簡単なスプレー缶の捨て方!中身が残っている時の処分は?

消臭剤や整髪剤、防虫剤などスプレー缶の商品を購入する機会も多いと思います。

 

買ったはいいものの、スプレータイプの商品ってなかなか使い切れないものですよね(._.)

使い切れないまま、長年放置してしまっているという方も多いのでは?

スプレー缶,捨て方,中身
いざ片付けようと思っても、スプレー缶の処理の仕方が分からず

結局、そのまま放置してしまうというパターンはありがちですよね!

私もそんな悩みを持つ1人です(/_;)

 

今回は、誰もが悩むスプレー缶の処理の仕方についてご説明していきたいと思います!

スポンサーリンク

スプレーの中身の残っている時は?

使い切れないまま、捨ててしまいたい時はどうすればいいのか?

という疑問をお持ちのみなさん!

 

スプレーの中身が残っている時には・・・

 

[tip]
  1. 屋外で噴射して使い切る
  2. 袋の中で噴射する
[/tip] の2つの方法があります。

 

まず始めに、屋外で噴射する時の方法についてご説明していきます!

 

風通しの良い屋外で噴射する

屋外で噴射し使い切る時の注意点は・・・
[warning]

  • 周りの迷惑にならないかどうか
  • 火気のない安全な場所かどうか
[/warning] こちらの2点をしっかり確認した上で噴射するのが大切です。

 

周りに燃えやすいもののない、広場のようなところで噴射するようにするのが良いですね

 

また、中身を出しきったかどうかは、
【缶を振って音が出ていないかどうかを確認する】のがポイントです!

チャプチャプと液体のような音がしたらまだ抜けきってないサインです。

もう少し缶の中身を噴射して、使い切るようにしていきましょう^^

 

袋の中で噴射する

近くにスプレー缶を噴射出来る場所が無かったり、近所迷惑になるのが心配。

という方は、袋の中で中身を噴射していくことをオススメします!

 

用意するもの
[note]

  • ビニール袋
  • 新聞紙またはトイレットペーパー
[/note] 2つのみです!!これなら家にあるもので出来ますよね

 

<手順>
  1. ビニール袋に新聞紙またはトイレットペーパーを丸めて入れる。
  2. 袋に入れた新聞紙等に吹きかけるようにスプレーを噴射していく。
    ※この時、十分に紙に吹きかけ吸わせるのがポイントです!
  3. シューという音がしなくなるまで噴射したら、袋はそのまま燃えるゴミへ。
  4. 缶は市で定められた方法で処分する。
このような流れになります!

 

これなら近所迷惑にならずに、簡単に中身を使い切ることができますね(^^)

但し必ず火気厳禁という事、特に空気乾燥している時は静電気にも注意することが必要です!

スポンサーリンク

安全に穴を開ける方法

中身を出した後は、どうやって缶を処分するかという問題に行き着きます…

使いきれてもここが問題点ですよね(/_;)

 

処分方法は各自治体の示す方法を確認し、穴を開ける必要があれば穴を空けて処分する
必要があります。


スプレー缶に穴を開けることは危険を伴うため、ここからは安全第一で行うための方法をご紹介しています!

 

一番は、専用の穴開け器具を購入することです。

100均でも「スプレー缶ガス抜き器」が販売されていますので、そんなにお金をかけず購入することができます!

 

他にも、釘やドライバーなど家にあるものを使って穴を開ける方法もあります。

 

手順
  1. 使いきったスプレー缶を横にして置く
    ※液漏れに備えて、下に新聞紙を敷く
  2. 穴を開ける面を軽く踏んでくぼみを付ける
  3. 釘やドライバーをハンマーで叩き穴を開ける
釘で穴を開けることが場合によっては缶の中を爆発させてしまうこともあります。

ガスを完全に抜いてから静電気に気を付けて火の気のないところで、なるべく専用の器具を購入して行った方が良いと言えます(*_*)

 

どうしても不安な時は、購入したスプレー缶のメーカーに問い合わせて確認するのも
良いと思います

安全な処分方法を教えてもらい、正しく処分することが大切です!

 

また缶の中には微量のガスが残っているので、穴を開けると

「プシュー」

と勢い良く残りのガスが抜けることもあります。

 

この時手が汚れるようなものでなければ良いですが・・・

塗料などの缶スプレーの場合手に塗料が付いてしまいますので、ゴム手袋をして穴を開けると手も汚れずに穴を開けることが出来ますよ!

 

穴を開ける時も、周りに燃えやすいものがないかどうかを確認し

安全に行うことを心がけたいですね^^

 

何ゴミ?捨て方は自治体で違う!

スプレー缶の分別は、住んでいる自治体によって異なります!

そのため、捨てる時には市のHPや分別表を読んで確認する必要があります。

基本的には、不燃ごみとして扱われていることが多いようです!

 

その場合は、中身を使い切り、穴を空けない状態で、他の不燃ごみと分けて中身の見える袋に入れてゴミとして出すことが一般的な処分方法となっています。

 

空き缶類と同様に分類されている地域では、スプレー缶は必ずガスを抜き、穴を空けて処分することが一般的です。

 

いずれもそのまま捨ててしまうと、ゴミ収集車の火災を引き起こしてしまうため

大事故にならないためにも注意が必要です(><)

 

お住まいの地域の処分方法に合わせて、正しい方法で処分するまでが、
購入した自分の義務となります!

分からないときはまず、自治体に問い合わせてみることが大切ですね!

 

穴を空けない地域もある!?

以前は穴を空けずにスプレー缶を処分し、収集車や焼却炉で爆発が起こるケースが多かったことから

「穴を空けた状態で捨ててください」と呼びかける自治体が多くみられました。

 

しかし最近では、スプレー缶に穴を開ける際に爆発し、火災へと繋がるケースが増えています。

そのため、中身を使い切った後は、
「穴を空けない状態で捨てるように定めている」地域も多く存在しています!

 

こちらも全国で統一されているということではなく、各自治体で定められているため、自分の住む地域のルールを知ることが重要です!

 

穴を空けずに捨てるように呼びかけている地域もあるということを覚えておくと、転居してルールが変わるといったような時も安心ですね(^^)

スポンサーリンク

 

今回のチェックポイント!
  • 中身は、火気のない屋外で噴射させ使い切る!
  • 穴を開ける時は専用の器具で開けるのが好ましい
  • スプレー缶の捨て方は、各自治体で定められたルールに従う!
  • 穴を空けずに処分することを呼びかける自治体も増えている

 

今回は誰もが一度は悩んだことがあるであろう

スプレー缶の捨て方についてご紹介していきましたがいかがでしたか?

 

思ったよりも簡単に処分できるものなのだと思いませんか^^

自分の住む地域のルールを把握し、正しい方法で溜まったスプレー缶を処分していきたい
ものですね!

関連記事

下駄箱,消臭,重曹

下駄箱の消臭には重曹が効果的?臭いを取る3つの方法

下駄箱の臭いって、結構キツイですよね・・・(=ω=; ) 革靴や運動靴は、どうしても臭いがち。

記事を読む

アイキャッチ

極上のゆで卵の茹で時間!水から茹でるのは間違い?

茹でるだけで簡単なハズのに、意外と思った硬さに出来ないゆで卵。 あなたがゆで卵を作る時の時間の

記事を読む

ヒメマルカツオブシムシ,駆除,方法

ヒメマルカツオブシムシを完全に駆除する方法!防虫剤の効果は?

幼虫の時は、毛虫みたいにゲジゲジしていて・・・ 成虫になると茶色い模様が特徴の虫といえば、そう

記事を読む

海,バーベキュー,必要な物

海でバーベキュー!女子の必要な物と必需品リスト!

夏といえば・・・海でバーベキュー♪ みんなでワイワイ楽しむにはもってこい!ですよね(*>∀&

記事を読む

浴衣,着付け,必要なもの,リスト

浴衣と帯で着付けは出来ている?知って得する5つの必要なものと必需品は!?

浴衣は5年ぐらい着ていないので、今年こそ着て花火大会に行きたいですshittoku!スタッフ まぽり

記事を読む

破れた,お札,交換

破れたお札はどこで交換してもらえるの?お店で使って大丈夫?

破れたお札って誰でも持ったことあるんじゃないですか? お札が破れた時は交換してもらえるの?

記事を読む

浴衣,ヘアアレンジ,簡単,ミディアム

ミディアムへアーの人!浴衣を着た時の簡単へアアレンジ集!

髪をベリーショートにしてしまったので、ヘアアレンジをしておしゃれに着飾ってみたいですshittoku

記事を読む

印鑑証明,取り方,場所

印鑑証明の取り方!発行してもらえる場所はどこ?

印鑑証明がコンビニでも取れる?! 簡単な取り方と便利な場所、知っていますか? 新

記事を読む

パート,103万,超えたら

パートで103万を超えたらどうなる?計算は手取り?交通費は含まれる?

パートのお給料、103万を超えてたらどうなるのか意識していますか? 子供が幼稚園に通う

記事を読む

引越し,転居届,必要

引っ越しの転居届は絶対必要?忘れたらどうなる?

引越しの転居届は後回しにしてもいい? 何のために必要なの? 旦那が会社から突然も

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑