お寿司を食べるネタの順番!玉子はいつ食べる?

お寿司は食べるネタの順番が決まっているって知っていますか?

寿司,食べる,順番

回転寿司は、常に色々なネタが回っています。
普段なら、サーモン、ハマチ、マグロなど・・・
何も考えずに、自分の好きなネタから食べますよね!(*´∀`*)

しかし、高級寿司店に行く場合はちょっと変わってきます。
高級寿司店には行かないから大丈夫!と思っているあなた。
取引先の接待や打ち合わせなどで、高級寿司店に行くことってあるんですよ。

高級寿司店では、通な食べ方をするお客さんが多いです。
そのような場所で、お寿司を食べるネタの順番が分かっていないと、注文するとき恥ずかしいですよ!

そこで、お寿司を食べる順番について、寿司通の人の意見も含めてまとめてみました!

これから高級寿司店にいく予定がある人に、おすすめの記事ですよ!(*>∀<*)ノ

スポンサーリンク

正しいお寿司の食べる順番に決まりはある?

お寿司は基本的に、味の薄いもの→濃いものの順で食べるのが正しいです!

お寿司の食べる順番

[note] 味の薄いネタ:白身魚

味の濃いネタ:赤身魚

甘いネタ  :貝類、海老

しめのネタ :軍艦、巻物
[/note]

大体この順番で頼むことが多いです。

味の薄いもの→濃いものの順で食べるのには理由があります。
先に味の濃いものを食べてしまうと、味の薄いものを食べたときに味がぼやけてしまうためです。
これはお寿司に限らずいえることですね!(´・∀・`)

「あなたにおすすめの人気記事!」

左から食べる理由は?

高級寿司店では、お寿司は左から食べるのが正しいです!(。・ω・。)ノ

職人さんはお寿司を、左から薄い味順に並べています。
そのため、左から食べていきましょう。

また、お寿司が2列ある場合は、左上から食べるのが正しいです。
左上から右上の順で食べていきましょう。
右上まで食べ終わったら、今度は左下から右下の順に食べていきます。

右下のほうにある細巻きは、特に食べる順番はありません。
好きなタイミングで食べてくださいね!

スポンサーリンク

通な人の食べる順番はこれ!

寿司通の人は、食べる順番にもこだわっています!

寿司通の人がお寿司を食べる順番

[tip] 白身魚:タイ、ヒラメ

光り物:アジ、コハダ

赤身魚:マグロ、トロ

お口直し:ガリ、お茶

淡白な物:イカ、タコ

貝類:ホタテ、ホッキ貝

甲殻類:エビ

軍艦:ウニ、イクラ 終盤

タレの物:アナゴ、ウナギ

細巻き:河童巻き
[/tip]

基本的には味の薄いもの→味の濃いものの順で寿司通の人も食べています。

寿司通の人によると、最後に河童巻きでしめる人と、玉子でしめる人がいるようです。
さっぱりした巻き寿司でしめたい場合は、河童寿司が好まれます。
玉子については、後ほど説明しますね!(o^─^)ノ

ちなみにこれは余談なのですが・・・

「すし」の漢字は、「寿司」ではなく「鮨」が正しいって知っていますか?
「寿司」は縁起のいい漢字を使った当て字なんです。
お寿司が好きな人は正しい漢字の「鮨」と表現する人も多いです。
頭に入れておくといいですね!(。・ω・。)ノ

玉子はいつ食べる?

寿司,食べる,順番

玉子は、最初に食べる派と最後に食べる派に意見が分かれます!

[note]
  • 最初に食べる派・・・玉子で職人さんの腕がある程度判断できる
  • 最後に食べる派・・・あま~い玉子でしめたい
[/note]

最初に食べる派の意見としては、玉子の味とシャリの味で、職人さんの腕がある程度分かるようです。
そのため、最初に玉子を頼んでお店の良し悪しを見極めているんです。

しかし玉子を最初に頼むのは、あまりおすすめできません!
職人さんの中には、最初に玉子を頼むと機嫌が悪くなってしまう場合があります。
玉子を最初に頼むということは、職人さんからしてみると腕を試されているということです。
寿司通でもないかぎりは、やめておいた方がいいでしょう(´-ω-`)

最後に食べる派の意見としては、甘い玉子でしめたいから、ということでした。
お寿司に限らず、食事の最後は甘いものを食べることが多いですよね。
寿司通の人によると、玉子はデザート的なポジションのようです。

注文する順番の決まりはある?

職人さんにお寿司を注文するとき、取引先の人や他のお客さんにも注文の内容が聞こえてしまいます。

もし、自分が間違った順番で注文してしまっていたら・・・
自分だけではなく、一緒に食べにきている人も恥ずかしい思いをしてしまいます。

そのため、高級寿司店に行って1番気を付けるべきなのが、注文する順番です。
必ず、味が薄いもの→濃いものの順で頼むようにしましょう。
最初にマグロやトロなど味の濃いものを注文しないように気を付けてください。

食べる順番を参考にして、注文するといいですよ!(*´∀`*)

また、同じネタを何回も注文する人がいますが、高級寿司店ではやめておきましょう。
高級寿司店では、色々なネタを少しずつ味わうのが基本です!
同じネタを頼むとしても、最大3貫までに抑えておきましょう。

スポンサーリンク

注文に困ったら予算を伝えてお任せ!

お寿司を注文する順番は分かったものの、いざ注文するとなると緊張しますね!
そこでおすすめしたいのが、職人さんに任せる!という方法です。

職人さんに任せるときに伝えること
  • 予算
  • つまみの有無
  • 苦手なネタ

予算は、大体1万円前後になることが多いです!
その予算の中に、おつまみを含めたほうがいいのかどうか、職人さんには分かりません。
伝えておくと、職人さんもイメージしやすいでしょう。
もし、苦手なネタがある場合は伝えておきましょう。

ここで、職人さん任せるときの伝え方をご紹介します!

予算が気になる場合

お客さん
(例)お任せにしたらどれくらいかかりますか?
→こう聞くと、職人さんのほうから予算を聞いてくれます。

予算が気にならない場合

お客さん
(例)握り1人前ください(見繕ってください)。
   
→お任せで作ってくれます。

寿司通の人によると、「ください」を「見繕ってください」という言い方に換えると、粋な注文の仕方になるようです。
お寿司の注文でいう「見繕ってください」とは、職人さんに任せるよ!といった意味合いがあるようです。
なんだか江戸っ子みたいでいいですね!(〃ノωノ)

また、中にはお店で予算を伝えるのが恥ずかしい!といったシャイな人もいますよね?
その場合は、事前に電話予約をして、職人さんに任せることを伝えておくといいですよ!

「あなたにおすすめの人気記事!」

今回のチェックポイント!
  • 寿司は味の薄いもの→濃いものの順で食べる
  • お寿司は左から食べる
  • 玉子は、最初に食べる派と最後に食べる派に意見が分かれる
  • 食べる順番を参考にして、注文すること
  • 予算が決まっている場合は、事前に伝えておくといい

 

味の薄いネタから味の濃いネタの順で食べると、最もお寿司をおいしくいただくことができます。
普段行く回転寿司でも、その順番で食べるといいですね!(o^─^)ノ

また、職人さんはお寿司へのこだわりが強いです。
郷に入れば郷に従え、といった言葉があるように、高級寿司店では特に!
食べる順番、注文する順番に気を付けるようにしましょう。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑