初任給はいつもらえる?手取りと支給額の違いとは!?

春から新社会人となり働き始め、楽しみなのが初任給ですよね!

とは言いつつ、初任給って一体いつもらえるものなのか…

初任給,いつもらえる
また社会人になると、給料から税金等で色々と引かれるお金もあるって聞くけど

実際もらえる金額っていくらになるのか。などなど…

 

給料に関して気になることはたくさんあるけれどなかなか聞きづらいもの。

今回はそんな新社会人になって知っておきたい、初任給のあれこれを
ご紹介していきたいと思います^^

スポンサーリンク

初任給は4月のいつもらえるの?

新社会人となり、ひとり暮らしを始めたりと、色々とお金のかかる時期でもあると思います。

そんな中、楽しみにしている初任給が、一体いつもらえるのかということも、とても気になることではないでしょうか。

 

でも、給料に関することってなんだか聞きにくいな…という人も多いのでは?

そんな方は必見の、会社の給料日形態について、見ていきたいと思います^^

 

会社によって、給料の締め日と支払い日が異なります。

そのため、入社した会社の給料に関する契約をチェックすることが必要となってきます。

 

多くの会社で給料日として設定されている日が<25日>であると言われています。

よって、締め日にもよりますが、4月25日に初任給が入る会社が多いのではないか
と考えられます。

ただし締め日との兼ね合いで、会社によって違ってくるため注意が必要です!

 

また、大体いくつかのパターンで給料日が設定されているため、そのパターンを把握しておくと、
自分の会社がどのような給料日形態なのか、考えやすくなると思います!

 

当月末締めの、当月25日払い

4月に入社した場合=4月30日締めの、支払いは4月25日に行われる
という形態です。

 

締め日の前に給料が支払われるという、なんだか不思議な感覚ですが…

正社員として入社した場合は、固定給が決まっているため、1ヵ月の固定給分は、
前もって支払うことが出来るということになっています!

 

また、時間外手当や欠勤などの毎月変動するものに関しては、
翌月の支払い日に調整されて加味されるのが、こちらのパターンの特徴です。

大企業に比較的多いのが、このパターン1となっています!

 

当月末締めの、翌月10日払い

4月に入社した場合=4月30日締めの、支払いは翌月の5月10日に行われる
という形態です。

 

アルバイトをしていた方に馴染みのあるのが、このパターンではないでしょうか。

固定給と時間外手当などの変動給が一緒に支払われるのが、
こちらのパターンの特徴となっています!

中小企業を含めた多くの会社が、このパターンとなっているようです。

 

当月15日締めの、当月25日払い

4月に入社した場合=4月15日締めの、支払いは4月25日に行われる
という形態です。

 

このパターンでは、
[note]

  • 前の月の16日から当月15日までの固定給と変動給が
    当月の25日に支払われる。

     →4月1日〜15日までの分が、初任給として支払われる額となる。
  • 通常1ヶ月の固定給が当月25日に支払われ、
    変動給は翌月25日に翌月分の給料に加味される

     →4月25日に、1ヶ月分の固定給が支払われる
[/note] という2つの支払い形態となります!

パターン1、2よりはあまり見られない形態ではあるものの、
4月25日に初任給はもらえるということになります^^

 

会社ごとに形態が異なっていることは、お分かりいただけたでしょうか…?

やっぱり自分の会社が気になる!という方は、先輩や人事の方に、入社する会社の給料形態について
こっそり聞いてみると、さらにモチベーションが上がりそうですね!

スポンサーリンク

5月に支払われる企業も!?

初任給はいつもらえるのか?のところでご紹介したパターン2が
5月に初任給が支払われる場合となります!

 

もう一度おさらいすると…当月末締めの、翌月10日払いのパターンの企業が該当します!

ただし支払日は翌月10日に限らず、翌月25日の場合など、こちらも会社によって
異なるため注意が必要です。

 

5月となると待ち遠しいと思いますが…初任給を何に使うかゆっくり考えつつ、
早く仕事に慣れるように頑張りたいものですね^^

 

初任給の使い道ランキングTOP5

毎年、ニュースで新社会人へ初任給の使い道を取材する様子が取り上げられているように、
初任給の使い道もまた気になりますよね^^

 

ここからは、そんな気になる初任給の使い道をランキング形式でご紹介!

 

第5位 旅行

学生時代は、なるべく安いプランで旅行するという方がほとんどだと思います。

社会人になり使えるお金が増え、今までよりはちょっと贅沢に旅行が出来るとなると、
社会人になったんだという実感が湧きますよね!

 

自分へのご褒美に、旅行にお金を使うのも良いですね♪

 

第4位 友人や恋人と外食

5位と同じく、学生時代に高いお金をかけられない食事を、ちょっと贅沢に楽しむという方も
多いようですね!

美味しいものを食べて、これから続く社会人生活への活力にしていきたいものです^^

 

第3位 自分のものを購入

[note]
  • 自分へのご褒美に、学生時代には手の届かなかったものを買う。
  • ひとり暮らしを始め、家具や家電を買い揃える。
  • 仕事で使うものを購入。
[/note] など…

 

用途は様々なものの、自分が欲しかったものを購入する方が多いようです!

初任給で買ったものは、思い出に残るモノとなりそうですね♪

 

第2位 貯金

使わずに貯金をするという方も多いようです!

いつどんなことが起こるか分からないこのご時世、備えあれば憂いなしというところでしょうか。

将来のために今は貯金をしておきたいという、堅実派が多いようですね。

 

第1位 両親へのプレゼント

やはり育ててもらった両親へのプレゼントが1位という結果でした!
[note]

  • 両親を食事に連れて行く
  • 欲しがっていたものをプレゼントする
  • 旅行へ連れて行く
[/note] といったことが定番のようです!

 

今まで苦労して育ててもらったくれた両親へ

初任給で稼いだお金を使って、両親にプレゼントを贈ったら、ご両親もきっと喜んでくれそう
ですよね♪

「あなたにおすすめの人気記事!」

初任給の手取りが少ない!?

社会人の給料は、学生時代のアルバイトとは違って、稼いだ金額がそのまま支払われる
という訳にはいかないのが現実です…

 

初めての給料日、楽しみに通帳を見てみたものの、自分が思っていたよりも少なかった…
なんていうことも。(T_T)

ここでは初任給をもらう上で、確認すべき内容についてご説明していきます!

 

初任給から引かれるお金は主に
[tip]

  • 税金
  • 保険料
[/tip] の2種類となっています。

 

これらは国に納めるべきお金であるため、支払いの義務があります。

では、この2種類のお金が具体的にどのようなものなのかを見ていきます!

 

所得税 (約3000〜4000円)

個人の所得(給与収入)に対して課される税金。毎月の給料から天引きされます。

所得税は1年単位で計算されるため、会社が概算した金額を毎月払うことになります!

そのため、概算した所得税の金額と実際に支払うべき所得税の金額の誤差を年末調整によって算出し、12月の給料で調整されます。

 

雇用保険料 (約1000円)

国の制度で失業した場合などに必要な給付を受けるために必要な保険料です。

4月の初任給では、この2つの金額が引かれたものが手取りの金額となります。

思っていたよりも少なくなっているのは、税金と保険料によるものなので、初任給をもらったら確認してみてください!

 

また、5月からは社会保険料も給料から引かれるようになります。

国民保険料と厚生年金料合わせて、約30000円ほどです。

初任給をもらった翌月からはさらに手取り額の少なさにびっくりしそうですね…

 

初任給をもらった翌月からもまた手取り額が変わってくるため要チェックですね!

 

色々と引かれる税金もありますが、自分で稼いだお金で賢くやりくりしていきたいものです。

スポンサーリンク

 

今回のチェックポイント!
  • 初任給は4月25日にもらえる会社が多い
  • 会社によっては5月に初任給をもらう場合もある
  • 初任給の使い道の第1位は「両親へのプレゼント」
  • 初任給の手取り額は、所得税と雇用保険料が引かれた金額

 

今回は新社会人にとって気になる、初任給の時期や金額についてご紹介しました!

 

毎月まとまったお金が入る反面、支払うべき金額も多くなります。

ですが、学生時代よりも使えるお金が増えることと思うので、頑張って働いて、稼いで、

賢くもたまには自分へのご褒美をしながら、早く社会人として一人前になれるように
精進したいものですね^^

関連記事

初任給,両親,プレゼントランキング

初任給で両親にプレゼント!迷った時のランキングTOP5

待ちに待った初任給を手に入れ、やっぱり最初の使い道として・・・ 育ててもらった両親へプレゼント

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑