こどもの日の食べ物、初節句に食べる由来は?

息子が生まれて初めて迎えるこどもの日!

初節句は親戚がたくさん集まります(*´∀`*)

こどもの日,食べ物,初節句

お祝いしてくれることはとても嬉しいけれども・・・

我が家でするとなると準備が大変ですよね~( ;´・ω・)

 

みんなで食べる、ごはんのメニューも考えないといけません。

一体どんなメニューを用意したらいいのか。

いまいちピンと来ない人も多いのではないでしょうか?(=ω=; )

 

そこで、こどもの日(初節句)の食べ物についてまとめてみました!

[help]

  • こどもの日の食べ物と由来
  • ごはんのメニュー
  • 地域によって違うのか
[/help] これから息子の初節句を迎えるママにおすすめ!

 

この記事を読んで、こどもの日(初節句)の食べ物や
おもてなしメニューを考えましょう!(*>∀<*)ノ

スポンサーリンク

こどもの日の食べ物は?

こどもの日の食べ物といえば・・・?

[tip]

  • 柏餅
  • ちまき
[/tip] 柏餅とちまきは、こどもの日には欠かせない食べ物の代表です!

何故欠かせないのか?

食べる意味は、また後ほど説明しますね!(〃ノωノ)

 

柏餅とちまきには、あんこが入っています。

どちらかというと、食後のおやつのイメージですよね!

 

あなたが1番知りたいのは、こどもの日のごはんのメニューじゃないですか?

 

どんなメニューがおすすめ?

実はこどもの日の食べ物って、柏餅とちまき以外特に決まっていないんです。

 

初節句で親戚がたくさん集まる場合。

ごはんはどのようなメニューにしたらいいのか、悩むと思いますが・・・

基本、めでたい雰囲気のあるメニューを考えておけばOKです(*´∀`*)

 

大体このようなメニューを用意する人が多いです。

 

[note]
  • 寿司
  • ちらし寿司
  • 赤飯
  • 鯛めし
  • オードブル
[/note]

 

ごはんもの+オードブルが人気です。

 

子どもの日のイメージといえば、鯉のぼりや兜ですよね?

最近のママは器用な人が多いです(`・ω・´)

ちらし寿司を鯉のぼりのモチーフにして作る人もいます!

 

初節句で息子がまだ小さいのに、そこまでする必要はないかもしれませんが。

親戚の人に、出来るママをアピールするいいチャンスかも?笑

 

揚げ物がメインのオードブルはお店に頼む人が多いです。

家で作るとなると、色々大変なので・・・(=ω=; )

 

ごはんもの+オードブルの他に、サラダがあってもいいですね♪

おつまみやお菓子なども忘れずに。

大体、このようなメニューでいいのではないでしょうか!

 

こどもの日に欠かせない食べ物といったら、柏餅とちまき。

何故欠かせないのか?

スポンサーリンク

こどもの日に柏餅を食べる意味と由来

こどもの日に柏餅を食べるのには、「子孫繁栄」という意味が込められています!

初節句の息子には、ちょっと気の早い話ですが・・・笑

 

柏餅といえば、柏の葉っぱですよね?

この柏の葉っぱから、由来したといわれています。

 

柏の葉っぱ(親)って、次に新しい葉っぱ(こども)の芽が出てくるまで、ずっと落ちないんです。

そういった理由から、こどもの日に食べることになったんですね~(`・ω・´)

 

また、こどもの日にちまきを食べるのには、「厄除け」の意味が込められています。

 

ちまきの由来
[note] 将来を悲観した屈原(くつげん)という人が川で自ら亡くなりました。
供養するのに、いつも川で悪い龍が邪魔をしていました。
でもちまきは悪い龍が嫌いなもので出来ていたため、
邪魔されませんでした。
無事供養することに成功しました。
[/note]
中国では、龍はとても強い生き物として扱われています。

そんな強い龍の中にも、悪い龍がいたのでしょう。

悪い龍って想像しただけでも、なんだか強そうですよね(`・ω・´)

 

そんな悪い龍が嫌いなものが、ちまき。

そのため、病気や悪いことから身を守ってくれる、「厄除け」とされたのではないでしょうか。

 

ちなみに、ちまきの名前は、「茅(ちがや)」という葉っぱからきていますよ(´・∀・`)

 

柏餅とちまき以外の食べ物と意味

こどもの日,食べ物,初節句

柏餅とちまきには、ちゃんと意味があって食べることが分かりました。

次はおすすめのメニューでご紹介した食べ物について、もう少し掘り下げていきますね!

 

寿司、ちらし寿司

寿司という漢字に注目してください(`・∀・´)

 

「めでたい(寿)ことをつかさど(司)る」

 

寿司にはこういった意味が込められています!

そのため、お祝いごとの席ではよく寿司をみかけますよね。

ちらし寿司の場合。
  • 鯉のぼりのモチーフに出来る
  • 自宅でも作りやすい
こういった理由でよく作られています。

 

赤飯

赤飯がめでたい理由は、諸説あるため参考までに。

 

元々は、赤米を炊いたものが赤飯と呼ばれていました。

 

昔から赤い色というのは、とても縁起のいい色として使われています。

また、「厄除け」の意味も込められています。

そのため、めでたい時には赤米を炊いて、赤飯でお祝いしていました。

 

それが今でも習慣として残っているとうわけなんです(ノ´∀`)ノ

鯛めし

鯛はめでたい魚で有名ですよね!

決してギャグじゃありませんので、あしからず・・・(=ω=; )

めでたいから鯛!でもいいんですけど、もっとちゃんとした理由があります。

 

鯛は非常に寿命が長くて、40年以上も生きる場合があるんです。

すごくないですか?

こういった「健康長寿」の意味で、鯛はとても人気なんです。

 

鯛は高いイメージがあると思いますが・・・

それは1匹まるまる購入した場合です。

 

刺身用のブロック状にカットされたものでしたら、そんなに高くありません。

そういったものを利用してみてもいいですね♪

 

ところで、こどもの日の食べ物の主流は、地域によって違うのでしょうか?

 

関東は柏餅を食べるのが主流?

一般的に関東では柏餅、関西ではちまきを食べることが多いといわれています。

また九州では、あくまき(ちまきの仲間)が主流になります。

 

しかし、実際は近くのお店で何が売っているか次第なのではないでしょうか?

なかなか柏餅やちまきを手作りはしないですもんね・・・( ;´・ω・)

 

ちなみに私は関西寄りに住んでいますが、スーパーでは柏餅が売っています。

柏餅は普段から売っていて、こどもの日が近づくとちまきを見かけるかな?
といったかんじです。

スポンサーリンク

 

今回のチェックポイント!
  • こどもの日の食べ物といえば、柏餅とちまき
  • 特に決まりはないので、めでたい雰囲気の出るメニューを!
  • めでたい雰囲気の出るメニューには、ちゃんと意味がある
  • 関東は「柏餅」、関西は「ちまき」、九州は「あくまき」を食べる人が多い

 

こどもの日の食べ物は、地域によって主流が違うということに関してですが・・・

昔はもっとはっきり分かれていたのかもしれません。

 

近年では、こういった行事に関しての関心の低さが目立っていますよね。

また、昔ながらの地域の主流というものに、こだわらない人も多いのではないでしょうか。

 

古くからずっと行われてきた「子どもの日」

初節句をいい機会に、これからもずっとお祝いしていきましょうね(*>∀<*)ノ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑