急ぎで新札に交換したい!銀行でどうするの!?

銀行の窓口の女性は、仕事が手早くてすごいなぁと思ってしますshittoku!スタッフ まぽりんです(*^_^*)
私たちが住む町のお金にまつわる仕事をしてくれているのは市役所の他に「銀行」と言っても過言ではありません。

ATMにいったり、お金を送ったりするのに皆さんどこかの地方銀行や大手銀行を使われているでしょう。

結婚式などの冠婚葬祭に参列するときは新札を用意しなくてはいけません。

新札に交換しなきゃと思うときも、まず銀行が頭に浮かびませんか?

新札,交換,銀行

 

しかし銀行が頭に浮かんでも、

「銀行で新札に交換したことがないから、ちょっと一人で行くのは怖いなぁ・・(;_;)」

そんな方に銀行での新札への交換方法を教えますよ!

 

土日や休日ではどのように対応すればよいのか、そして紙幣を両替するときの手数料はいくらかかるのか。
また銀行は何時まで開いていて対応してくれるのかもチェックします。

新札に交換することはこれからの人生何回もありますから、銀行での交換方法をしっかり学んでおきましょう!

スポンサーリンク

紙幣の新札交換!まず何をする?

手持ちの紙幣を新札に交換するために銀行へ到着しました。

まず銀行では①窓口で交換する方法と②両替機で交換する方法と2つあります。
それぞれの方法についてやり方を見ていきましょう!

(1)窓口

まず新札に交換するための両替専用の記入用紙に記入します。
窓口の前にある真ん中の机に振込用紙と一緒にあると思いますよ\(^o^)/

必須項目に記入し、備考欄があればそこに「新札」と書いてください。

そして窓口のお姉さんにその記入用紙を提出します。
備考欄がなかった場合は提出する際に「新札でお願いします」と言ってくださいね。

この窓口での新札への交換はその銀行の通帳があってもなくても出来ます(^_-)-☆

(2)両替機

大きな銀行になると両替専用の両替機が設置してあります。
確実に新札をゲットできる優れものですし、窓口に人が多かったらこちらを利用されたほうが時間短縮ですね。

しかし両替機は両替専用カードやその銀行のキャッシュカードが必要な場合が多いです。

両替専用カードは窓口に行ったら作ってもらえますがその際に必要なのは、

  • 印鑑
  • その銀行の通帳とキャッシュカード
  • 本人確認書類

なので、両替機を使う際にはどちらにしろその銀行のユーザーでなくてはならないですね。

 

また両替機にも違いがあり、新札にすぐ変わってくれるものと指定しないと新札になってくれないものとあります。
使い方が分からない場合は、店員に聞くのが一番よいですよ。

ちなみに私が地方銀行で両替をしたときは、やはりその銀行のキャッシュカードを持っていかなければいけませんでした!

土日や休日でも大丈夫?

銀行で新札に交換することが分かりましたが、心配になってくるのが土日祝日のことです。

銀行って平日しか開いていないイメージがあるので、土日祝日になったら新札に交換できないのではとビクビクされているでしょう(-_-;)

「私、土日しか時間が作れないのに、どうやって新札を用意すればいいのよ!」

でもそんな心配はいりませんよ!!

土日祝日でも新札交換が出来る方法を2つ紹介します。

(1)銀行のATM

銀行のATMだと新札が出てくる可能性が比較的高いとされています!

ためしに銀行内のATMからお金を引き出してみてはいかがでしょうか?

ただ土日祝日だと引き出すときに手数料がかかる銀行もあるので新札が出るまで何度も引き出す・・・というのはやめておいたほうがいいかも(@_@;)

(2)結婚式場やホテルのフロント

銀行がダメなときはここを最終手段にしましょう(^^♪
結婚式場やホテルのフロントの人たちは新札を用意し忘れたという人たちが多いので、あらかじめ用意してくれています。

一応電話でお伺いをたてて交換してもらいましょうね。

大きな結婚式場やホテルになると殆ど交換してくれます。

 

その他にもコンビ二のATMで引き出すという方法がありますが、コンビ二のATM自体では両替は出来ませんし手数料が沢山かかるのであまりおススメはしません。

最悪の場合はアイロンで丁寧に伸ばしてあげましょう!

「あなたにおすすめの人気記事!」

スポンサーリンク

紙幣の交換の手数料は?

新札に交換するとき、銀行によって手数料がかかることもあります。
一定の枚数までは無料だけど、何百枚からは何円かかると設定している銀行もありますよ!

高額なお金を交換する際には、窓口で本人確認を求められることもあるので準備しておいてくださいね。

それではここではUFJ、三井住友、みずほ、りそな銀行と分けて、両替の際の手数料を表にしてみました(^O^)/

窓口か両替機によって値段が変わる銀行もあったり、50枚までは無料というところと500枚までは無料という銀行と大きく差がありますね(゜.゜)

これは大手銀行の場合ですから、地方銀行で交換される際にはまたお値段も変わってくるので調べてみてください。

時間は何時まで対応してくれる?

「仕事が夕方5時までなんだけど、銀行って何時まで新札に交換してくれるの!?」

毎日お仕事されていると、銀行の営業時間は大変気になりますよね。

新札に交換してくれる際の銀行窓口は平日15時まで、そして両替機も同様に平日15時までです。

結構早いんですよね〜〜(~_~)

仕事をされている方は昼休みのときにササッと行くしかないかもしれません。
りそな銀行になると17時まで営業していたり、大きな支店になると19時まで営業していますというところもあります。

店舗によって違うので手数料と一緒に営業時間も調べられたほうがいいですね。

新札をゲットするためには銀行の窓口に行って書類に記入してもいいし、両替機を利用してもいいことが分かりました。

土日祝日は銀行内のATMを利用するか、最悪アイロンで伸ばすしかなさそうですね(-_-;)

新札交換の関連記事は↓↓
新札に交換したい!郵便局でもしてくれる?

銀行の窓口は大体15時までですから、早め早めに行かれたほうがよいでしょう。

その銀行によって手数料も営業時間も違うので、事前にチェックされてみて新札に交換してくださいね(^^)/~~~

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑