寝ている時に足が「つる」原因、もしかして病気!?

寝ている時によく足がつりませんか?

痛みのせいで目は覚めてしまい、しばらく悶絶してしまいます。

足がつる,原因,病気
因みに「つる」という症状は筋肉が硬直して痙攣(けいれん)を起こしているようです(-_-;)

 

たまにならまだしも、頻繁に足がつってしまうと何か病気なのかと心配になりますよね。

もしかしたら、本当に病気が原因で足がつっているかも・・・!?

そこで、足がつる場合に考えられることをまとめてみました!

 

[help]
  • 足がつる原因
  • 足がつった時の対処法
  • 足がつらないための予防策
[/help] 足がつる時って片足だけのことが多くないですか?

片足だけ頻繁につってしまう原因から説明していきます。
スポンサーリンク

片足だけ頻繁につる原因

つる時は両足つるよりも片足だけつることが多い・・・なぜ?

 

足も手と全く同じで、よく使う効き足がありますよね?

それぞれつりやすい動きが異なるため、片足だけつることが多いんです^_^;

 

[tip]
  • よく使う足(効き足)・・・・・普段慣れていない動きをするとつりやすい
  • あまり使わない足(軸足)・・・激しい運動をするとつりやすい
[/tip] 足がつる原因でもっとも多いのがこの3つです。

 

[warning]
  1. 筋肉の使いすぎ
  2. 冷えによる血行不良
  3. 栄養不足
[/warning] 他にもミネラル不足、運動不足、水分不足など・・・

さまざまな原因が考えられますが、ほとんどが生活の乱れによるものが多いです。

 

まれに糖尿病や動脈不審などの病気の前触れと言われることもあるので、気になるようであれば一度病院に行くことをおすすめします。

 

それでは寝ているときに足がつった場合、どのようなことをすればいいのでしょうか。

スポンサーリンク

足がつったときの対処法

足がつった時は、つった部分の筋肉を伸ばすことが非常に大切です!

しっかり筋肉を伸ばすことで、徐々に痛みが引いてきます。

 

あなたは足の、どの部分がよくつりますか?

寝ている途中で足がつった時に、なるべくそのままの状態で出来る対処法をご紹介します(^_^)

 

ふくらはぎがつった時

足がつる,原因,病気
ふくらはぎがつった場合は、ふくらはぎの筋肉を伸ばしてみましょう!

 

ふくらはぎの筋肉を伸ばす方法
  1. 寝たまま足の裏を両手で掴む
  2. 膝はまっすぐ!
  3. 両手で掴んだ足の裏をグッと反らして伸ばす
膝を曲げてしまうと、あまりふくらはぎの筋肉が伸びません。

体に無理のない範囲で、なるべく曲げないように気を付けましょう!

 

太ももがつった時

太ももがつった場合は、太ももの裏の筋肉をしっかり伸ばしましょう。

 

太ももの裏の筋肉を伸ばす方法
  1. 横になった状態で足を上にあげる(角度はなるべく90度)
  2. 膝はなるべく曲げない
  3. 上にあげたまま、手前に少し反動を付けると伸びやすい

 

座った状態で壁を使って伸ばす方法
  1. 足の裏を壁にピッタリつける(なるべく上の方がいい)
  2. 膝は曲げずにまっすぐつける(この時点で結構伸びている)
  3. 更に膝をゆっくり押すとよく伸びる
筋肉を急激に伸ばしてしまうと、太ももの負担になり肉離れする可能性があります(>_<)

そのため筋肉はゆっくり伸ばすように心がけましょう!

 

足の指がつった時

足の指がつった場合は、足の指の筋肉を伸ばすことで痛みが和らぎます。

痛みがなくなるまでは、しっかり伸ばし続けましょう。

 

指の筋肉の伸ばし方
  1. 足の指の部分を両手で掴む
  2. まず指を上に引っ張る(ピンと伸ばす)
  3. 指を曲げないように反らす
先ほどもお伝えしましたが・・・

足がつる原因のひとつに、筋肉が冷えて血行不良を起こしていることが考えられます。

 

そのため、足がつっている部分を温めると痛みが和らぐことがあります(^_^)

筋肉を伸ばすだけではなく、つった部分をお湯につけてみてもいいですね!

 

「つる」ってどんな状態?

足の筋肉がギュッと縮まり痙攣(けいれん)している状態のことを、足が「つる」といいます。

縮まってしまった筋肉をゆっくり伸ばすことで痙攣は収まります。

足の場合が多いですが、筋肉がある場所ならどこでもつる可能性があります(>_<)

 

ところで足が「つる」「こむら返り」の違いって知っていますか?

 

こむら返りと「つる」の違い

「こむら返り」と「つる」は同じ症状ですが、筋肉の痙攣が起こる場所が違います。

 

[tip]
  • こむら返り・・・ふくらはぎ
  • つる・・・・・・全般(ふくらはぎも含む)
[/tip] こむら返りの「こむら」は漢字で書くと「腓」と書きます。

「腓」はふくらはぎのことなので、基本他の部分が痙攣したときに「こむら返り」は使えません。

 

一方「つる」という表現はどの部分が痙攣した場合にも使えるため、ふくらはぎが「つる」でも
問題ありません。

スポンサーリンク

つるに効果的な予防法

足がつるのを防ぐためには、不足している栄養素を補い、日頃から足の筋肉を柔らかくしておくようにしましょう(^_^)

 

食べ物で改善

ミネラルが不足してしまうと、筋肉が痙攣しやすくなり足がつってしまいます。

ミネラル不足は年齢の関係も有りますが、特に下痢をしていたり汗を沢山かいたあとはミネラル不足の状態と言えます。

ミネラルの他に足がつりやすい時に予防できる食べ物をまとめてみました。

 

[note]
  • ミネラル(カルシウム)・・・・牛乳、チーズ、小魚
    (マグネシウム)・・・アーモンド、油揚げ、ひじき
  • ビタミンB1・・・・・・・・・豚肉、たらこ、こんぶ
  • アミノ酸(タウリン)・・・・・イカ、タコ、ほたて
[/note]

 

頻繁に「つる」ときはストレッチ!

足がつる,原因,病気
よく足がつる場合は、日頃からストレッチをするようにしましょう。

ストレッチをすると血行が改善されて筋肉が柔らかくなり、足がつりにくくなります。

足のストレッチ(主にふくらはぎ)にはこのような方法がおすすめです!

(55秒~ストレッチの解説が始まります)

 

私もこのストレッチを行ってみましたが、ふくらはぎの筋が伸びているのが実感できました!

体もポカポカするし、むくみも解消されるのでぜひ取り入れていきましょう(^_^)

 

 

今回のチェックポイント!
  • 生活の乱れによって足がつることが多い
  • 足がつった場合はつった部分の筋肉を伸ばすことが大切
  • 日頃から食べ物に気を使ったりストレッチをすることで予防出来る

 

あなたは夜エアコンを付けて寝ますか?

特に暑い夜は、冷房を付けないとなかなか寝つけないですよね(>_<)

 

でも冷房を付けたまま寝てしまうと、体が冷えきってしまうため血行不良を起こしやすいんです。

そのため足がつってしまうこともあるため、エアコンのタイマー機能を活用して付けっぱなしにしないように気を付けましょう!

関連記事

歯石取り,痛い,知覚過敏

歯石取りが痛い!取った後は知覚過敏になりやすい?

日頃の歯のお手入れはとても大切です。 とはいえ自分一人では限界もありますから、そんな時は素直に歯医

記事を読む

低気圧,頭痛,対策

低気圧の頭痛の対策!頭痛薬で対処できないのは本当?

天気の悪い日に限って、よく頭痛って起きませんか? 低気圧が原因で頭痛がする人って、意外と多いん

記事を読む

熱中症かも!?頭痛と吐き気がした時の注意点!

7月になると暑さも厳しくなり、天気予報では熱中症に関して話されることも増えてきますよね。 熱中症と

記事を読む

ラジオ体操,時間,効果

ラジオ体操は時間で効果が変わる!?消費カロリーはどれぐらい?

ラジオ体操といえば朝!そんなイメージがありますが・・・ 実はラジオ体操って朝・昼・夕方・夜と時

記事を読む

熱中症の頭痛と吐き気!翌日まで続くときは重症かも!?

何だか頭痛や吐き気がする・・・ 調子が悪い時って、こういった症状はよく出ます。 安静にし

記事を読む

筋肉痛,治し方,太もも

即効の筋肉痛の治し方!太ももにはコレ!

突然ですが、部活動やトレーニングで太ももの筋肉痛に悩まされていませんか? 管理人は久しぶりにジムの

記事を読む

鼻毛,白髪,原因

鼻毛の白髪が増える原因!抜いても大丈夫?

鼻毛に白髪が生えてきた・・・( ;´・ω・) 初めて鼻毛に白髪が生えてきた時って、ものすごく衝撃的

記事を読む

しもやけ,治し方,足

しもやけの治し方!足に出来やすい原因と対策は?

小さい時は雪遊びをして手が真っ赤になっていましたshittoku!スタッフ まぽりんです\(^o^)

記事を読む

痛風,初期,症状

足が痛いアナタは痛風かも?初期症状の前触れと予防策!

毎週金曜日にはお酒を会社仲間と飲みに行き、いつもご飯は外食やコンビ二弁当という働く男性の方々。

記事を読む

あくび,止まらない,病気

寝たけどあくびが止まらない!それって病気?

季節の変わり目は寝ても寝ても寝たりないですshittoku!スタッフ まぽりんです(@_@;)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑