夏には夏の香水を!意外と知らないフワッと香るつけ方は?

恋人とデートするとき、外出するとき、お仕事に行く時と様々な場面で登場する香水。

一日の気分次第で匂いをかえることも出来るし、女性には必需品ですね!

しかしその香水、年中同じ香水をつけてませんか?

春や冬と同じ要領で夏も香水を付けられている方も多いのではないでしょうか。

特に自分の匂いは中々分からないものですが・・・
夏になると暑さでムッとしている人とすれ違ったりしますよね^^;

香水をつけるにもエチケットは必要です。

意外と知らない、嫌がられない香水の付け方をご存知でしょうか?

スポンサーリンク

夏の香水!人気の香りは○○系!

お気に入りの香水というものがあるとは思いますが、季節によって香水もかえるのが最早常識のようです。

ムワッと蒸し暑い日本の夏は、香水や汗の匂いが混ざって強烈な匂いになってしまうこともあります。
そんな夏にはどんな香水が人気なのでしょうか?

特に人気のある香水


①MARC JACOBS DAISY
20代30代の女性には特に人気がありますね!
瓶に花がついていて見た目から可愛らしく爽やかなDAISYはスパークリングフローラルの香り。
フェミニンの香りから、徐々にスミレをメインに香りが変化します。
ラストは柔らかいビロードのような香りになります。

②クロエ オードパルファン
男性受けが好評なクロエの香水です。
男性から女性へのプレゼントとしても最適かもしれません!

これも瓶からして可愛くて女の子らしいですね(^^♪
マンダリンオレンジの香りから、フリージアやウォーターメロンへと広がり・・・
フレッシュなアイリスのアクセントをまとった香りへと変化していきます。

軽やかな香りで夏らしい香りですね。

③エルメス ナイルの庭
ナイルの庭はユニセックスで使えるので彼氏彼女お揃いの香りで一緒に使えます!
年齢問わずサッパリ爽やかな柑橘系の香りで、ケバケバせずオフィスで付けていても嫌がられない香りです!
万人受けする香りだと思いますのでオンオフ問わず使用できますね♪

 

男性も夏に汗臭くいるよりは上手に香水を利用して
さっぱりと爽やかな香りでいると周りの女性にも好印象ですね!

盛夏が来たらピッタリなのはフルーツ系や石鹸系など爽やかな香りが人気ですね♪

夏の香水は○○に注意!

蒸し厚い日本の夏ですが少し香水のつけ方を間違えると・・・
周りに強烈な匂いを発散させてしまうことになってしまいます(@_@;)
夏の香水は○○に注意!
蒸れやすいところにつけていると、汗と混ざって大変な匂いになってしまいます!
必ず蒸れに注意して蒸れにくいところに香水をつけてください。

具体的な蒸れにくいところというのは、上半身なら肘や手首のいずれか1箇所にワンプッシュで大丈夫です。

下半身なら太ももの内側やひざ裏、足首の1~2箇所にトントンとつけてあげてください。
また、量は香水の種類によって工夫する事も必要です!

夏は体温も上って香水をたくさんつけると、その分匂いもたくさん発散してしまいます。

香りが強く持続時間が長い順

  1. パルファン 5~12時間
  2. オー・ド・パルファン 5~12時間
  3. オー・デ・トワレ 3~5、6時間
  4. オー・デ・コロン 2、3時間

  

匂いが強くエタノールの濃度が高いものは点でつけるのがポイント

パルファンよりは匂いがきつくないものは線を描くようにつけてください。

オー・デ・コロンという香水の中で一番匂いが少ないものは面にそってお肌を湿らせる程度につけましょう。
ポイントとして強くこすりつけることはしないでください。

また香水とデオドラントの制汗剤を併用すると匂いが混ざりますので、制汗剤は無香料の物が良いですね!

嫌がられない香水のつけ方

 

  1. つける時間を考える
  2. 手首につけた後に両手首をすり合わせるのはダメ。
  3. 季節感を無視した香り選びはダメ。
  4. 上半身ばかりに吹き付けるのはダメ。
  5. 体に直接吹きかけてばかりはダメ。

 

つけた瞬間は香りが強く30分以降からその香水の本来の香りが出てくるものです。
出来るだけ外出する30分前までに香水をつけるようにしましょう。

そうすれば満員電車でもフワッと香ることができます(^^♪

スポンサーリンク

管理人も驚きだったのですが両手首をこすり合わせてはいけないみたいです!
これは香りをつぶしてしまうので意味がなくなってしまうそうです。

管理人もそうですが、両手首をこすり合わせている方は多いと思います。
これを機会に付け方を変えてみましょう。

 

また季節によって香水を選ぶのは大切になってきます。
暑い夏にバニラ系やベリー系の甘い香りをまとっていたら・・・
人によってはうっとおしくなりますよね^^;

付けるポイントは上半身ばかりに香水をつけると香りが集中してしまい、逆に臭くなってしまいます。
なので、さりげなく香らせるのでは下半身が良いです。
ウエストや足首の内側、バストの谷間が良いでしょう!

 

また直接体につけてばかりいると香りが強すぎて上品さがなくなってしまいます。

女性ならスカートの裾、男性ならネクタイといった小物につけるとさり気無くてフワッとした香りになります♪
ハンカチやタオルに吹きかけてバックに入れて持ち歩くとオシャレですよね~(*^^)v

ご存知の方も多いとは思いますが補足に・・・
自分でいい匂いと感じるぐらい香水をつけるとダメです。
周りにとってはキツイ匂いになってしまいがちになりますので要注意ですね^^;

他にも直接体に香水をつけるのではなく、スプレーから噴射した霧に体を入れるという方法もあります。

 

また、部屋の空間に向かってお腹くらいの高さでシュッと1吹きしてからそこを通るだけで香りを纏うことができます。
色々な方法があるのでぜひ試してみてくださいね(^^)

香水は場所を選びましょう

香水はつけていっていい場所と悪い場所があります。

レストランなどの食事をする場所やお茶を楽しむところ、また病院などに行く時も控えた方が良いでしょう。
基本的に匂いが邪魔になる場所はつけていかないほうが無難です!

場所を選ぶということにちなんで香水を選ぶ際のポイントですが・・・
購入する際に鼻は麻痺をしやすいので1度に試す量は3~4種類で抑えておきましょう。

 

香りは時間と経過と共に変わります。
トップノート→ミドルノート→ラストノートといった変化です。

時間の経過とともに香りがどのように変化するかを確認することも香水を選ぶ際のポイントです。

香水は奥が深いですね~^^;

管理人は何も知らずに香水をつけていたことを恥じてしまいます・・・(汗)
マナーやエチケットを守って可愛いオシャレな香水をつけて、ハッピーな気分で一日を過ごしましょう♪

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑