとえ数日過ぎてしまっても風味が損なわれる程度で食べても問題はないそうなので、一週間以内であれば食べても大丈夫かも(^^)/

(できるだけ早めに食べるに越したことはないですけどね☆(笑) )

 

賞味期限切れのハムもおいしく食べる方法!

ここからは、オススメな食べ方をご紹介しますよ!

 

まずは、素材を楽しむ食べ方。

 

・これぞ贅沢!王道ハムステーキ

ハムを厚切りにして、お好みで塩コショウやマヨネーズ、マスタードをつけて食べる方法。

 

【作り方】

  1. ハムを2センチくらいの厚切りに切る。
  2. フライパンでじっくり焼いて、なかまで火が通れるまで焼く。
  3. お好みで上記の調味料(特にマスタードがオススメ!)をつける。

 

以上です!

とっても簡単でおいしそうですね(^O^)❤

↓↓↓コチラに詳しいレシピがあります↓↓↓

 

・玉ねぎがあればできちゃう!ハムのオニオンサラダ

材料はたった2つで出来る、とってもお手軽で見た目の豪華なサラダ。

 

【作り方】

  1. ハムを一口大に薄く切る。
  2. スライスしたオニオンと合わせて盛り付ける。
  3. お好きなドレッシングをかければ出来上がり!

 

オニオンが辛くて苦手・・・という方には、オニオンだけを電子レンジに入れて500Wで1分ほどチンすれば、辛みがなくなって食べやすくなりますよ♪

 

次に、ハムの味に飽きてきた・・・という方にはコチラ☆

 

・ポテトサラダ

普通のポテトサラダに贈答用のハムがいいアクセントに!

 

【作り方】

  1. ハムを細かく切る。(1センチ角のサイコロ状に切ると、ゴロゴロとした触感がポテトサラダにいいアクセントを加えてくれますよ(^O^))
  2. ポテトサラダを用意する。
  3. 混ぜる。

 

ザ・シンプル!!(笑)

ポテトサラダにもハムにも味が付いているので、調味料も必要ないから失敗ゼロ☆

配合の割合はお好みでどうぞ♪

 

・みんな大好きサンドイッチ!

ハムと一緒にお好きな具材をはさめば、バリエーションは無限大!!

 

【作り方】

  1. まずハムを食パンの形に合わせて、5ミリくらいの薄さに切ります。
  2. お好みの食材と一緒にはさみます。(チーズやレタスなど、ご家庭にあるものをはさんでみては?)
  3. マヨネーズやマスタードを塗って、サンドすれば完成!

 

これなら、定期的に具材や味を変えればたくさん消費できそう^m^(笑)

 

他にもチャーハンに混ぜたり、ハムカツにしたり、そのバリエーションは無限大。

気になった方は、是非お試しあれ☆

 

いかがでしたでしょうか。

多くもらってしまうとその使い道に困っていたギフト用のハム。

でも今度からは、もらったらもう困らないですよね(*^^)v!

いろいろなレシピを試していたら、あっという間に終わっちゃうかも^m^♪

もちろん、頂いた方への感謝も忘れずに、ですけどね☆(笑)

スポンサーリンク

関連記事

冬至,ゆず湯,由来

冬至のゆず湯の由来!効能が2倍になる作り方とは?

冬至のゆず湯。 みなさんは今年も入りますか?(^^) 管理人は冬至になると近くのスーパー

記事を読む

おしるこ,ぜんざい,違い

「おしるこ」と「ぜんざい」の違いは?間違いだらけの雑学!

関東と関西でこんなにおしることぜんざいの概念が違うとは日本って変わってるなと思いましたshittok

記事を読む

大晦日,年越しそば,由来

大晦日は朝から年越しそば!?どんな由来があるの?

そばもうどんも麺類は全般的に大好きですshittoku!スタッフ まぽりんです(^_-)-☆

記事を読む

しぶんぎ座流星群,2017

しぶんぎ座流星群2017!地域別の見える方角と時間はいつ?

しぶんぎ座流星群、今年は見れる? 2017年のピークは? 流星群を見に行くなんて

記事を読む

冬支度,意味

冬支度の意味!インテリアや家ですることは?

冬仕度って何をすること? どんな意味があるの? 肌寒くなってきて、我が家の猫の毛

記事を読む

若草山,山焼き,理由

若草山の山焼きをする理由と意味!なぜ?

私が住んでいる市では野焼きは禁止されていますshittoku!スタッフ まぽりんです(^O^)/

記事を読む

ホワイトデー,いつ,2016

今年のホワイトデー、2017!日にちはいつ?

男性の皆さん、もうすぐホワイトデーがやってきますが・・・ ホワイトデー、2017年がいつなのか知っ

記事を読む

成人式,振袖,レンタル,相場

成人式の振袖!レンタルの気になる相場とメリットは?

もうすぐ、成人式のシーズンですね! 成人を控えた方とそのご家族のみなさま、おめでとうございます

記事を読む

えべっさん,大阪,2016

えべっさんこと大阪の今宮戎神社!2017年の日程と混雑情報

兵庫県は西宮神社の十日戎の紹介をしましたが・・・ 十日戎は西宮神社だけではありません!!

記事を読む

おしるこ,ぜんざい,カロリー

おしることぜんざいのカロリーを比較!控えめはどっち!?

祖父はおしるこが大好きでよく食べていますshittoku!スタッフ まぽりんです(^O^)/

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑