カビキラーの使い方!風呂の天井の掃除はコレ!

お風呂の掃除といえば一家に一本、カビキラー。
お風呂の掃除には大活躍ですが、特に天井といえば掃除しにくいのにカビが生えやすい所ですよね^^;
カビキラーの使い方!風呂の天井の掃除はコレ!

頭に垂れ落ちるし、刺激するようなキツイ臭いで頭もクラクラ。
おまけに手も荒れてお風呂の天井のカビ掃除は楽じゃないですよね?^^;

でもカビキラーの正しい使い方とちょっとした工夫で、実は解決できることばかりなんですよ!

今回はカビキラーの正しい使い方と天井を掃除する時のポイントは勿論。
カビキラーを使った時に気になる、あの独特な臭いの対策や手荒れの対策など、お風呂掃除には役立つ情報満載です(゚ー゚)b

この記事がお風呂の天井掃除に悩まされる方の手助けになれば幸いです。

スポンサーリンク

カビキラーの使い方!お風呂の天井掃除するなら?


↑↑動画スタート50秒後から説明スタートです(^^)

意外に思われるかもしれないですが、天井の掃除にはまず直接スプレーしないほうが無難です!
スプレーすると天井から垂れ落ちて余計に掃除しにくくなりませんか?

もう一つの理由として、独特な刺激臭で頭がクラクラする原因の一つでもあります(゜o゜;
臭いに関して詳しくは次で紹介しますね。

 

天井の場合は、まずクイックルワイパーにドライタイプのシートや雑巾、タオルを取り付け取ります。
そこに直接カビキラーをスプレーして染み込ませて拭き取ると垂れることも少なく、臭いもスプレーするよりマシになりますよ(^^)
クイックルワイパーがない時は雑巾に染み込ませて脚立に上り拭き取りましょう!

どうしてもスプレーするしか掃除の手段がないのであれば、100均で目を保護するゴーグルとフード付きの雨具を買って顔にはタオルを巻いて保護しましょう。

どの掃除の方法でも拭き取り終わった後は必ずモップや渇いた雑巾やタオルで乾拭きしてくださいね!

 

それともう一つ、知っておくと便利なのが壁と天井の隙間のパッキンの目地部分の掃除。
ゴムパッキン用のジェルタイプを使えば垂れにくく使いやすいですよ♪

いずれにしてもカビキラーを使う時の最大のポイントは乾燥している時に使うこと!
これが最大のポイントです。

お風呂あがりのついでにスプレーする人が多いですが・・・
実は湿度も高くて全体的に濡れているところにカビキラーをスプレーしても流れて垂れてしまい効果が薄れてしまいます。
必ず乾燥している昼間に掃除するようにしましょう!

スポンサーリンク

カビキラーの臭い対策は?

あの独特な臭いの原因は実はスプレーすることにも一つ原因はあるんです!
管理人も掃除する時はいつも頭がクラクラしてしまいます^^;

実はスプレーすることで霧化して吸い込みやすくなるんです。
しかもお風呂は換気してあってもあまり風通りが良いとは言えませんよね?

 

で、よくある対策が先程も紹介したタオルを顔に巻いたりマスクをすると思うのですが・・・
実は効果がないんですよ(-_-;)

というのも臭いの原因を「ろ過」することが出来ないからなんですね。
でも実はマスクやタオルを水に濡らして付けることで「ろ過」するのではなく、水が臭いの元を集めて吸収してくれることで体内に吸い込む事が軽減されるんです!
火事になって避難する時に濡れガーゼで口元を押さえるのと同じ効果があるということです(゚ー゚)b

 

もう一つ出来る対策としては風呂場は換気があまり良くないので、夏場などは扇風機を回すことで新鮮な空気を送り掃除することができます。

濡れマスクと扇風機を併用することで更にイヤな臭いを軽減することが出来ますよ!

カビキラーを使わないのカビ落としの方法!

どうしてもカビキラーの臭いが気になる人はオスバンSという消毒液を使いましょう!
消毒液というと何か違う感じがしますが・・・

実はカビにも効果的な殺菌作用があって使用する時は用途に合わせて希釈しながら使うというものです。

 

お風呂のカビには大体200倍に薄めて先ほどカビキラーの天井掃除でも紹介したように、クイックルワイパーや雑巾を使って拭き取る作業をしましょう!

塩素系のカビキラーやキッチンハイターとは違って臭いも少なく気にならないですよ(^^)
注意点としてカビキラーほど強力ではないのでカビの跡までは落とすことは難しいです。

管理人のおすすめは一度カビキラーを使ってキレイにカビを落として、定期的に掃除をする時はオスバンSを使うと臭いも少なく掃除しやすいですし、殺菌作用もあるのでカビ予防にもなります!

新築であればオスバンS若しくは早目に気付いたのであればタンサンでを使っても意外と落とすことが出来ます。

 

最後にもう一つ。
管理人的、お風呂のカビの予防は入浴後はシャワーで冷たい水でお風呂を流します。
そうすると浴室の温度が下がりますので少しでもカビを抑える効果があるので試してみてください♪

今回のチェックポイント!
  • カビキラーで浴室の天井を掃除する時はスプレーせずクイックルワイパーで拭き取る
  • 臭いの原因はマスクだけでは防ぐことが出来ないので、マスクを濡らして使う
  • カビキラーをあまり使いたくないのであればカビを一度落としてオスバンSを使う

 

どちらにしても、水仕事になるので手荒れも気になるので手袋をしますよね(^^)
でも掃除用の手袋って厚手過ぎてゴワゴワして使いにくくないですか?

管理人はそんな理由でニトリル手袋を使ってます!
ホームセンターで100枚入り600円ぐらいでお手頃です。

掃除になると何かと汚れるので手袋を使いますが、手や指が動かしやすく勿論使い捨てなので使い勝手が良いですよ♪
これも一度試してみてくださいね(^^)

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑