さかむけの原因!指先の皮が剥ける3つの原因は?

学生の時、飲食店での仕事をして居た頃よく手荒れに悩まされていました^^;

特にさかむけ!←関東ではささくれと言うらしい(@_@;)
さかむけの原因!指先の皮が剥ける3つの原因は?

 

何かと裏地が起毛素材の服や、コタツに入る時にイチイチ引っかかって痛いんですよね・・・

 

それも一つ治ればまた一つ。

モグラたたきのように次から次に出来て治ってもキリがない(-_-;)

あーイライラ!!

こんな経験無いですか?

 

さかむけって別にどこかに引っ掛けたり、傷つけているわけでもないのになぜ出来るのか?

水仕事が多いのが原因なのか乾燥するからなのか・・・?

 

その原因と対策、知らずにさかむけを作っている意外な原因についてお伝えします!

まずは気になるなぜさかむけになるのか?からチェックしていきましょう(^^♪

スポンサーリンク

さかむけになる3つの原因とは?

さかむけになる原因ですが実は幾つもあります。

代表的な物を大きく分けると3つに分けられます。

  • 乾燥
  • 爪を噛むクセ
  • 栄養不足

 

さかむけはいきなり皮が剥けるのでは無く栄養不足や乾燥が原因とされています。

剥けるというよりも皮膚が弱くなり毛羽立つようになり、次第に大きくなって服などに引っかかってくるんですよ!

 

あなた手を洗った後や水仕事の後意識してしっかり手を拭いて乾かしていますか?

乾燥というのは実は水仕事の後や、よくあるのがトイレの後に手を洗って拭いていないことも「さかむけ」の一つの原因です。

食器洗い

 

拭き忘れや拭くのが甘い事で自然乾燥する時に水分と一緒に本来肌に必要な皮脂まで乾燥してしまうんですね!

 

で、実は「爪を噛むクセ」も乾燥と関係しています!

 

爪を噛むことで指先に唾液がついては乾いての繰り返しで同じように皮脂がとびやすくなってしまうんです。

それに加え不衛生になるのでさかむけが化膿したり悪化することもあります。

クセなので意識的にクセを治すことが必要になりますので、子どもに爪の噛み癖があるのであれば大きくなる前に早目に改善して下さいね!(^^)

 

最後に栄養不足ですが、爪や指先の皮膚はタンパク質やカルシウムで出来ています。

ビタミン不足や栄養不足になると爪や指先は体の中でも一番心臓から距離があるので

血行が悪かったり栄養不足になると指先に栄養が届かず「さかむけ」にもなりやすくなりますよ!
特に指先は健康状態が表れやすいともされています。

女性と子どもは要注意!

女性や子どもはさかむけになりやすいと聞いたことが有りますが・・・なんで??

有りました、理由が!

 

女性

あなたは、ネイルはしていますか?

もし頻繁にされているのであれば、一つの原因の可能性が有ります。

 

ネイルをするときに除光液やその他薬品を使われると思いますが

その薬品が爪の付け根の皮膚に付き必要な脂分をとばしてしまうんです(・o・)

 

もう一つの原因は一人暮らしや主婦の方は家事で水仕事をした後の拭き忘れによる乾燥が「さかむけ」になりやすい原因です!

子ども

どれも改善するのに意識させることが必要なことですが

  • 手を洗った後の拭き忘れ
  • 爪を噛む癖

 

さっきの乾燥にどちらも共通することですが、更に同じ条件でも大人よりも体の発達が未熟が故に乾燥やダメージを受けやすい事から「さかむけ」になりやすい条件が増えてしまいます。

まずは手を洗ったらしっかり拭く事、爪の噛み癖がある子は改善させることがとても大切です!

スポンサーリンク

さかむけの今すぐ対策と日頃の対策とは?


↑↑1分9秒から魔法のツボを押すさかむけ解消法!

 

それではさかむけが出来た時に出来る対策を

今すぐ出来る対策と日頃から心がける対策

分けてお伝えしていきいます(゚ー゚)b

今すぐ対策

さかむけになると何かと気になるのが服や何かに擦れた時にイチイチくる痛み。

痛いからといって向いてしまっては悪化していしまいますので絶対剥かないようにしましょう!

 

どうしても気になるのであれば、皮をハサミや爪切りで切ってしまうのがおすすめです(^^)
化膿したりするのを防ぐ為にハサや爪切りを使う時は消毒してから使って下さいね!

 

その上からサカムケアといったような液体絆創膏をすると薄い皮膜を作り雑菌の感染を防ぐことができます。

水に濡れてもしみないので、水仕事も気にせず出来ますね(^^♪

勿論ハンドクリームで保湿もイィですが、さかむけの部分に白ワセリンを塗るのも効果的ですよ~!!

日頃の対策

食生活や生活リズムの改善をしましょう!

特に以下のビタミンが高い食べ物を食べることが良いたされています!

ビタミンA
主に皮フ・粘膜の表面を維持している要素で、不足すると肌が乾燥しがちになる。

多く含まれる食べ物

  • 牛・豚・鳥のレバー
  • うなぎ・穴子
  • 卵(特に卵黄)
  • バター・ホイップクリームなど乳製品
  • 緑黄色野菜

 

ビタミンB2
発育ビタミンと言われ、皮膚の再生に関わっているビタミン。

多く含まれる食べ物

  • 牛・豚・鳥のレバー
  • うなぎ・穴子
  • のり
  • 緑黄色野菜

 

ビタミンC
体の酸化を防ぎ、老化の防止やコラーゲンを作り美肌を守る要素。

多く含まれる食べ物

  • パプリカ
  • 柑橘類の果物(特にゆず)
  • アセロラジュース
  • 明太子

 

特に同時に多くのビタミン含有量の高いレバー類やうなぎは効果的で食べやすいですよね(^^)

ビタミンCといえばレモンのイメージですが実は含有量が多いのは「ゆず」の方が多いそうですよ!
冬至の日にゆず湯に入りますが、まさに昔の人達が考えた良いことづくしのお風呂ですね!

「ゆずの効能についての詳しくは!」

時々であればサプリメントでの摂取も良いですが、出来るだけビタミンはサプリメントで取るよりも実際の食事で噛んで胃に入れる方が吸収も良く体にも良いです!

何よりも上のビタミンは確かに効果的ですが、偏りのない食生活としっかり睡眠を取ることで体全体の改善になるので是非心がけてみてください!

意外なさかむけの3つ原因は?

以下の3つに当てはまる人は要注意!

  • 掃除をよくする人
  • タバコ
  • 睡眠不足

 

掃除を良くする人はさかむけに比較的になりやすいと言われています(@_@;)

水を使う事は勿論ですが、洗剤(特に塩素系)は肌の必要な皮脂を落としてしまいますので注意が必要です。

またタバコはビタミンCが破壊されやすく摂取しても破壊され肌の劣化の原因になりビタミン不足になる可能性が非常に高いです

大体目安で2本で1日に必要なビタミンが破壊されると言われています!

 

またしっかりした食事をしても睡眠時間がないと疲れも取れず、新陳代謝が悪くなり肌や皮膚組織に影響してきますので必ず短くても質の良い睡眠を取るようにしましょう(*^^*)

今回のチェックポイント!
  • さかむけには大きく分けると3つ原因がある
  • ネイルをする女性や体の発達が未熟な子どもはさかむけになりやすい。
  • さかむけ対策は今すぐ出来る対策と日頃からの対策に分けて考える。
  • 水仕事や乾燥以外にも根本的原因が3つある。

 

特に指先は健康状態が表れやすい箇所です。

逆剥けだけでは無く爪が剥がれたりザラザラしたり変化があるようであれば

逆剥けと同じような事が考えられますので注意しましょう!!

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑