一人暮らしの食費の平均!大学生の月1万円の節約術!

一人暮らしを始めたら、食費がどれくらいかかるのか、あなたは知っていますか?
春から新生活がスタートしますね!
大学の近くで一人暮らしを始める方も多いことでしょう。

一人暮らしの食費の平均!大学生にできる節約術とは?

今まではお母さんがごはんの用意をしてくれていたけれど、これからは自分で何とかするしかない!
でも食費のことなんて、考えたこともなかったのでは?

仕送りで足りない分は、バイトでなんとかしないといけないし・・・
実際に食費がいくらくらいかかるのか?

今回は一人暮らしの食費について

[help]・食費の平均額
・節約術
・外食と自炊の違い[/help]

この記事を読むと、一人暮らしの食費について知ることが出来ます♪(*>∀<*)ノ

スポンサーリンク

大学生の一人暮らし!1ヶ月の食費の平均は?

大学生の1か月の食費の平均は、25,000円で、1日に換算すると・・・
大体800円です!

この食費とは、大学の食堂での食事やコンビニのお弁当、自炊などにかかる費用のことです。
合コンやサークルなどで、外食した費用は、この食費に含まれていません。

1日800円という金額は、少なく感じる方も多いのではないでしょうか?
1食当たり200円ちょっとですもんね・・・(;д;)

厳しいですが、これが現実です!

家賃、光熱費、交際費、携帯代など・・・
食費以外にも色々かかりますから、節約しながらやりくりするしかないのです!

一人暮らしの食費を節約する方法!

もし1か月の食費を10,000円に抑える方法があるなら、知りたくないですか?
一人暮らしをしていると、合コンやサークルなどで外食が続いて、今月はちょっと家計がピンチ・・・ということもあります。

そんな時はもちろんですが、日頃から食費を抑えることを心がけましょう。

食費は生活費の中で、1番節約しやすい部分でもあります。
もちろん、食べない節約術はNGですよ!(〃ノωノ)

スポンサーリンク

1か月の食費を10,000円に抑える方法

[tip]・自炊が大前提!
・まとめ買いをしない
・お買い得の食材で献立を考える
・ポイントカードを利用する
[/tip] まず、何よりも自炊が大前提です。
1か月の食費を10,000円に抑えるには、1日あたり300円ちょっと、大体1食100円でやりくりしないといけません!

コンビニで弁当なんて買っていたら、まず無理です。

食材のまとめ買いは基本NG!

自炊をするために、スーパーで食材を買うときはまとめ買いはやめましょう。
なぜかというと、大学生は何かと忙しいため、消費する前に食材が腐ってしまう可能性があるからです。
せっかく食材を買っても、腐らせてしまったらお金の無駄になります。
野菜や果物などは少しずつ買うことをおすすめします。
また、腐らないものであればまとめ買いは可能です♪

たとえばレトルト食品やお菓子など、賞味期限の長いものがお買い得な場合は、まとめて買いましょう。

特売日に買い物をしておく

お買い得の食材を元に献立を考えるのが経済的でおすすめです!
スーパーでは、その日限定でお買い得な物。
もうあまり日持ちがしない食材が安く売ってありますよね?

他にも特売日や夕方の値段が安くなる時間帯を決めて行くのも良いですね^^

たとえば白菜がとても安かったとしたら、白菜を元に何が作れるかを考えます。
献立は、ネットで調べたらいくらでも出てくるので問題ありません。
家に余っている食材と組み合わせられるような献立にするといいでしょう。

因みに私はさっきのまとめ買いの話とは逆に食材を1週間分まとめ買いしてました^^;
まとめ買いした日に全て調理してタッパーに詰めて冷凍にしておくと食べたい時にレンジにかければすぐ食べることが出来ます。
また冷凍にすることで食材が傷みにくく長持ちするのもポイントです^^

いつでも牛丼が食べられるように牛肉のしぐれ煮は常に冷凍庫にはいっていましたね笑

その他にもスーパーのポイントカードは、ポイントが溜まるとお買い物券がもらえるなど特典があるので作っておきましょう。

スポンサーリンク

外食と自炊で食費はこんなに違う!

外食は作らないで済むので楽ですが、自炊をし始めるといかに外食が高いか分かりますよ。

まず、ビーフカレーを例に、比べてみたいと思います!

ビーフカレーの値段

[note]・カレー専門のお店  600円位
・スーパー、コンビニ 450円位
・大衆食堂      270円位
・手作り       140円位(カレー100円、ライス40円)[/note]

全然違いますよね!
上記以外にも、お米だけ炊いてカレーはレトルトというパターンも安いですよ♪

また、1日の食事パターンを外食で済ませた場合と、自炊した場合とで比べてみました!

 

外食で済ませた場合
[warning]朝  350円(コンビニのおにぎり2個、野菜ジュース1本)
昼  450円(大学の食堂で定食)
夜  500円(ファーストフード店のセットメニュー)
計 1300円[/warning] 全部外食で済ませてしまうと、1か月で39,000円も必要になってしまいます。
かなり予算オーバーになってしまいますね(;д;)

自炊した場合
[tip]朝  50円(食パン1枚、ジャム少々、低脂肪乳1杯)
昼  50円(昨日の夜ごはんの残り+αでお弁当)
夜 200円(お買い得な食材をメインに作る)
計 300円 [/tip] 1か月の食費を10、000円でやりくりする場合は、このようなイメージになります!
食費を抑えることは出来ますが、少しさみしい印象です。

 

そこでおすすめなのが、朝と夜のみ自炊をして昼は外食で済ませるパターンです!

[important]朝  50円(食パン1枚、ジャム少々、低脂肪乳1杯)
昼 450円(大学の食堂で定食)
夜 200円(お買い得な食材をメインに作る)
計 700円[/important]

これだと1か月の食費が21,000円で、ほぼ大学生の平均的な食費といえます。

今回のチェックポイント!
  • 大学生の1か月の食費は平均で25,000円
  • なるべく自炊をすること
  • 食材の買い方で節約出来る
  • 外食と自炊では食費が倍以上変わってくる

 

大学生の1か月の食費は平均で25,000円ということが分かりました。
決して贅沢できる金額ではないので、上手にやりくりする必要があります(。・ω・。)ノ

食費を10,000円に抑えるには、自炊がおすすめ!
お買い得な食材を元に献立を考えると、無駄な買い物をせずに済みます。
腐ったらお金の無駄になるため、野菜や果物は使う分だけ少しずつ買いましょう。

また、外食はとにかく高いです!

外食と自炊の食費を比べてみると、倍以上違うことが分かりました。
何も用事がなくて、1人の時は外食をしないように心がけましょう。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑