節分の日の由来や意味!2018年はいつ!?

節分に食べる豆が大好きで歳の数より沢山食べてしまいますshittoku!スタッフ まぽりんです(^_-)-☆

節分の時に食べる豆っておいしいですよね〜!

おじいちゃんおばあちゃんになると食べる数が大変なことになって、いつも私の祖父母は「歳はとるもんじゃない」ともらしています(笑)

小さい時の節分の日はベランダで豆をまいて、よく遊んでいました。

そんな日本の行事、節分ですが本来の意味や由来。

豆まきや恵方巻きをなぜ食べるのか・・・

アナタは知っていますか?

今回はその節分の意味や由来について調べてみました!

2018年の節分の日や、節分に厄払いをする理由も一緒に見てみましょうね。

恵方巻き以外の節分の食べ物も必見です!!(^O^)/

スポンサーリンク

節分の日!2018年はいつ?

2018年の節分の日は2月3日(土)です。

この節分の日は毎年2月3日だと思われている方が多いですが、実は違うんですよ!

節分の次の日の立春の日は太陽の角度によって決まるので、毎年節分の日は前後します。

立春は太陽の角度が315度になった日を立春と決められています。

先の話になりますが、2021年の節分は2月2日で3日じゃないんです(・o・)

子供向けに分かりやすい節分の意味と由来!

節分というのは「季節を分ける」という意味があります。

もっと分かりやすく言うと・・・

(季節の節目の)(分け目)ということです!

ということは1年に季節は4つあるので、節分は「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の前日ということになりますね。

ちなみに

  • 立春・・・春に向けて季節が変化する1日目。
  • 立夏・・・夏に向けて季節が変化する1日目。
  • 立秋・・・秋に向けて季節が変化する1日目。
  • 立冬・・・冬に向けて季節が変化する1日目。

という事で、この4つの日を境に季節が変化すると考えられていました。

旧暦ではこのように1年の始まりは立春から始まると考えられていました。

しかし江戸時代ごろから次第に1月1日は年明けということに価値を置きはじめた為、立春は大体2月4日頃を指すようになりました。

2月4日が立春であれば、2月3日が節分ということですね(゚ー゚)

節分の日は先程の話でもあったように年によっても変わりますので

日付けで覚えるのでは無く「立春の前日が節分」と覚えるようにしましょう!

スポンサーリンク

節分で厄払い!?

旧暦の節分(大晦日)では「けがれ」や「災い」を追い払い、新たな年を迎えるために厄払いも節分(大晦日)に行われていました。

立春(元旦)からの新年を災いなしで迎えられるようにと厄払いをしていたんですね。

その名残で今でも厄払いはお正月の初詣と一緒にされる方が多いですよ(^^)

立春から1年が始まるとされる旧暦の考えを採用している神社の神主さんは、節分当日だけでなく正月〜節分までに厄払いをすれば良いと仰る方もいます。

節分の厄払いって実は、年男と年女が中心の厄払いが多いんです!

年男と年女というのは産まれた年と同じ十二支の年を迎えた男女のことで、12年ごとに回ってきます。

丁度その年男と年女のときに厄年と重なるときがあるので、その場合は節分に厄払いをするようです。

いずれにしても節分までに厄払いは済ませてしまおうという考えが多いようですね。

恵方巻きはいつ食べる?

節分で一番楽しみにしているものといっても過言ではないものは「恵方巻き」じゃないですか?

この恵方巻きは節分の日の夜に食べます。

恵方巻きは福を巻き込んでくれるので、切らずにかぶりつきます。

しゃべらずにお願い事を心の中で唱えながら恵方の方角を向いて食べるんです(^^)

しゃべらずにと言われたらしゃべりたくなって笑いが止まらなくなった覚えがありますが・・・(笑)

旧暦では節分の日は大晦日の夜だったので、今の年越しそばのような感覚だったのかもしれませんね(^^)/

恵方巻き以外の節分の食べ物は、

  • いわし
  • そば
  • こんにゃく
  • くじら

といった食べ物が食べられていますよ!

スポンサーリンク

豆まきはいつする?

子供は大好き豆まきですが、一体いつやるべきなのでしょうか?

豆まきは節分の日の夜に行います。

恵方巻きと同じですね\(^o^)/

鬼がやってくるのは夜といわれているからです。

豆まきをするときは「鬼は外〜福は内〜」といってまきますよね。

大体の方がこの掛け声と共にやられると思いますが、あるところでは「鬼は内〜福は外〜」と掛け声をするところがあります。

そこは京都府三和町大原にある大原神社というところです(゜.゜)

鬼を神社に迎え入れて福を神社から家庭に送るという考えなんですって!

1996年からはこの神社では2月2日に「鬼迎え」という赤鬼と青鬼が家庭を回り歩き、厄を鬼に持って帰ってもらうという行事もあるんですよ。

今回のチェックポイント!
  • 節分の日は2018年は2月3日(土)。
  • 旧暦の節分は今でいう大晦日でありその次の日の立春は元だったので当時の名残がある。
  • 立春からの新年を災いなしに過ごす為に、節分までに厄払いをする必要がある。
  • 豆まきと恵方巻きは節分の日の夜に行う。

昔は立春から1年の始まりと考えていたなんて驚きでしたね!!

節分の日に沢山豆まきをして、お父さん扮する鬼を退治しましょう(^_-)-☆

スポンサーリンク

Comment

  1. […] 「 sittoku.xyz 」というサイトで親切に丁寧に紹介されているので、興味のある方はご覧になって下さい。 […]

  2. […] 節分の日の由来や意味!2016年はいつ!? | shittoku.xyz […]

  3. くろみや より:

    優しいご説明ありがとうございました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑