就活で電話を折り返しするならコレ!4つのマナーとは?

就活中に企業からかかってくる電話。
タイミング悪く電話に出られず折り返しする時のマナー、大丈夫ですか?

就活で電話を折り返しするならコレ!4つのマナーとは?

管理人も就活中、企業へ電話を折り返しするときは

「まず何を言うのが正しのか?」
「折り返しと言われたけど自分から連絡するべきなのか?」

社会人の経験が無いなりに色々考えながら緊張して電話していた覚えがあります^^;
勿論、エントリーしている企業には失礼の無いように最大限気にしているのですが
逆に裏をつきすぎて実はダメなことも!

管理人の友人は、ある大企業の人事担当をしていて、就活生の電話のかけ方までチェックするそうです。
そんな友人と話をしているとこんな事を言っていました。
「電話に出られなかったことが悪いのではなくその後がとても大切」

確かに誰でも電話にいつでも出られるわけでは無いですよね?
大切なのはマナーです。

今回は折り返し電話する時はまず何を言ったら良いのか?
逆にかけなおさなくて良い時や翌日に電話をするなら時間がベストなのか?

就活における電話を折り返しする時のマナーをチェックしておきましょう^^

スポンサーリンク

就活中の折り返しの電話!正しいかけ方は?

就活中によくあるのが知らない番号からの不在着信。
電話に出られないのはよくある事ですから、まずは一旦落ち着きましょう^^

番号から推測して就活中にエントリーしてる企業からの連絡の可能性が高く、留守電が入っていない時はかけ直すのがマナーですので折り返し電話をしましょう。

こちらから電話をするとまず先方が名乗るのが一般的です。
「●●会社です」と聞いてエントリーしている企業で間違いなければ
「先ほどお電話を頂いておりました■■と申します。〇〇中のため電話に出られず失礼いたしました。」

とまず名乗ってから用件を伝えてみましょう。

 

担当者の方の名前がわからない時

「担当者様にお取り次ぎ頂いても宜しいでしょうか?」

「担当者様のお名前が留守電の方に入ってなかったもので」

と伝えましょう。

 

勿論この通りに伝えることが出来るのであれば良いですが、恐らく噛んだり間違う可能性が高いので自分なりに言い換えて言うのが間違いないです^^;

折り返しの電話をする場合は窓口の方がまず出られるかと思いますが、
企業の人事担当者が決まっているのであれば担当の方にお詫びするだけで大丈夫です。

 

でも知らない番号だと毎回推測で電話するのもドキドキしますよね?
そんな時は、固定電話からの着信であればスマホやパソコンのブラウザの検索窓で番号を入力して検索しましょう!
全てがヒットする訳ではないですがこの方法で見つかることもありますよ^^

もう一つの方法としてはスマホのに「電話帳ナビ」と言うアプリを入れておきましょう!


↑↑むちゃくちゃ便利です!

自分の電話帳に登録していない番号でも固定電話であればアプリ側の独自のデータと照合して着信があるときや不在着信の時も名前を表示してくれます。

但し特殊な通知専用の番号やデータにない番号は表示されません!
管理人も使っていましたが結構表示される確率も高く重宝しましたよ♪

スポンサーリンク

折り返しの電話が不要なのはこんな時!

「改めてこちらからまた電話します」と言われて待っている間はとてもドキドキしますよね^^;
気持ちは分かりますが、耐えて待ちましょう。

人事担当の友人が言っていましたが折り返し連絡がほしい時は「折り返し連絡をおねがいします」と言われる事が多いです。
敢えて何かしら選考などの都合があり敢えて「こちらから電話します」と言うこともあるみたいです。

ですので我慢できずに結果が気になったり変に気にして電話すると「話を聞いているのか?」と取られかねません。
常識のある企業なら約束したことであれば必ず連絡を貰えるでしょうし、折り返し電話を貰った時にすれ違いを防ぐ為に言っている場合もあります。

 

逆にずっと連絡を待って期日になっても連絡がないような企業であればその程度の会社なのでしょう。
大切な約束を忘れて連絡してこないような企業なのであれば、採用連絡を貰わなくて正解だと思います。
それでもどうしても気になっている企業であれば期日以降に連絡するのも一つでしょう。

基本的に先方から「改めて連絡します」と言われた場合は焦らず、気長に待つのが吉です!

就活中の電話は時間帯に注意!

夕方5時にあった不在着信に気付いたのが夜の8時(゜o゜;

ビミョーな時間ですが焦らずに!
まずは企業の終業時間を確認してください。
終業時間を超えているなら翌日に電話するようにしましょう!
よりによって金曜日にそうなった場合は先方の企業が土日出社している企業であれば翌日に電話をしても大丈夫ですが、休みの場合翌週の月曜日にしましょう。

また多くの企業は朝の始業開始時間直後はバタバタ忙しくしていることが多いので、30分~1時間ぐらい経ってから電話を入れるのが最低限のマナーです。

そして必ず電話する時はまず

「お忙しいところ大変恐れ入ります。
御社の〇〇という求人に応募せていただいております〇〇大学の■■■■と申します。
人事担当の▲▲様に取り次いでいただいても宜しいでしょうか?」

と言って取り次いでもらいましょう。

担当者の方にはまず

「お忙しいところ大変恐れ入ります。
御社の〇〇という求人に応募せていただいております〇〇大学の■■■■と申します。
先日ご連絡頂いたにも関わらず、電話に気づくのが遅くなってしまい折り返し連絡ができずに大変失礼いたしました。」

と始めに言いましょう。

電話に出れなかった事で評価が下がって不採用になる事は殆ど無いことなのでそれほど神経質にならなくても大丈夫ですよ^^

電車の中で電話がかかってきたら?

コレも「就活あるある」ではないでしょうか?笑
移動中にしかも電車の中で電話がかかってきたらどうするのが良いでしょう?

電車の中で電話がかかったら?

勿論電車の中で電話をするのは常識的にマナーにかけるので出なくても全然大丈夫です。

管理人も普段は一切電車では電話しませんが、就活中に限りよくやっていたのは
「申し訳ございませんが、只今電車で移動中なので降りたらすぐに折り返しご連絡させて頂いても宜しいでしょうか?」と口元に手を当ててコソコソっと伝えていました^^;

やはり先方からしても常識のある人間ということが少なくとも伝わるメリットもありますし、自分にとっても精神衛生上そうする方が変にドキドキしなくて済むからです笑

失礼なことでもないですし、正直に伝えることに引け目を感じる必要はないですよ^^

 

今回は就活中の折り返し電話をする時の注意点を、管理人の就職活動中に注意していた事と、友人に聞いた話をまとめてみました。
そんな管理人も就活中は電話に出られなかった事で「不採用になるんじゃないか?」と心配していました笑
でも今冷静に考えてみると電話に出られなかった事で不採用にされることはほぼ無いです^^;

よっぽど何度も連絡しているにも関わらず連絡がつかない時は不採用になりますが、選考という労力をかけて選んだ人間をそう簡単には不採用にはしないですから。

今回お伝えさせて頂いたように電話に出られなかった事を神経質に考える必要はないです!
就活の電話対応に困った時はこの記事をもう一度読み返して見て下さいね (*^^*)

スポンサーリンク

関連記事

就活,メイク,口紅

就活メイクに口紅は必須!?色の選び方と最低限のマナー

「普段からあまりメイクをしないんだよね…」 という女子就活生のみなさん! 就活メイクって、何

記事を読む

就活,メイク,アイシャドウ

就活のメイク!アイシャドウの常識と一重まぶたはコレ!

「女子就活生のみなさん、今のメイクに満足していますか?」 女子大生のみなさんなら誰でも、就活中

記事を読む

小論文、書き方、コツ、簡単

小論文の書き方のコツ。簡単に書く方法は?

就活の自己アピールできる小論文の書き方は? コツさえ掴めば、楽勝で簡単!! 就職

記事を読む

就活,ネクタイ,色

就活のネクタイ!色と柄を選ぶ2つの基準とは?

就活に着るスーツに、ネクタイの色やデザイン。 就活のリクルートスーツにどんな色のネクタイを合わせた

記事を読む

ネクタイ,結び方,簡単

ネクタイの結び方!簡単でかっこいい結び方8選

せっかくネクタイをするなら、簡単でかっこいい結び方が知りたいですよね。 同じネクタイを結んでい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑