花冷えとは?季語の意味と使い方!

突然ですが、「花冷え」という言葉ってどのような意味かご存知ですか?

 

天気予報などで耳にすることもあるこの言葉ですが

実は本当の意味が分からないという方も多いのでは?

花冷え,季語,意味

春の季語として使われる「花冷え」は、覚えておくと、手紙を書く時などに大活躍ですよ!

 

別れや出会いの季節である4月。

今回は、そんな時期にぜひ使いたい季語「花冷え」について、言葉の意味と使い方を中心に
ご紹介していきたいと思います^^

スポンサーリンク

花冷えの意味とは?

天気予報やテレビ・ラジオの挨拶で耳にすることもある季語「花冷え」という言葉。

みなさんこの言葉の意味をご存知でしょうか…?

 

よく耳にするものの本当の意味は分かっていないという方も多いのでは?

ここでは手紙でも使える、花冷えの意味をご紹介します!

 

花冷え(はなびえ)とは

春の季語で桜が咲く頃の、一時的な冷え込みのことを指します。

 

時期的には、3月下旬〜4月上旬の桜が開花する頃に使われます。

すっかり春の陽気になり、外へ出掛けてみたものの意外と寒かった…

なんて経験はありませんか?

 

暖かい日が続いている中でも、時々寒い日があることで、段々心地よい春の気候へと
変化していきますよね。

本格的な春に近づく過程で、一時的に冷え込むことを表現した言葉が、
この「花冷え」という季語になります。

 

最近ずっと暖かかったのに、今日は寒いね。と言いたいとき、「今日は花冷えだね〜。」
とさり気なく使えたら、上品で風情がありますよね^^

 

花冷えと花曇りの違い

続いて、同じく桜の咲く頃に天気予報等で耳にする「花曇り」。

この言葉の意味と、花冷えとの違いをご紹介したいと思います!

 

花曇り(はなぐもり)とは

春の季語で桜の咲く頃、空が薄く曇っている様子を指します。

 

空が曇っていることを指しますが、曇りのイメージであるどんよりした空とは違った意味合いを
持ちます。

日差しが強くなってくる春の晴天時と比べると、雲がかかり薄く明るいくらいの空を、
この「花曇り」という言葉が表しています。

 

「花冷え」が桜が咲く頃の、気候の一時的な冷え込みを表すのに対し
「花曇り」は桜が咲く頃の、天候が薄くぼんやりとした曇り空の日の様子を表す
ということが2つの言葉の違いとなっています!

 

花曇りもまた、手紙の時候の挨拶で使うこともあるので、違いを理解して、気候に合わせて使えると良いですね^^

スポンサーリンク

花冷えの使い方

花冷えの意味は理解したけど、どう使えばいいの!?

続いてはそんな疑問にお答えすべく、花冷えの使い方についてご紹介していきます!

 

花冷えは、主に手紙や俳句で使われます。

ここでは、いつもお世話になっている方への手紙で使える、花冷えの使い方を
いくつか取り上げていきます^^

 

時候の挨拶

季語を使い、季節感のある挨拶と安否を気遣う文章を始めに添えることが、
時候の挨拶のポイント
になります!

 

「ここ数日花冷えが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?」
「花冷えの候、風邪など召されずお過ごしでしょうか?」

 

このように使うと、春の冷え込んだ日が続く時期にピッタリの挨拶になります!

 

結びの挨拶

手紙を締めくくる大事な一文となります。

ここでは、相手の健康や幸せ、活躍などを願い、思いやりのある文章にすることがポイントです!

 

「花冷えの候、お体をくれぐれもご自愛ください。」
「花冷えに、くれぐれも体調を崩さぬようお気をつけ下さい。」

 

結びの挨拶では、このように使うと季節にあった相手への気遣いの気持ちを表現できます!

 

花冷えの季節は、暖かくなったり寒くなったり体調を崩しやすい時期でもあります。

そんな時の手紙には、体調を気遣う言葉を添えると、相手にもより良い印象を与えられること
間違いなしですね!

 

花冷えと日本酒の関係

花冷え,季語,意味
日本酒の飲み方と言えば、冷や・燗がお馴染みですよね。

実は他にも日本酒には、温度によって様々な呼び方があるってご存知でしたか?

 

なんと数ある呼び方の1つに「花冷え」があるんです!

花冷えは冷酒の呼び方に分類され、10℃に冷えた日本酒を「花冷え」と呼びます。

 

10℃のお酒は、口に入れると少しひんやりとした感覚になります。

この感覚を、春に肌寒く感じる時期である花冷えを使って表現されています。

 

このように「花冷え」と日本酒には、飲み方を表現する際に関係しているんです^^

 

季語をお酒の温度と関連付け、飲み方を表現する時に使うなんて、日本らしく風情があって
素敵ですよね〜!

スポンサーリンク

 

今回のチェックポイント!
  • 花冷えとは、桜が咲く頃の一時的な冷え込みのこと
  • 花曇りとは、桜が咲く頃に空が薄く曇っていること
  • 「花冷え」は手紙の時候と結びの挨拶で使うと◎
  • 「花冷え」は日本酒の呼び方の1つである

 

季節だけでなく、気候までをも端的に伝えることができる季語は、知っておくととても便利ですね!

四季のある日本ならではの、風情のある言葉ばかりで、ぜひとも覚えて使えるように
なりたいものです。

 

また季語が使えると、上品で丁寧な印象を与えることもでき、特に手紙を書く時には、
思いやりの気持ちを表現できます。

 

これを機会に季語をマスターして、季節の変化を言葉とともに楽しめたらとても素敵ですね^^

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑