100円ライターの捨て方!30個を一気に処分する方法!

家の棚を整理していると100円ライターが30個程入った袋を発見!?
お父さんが以前タバコを吸っていた頃に溜めていたライターでしょうか(-_-;)
数が数だけに処分方法に困りますね。

100円ライターの捨て方!どうやって捨てる?

 

リサイクル出来れば良いのですが、こんなに沢山あっても
墓参りの時ぐらいしか使い道が無い^^;
捨てる前に念のため一つ一つ火が付くのか確認してみると、
外から見ると液が見えているのに微妙に火がつく物や付かない物があったり・・・

そんな不要になった100円ライターの処分に困った事無いですか?

特に最近のライターは子供の火遊びを防ぐためにスイッチが重かったり
女性がガス抜きするのは一苦労ですよね(-_-;)

管理人も処分に困っていたので、調べてみると・・・
100円ライターの力の要らない簡単なガスの抜き方、発見しました(゚ー゚)b

そのまま捨てるのは爆発や発火の恐れもあり、非常に危険ですので
正しい捨て方を理解しておきましょう!

スポンサーリンク

ライターの捨て方!確認することは?

100円ライターを捨てる時はまず

  • ライターにガス(中身)が残っているか?
  • 地域のゴミの分別ルール

 

この2点を必ず確認しましょう!

ガスの確認

外観が透明の100円ライターであれば中の液体が目に見えて確認できますよね(^^)
もし外観が透明でなければ火が付かなくても、ボタンを押すと
シューと音がして気化したガスが確認できます

年単位で古いものは自然に放置している間にガスが抜けている物も有りますが
念のため必ずガスが抜けているか確認しましょう!

 

地域のゴミの分別ルール

当たり前ですが、ガスを抜いたからといって必ず「燃えるゴミ」で
処分して良い訳ではないです!

100円ライターはプラスチック部分と金属の部品で出来ています。

地域によってはプラスチック自体が「燃えるゴミ」の地域もあれば
「燃えないごみ」で指定されている地域もありますよね?

プラスチックも金属も「燃えないゴミ」で処分を指定されている地域であれば
ガスを抜いた後はそのまま処分できます。

但しプラスチックは「燃えるゴミ」、金属は「燃えないゴミ」
で指定されている地域であれば面倒くさいですが捨てる前には必ず
ペンチなどで分解して部品を分別してから処分するようにしましょう!

ご自身の地域の分別方法が分からない時は、市役所のゴミ収集を担当している
生活環境課などの窓口に電話して分別方法を確認しましょう。

それでは次でガスの抜き方について説明していきますね!
力のない女性でも簡単にガスを抜く方法も紹介しているので、ガス抜きに困っているなら要チェツクですよ(^^)

簡単なライターのガスの抜き方TOP3!

の前に・・・
ガス抜きは必ず風通りの良い火の気がない場所で行って下さい。
それと作業の前に念の為バケツに水を一杯入れて横において置いて下さい!
まず手にとったライターの火の付く先端をバケツの水に漬けましょう!
着火部分が濡れていると火は付かないので安心です(^^♪

水を用意する理由は万が一の時は勿論なのですが、
分解する作業の時に誤って着火しないように防止する方法があるからなんですね!

それではガス抜きの方法を見ていきましょう!

スポンサーリンク

爪楊枝でガスを抜く方法

こちらの動画では金属のカバーが非常に簡単に取れていますが
硬い時はペンチを使うと外すことが出来ます。

ガスが抜けるまでに少し時間は掛かりますが、この形状のライターなら
この方法が非常に簡単にガス抜きが出来ますね(^^)

ペンチだけでガスを抜く方法

この動画も同形状のライターならペンチ1本でガス抜き出来ます(^^)
爪楊枝の方法に比べて早くガスを抜くことが出来ます。

バラしてしまうので捨てる時の分別も楽ですね!

女性におすすめ!力要らずのライターのガス抜き法

動画では突然ガスが勢い良く抜けていますが本当にこんな感じです笑

用意する物

・手袋
・金属か陶器で出来た小さ目の器
・塗装剥がし剤

とっても簡単で何よりライターを分解すること無く安全にガス抜きすることが出来ます。

用意する物の塗装剥がし剤は、ラッカー薄め液や剥離剤というような名前でホームセンターの塗料コーナーなどに大体数百円程度で売られています。

因みに剥離剤はこんなやつ(・・)
IMG_20170118_162905

量は一番少ないもので十分足ります!

本来は塗装を剥がす時に使う物なのですが、樹脂やプラスチックも溶かしますので
ライターのガス抜きには最適なんです。

この方法の良い点は液の量が確認できないライターでも
どんな形のライターでも金属以外の100円ライターであればガス抜きできますよ(^^♪

※注意
    プラスチックを溶かすだけあって肌に付くとチクチクしてとても痛いです!
    子供やペットが居ないところで、長袖に手袋をして出来るだけ手や肌に
    付かないように作業して下さいね^^;

 


 

必ずチェックすることは

  • 処分する時のごみの分別
  • ガスが抜けているかの確認

この2つに関しては守るようにしましょう!

コンビニのゴミ箱などに捨てている方を見かけたことがありますが、非常に危険です!

「火が付かないから捨てた」

「ガスが無くなったから捨てた」

とかって言う言い訳が聞こえてきそうですが、100円ライターも危険物です。
最低限のマナーを持って必ず各自の責任で処理しましょう!

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑