長崎の精霊流しin2016!地元民が言う交通規制の時間と見どころ

長崎でお盆を迎えるとなれば、「精霊流し」を見に行く事は欠かせませんね。

2016年はどこで見る予定ですか?
交通規制情報等、把握していますか?

精霊流し,長崎,2016

私が住む市内中心部では毎年、7月位になると各地で精霊流しの船が作られ始めます。
故人の霊を見送ると聞くとちょっとしんみりとした印象を持たれるかもしれません。

ですがっ。

実際の精霊流しは、その印象とはかなり違います。
今年もこの時期が来たか~っと、自身のワクワク感を否定する事ができません^^

そんな、地元民のわたくしが2016年の精霊流しの楽しみ方お伝えします(*^。^*)

スポンサーリンク

 今年の精霊流し!2016年の時間と場所は?

お盆に故人を見送る行事なので日程は毎年変わりません。

今年の日程はこちら↓
[note]

<2016年 精霊流し 日程と場所>

日程:2016年 8/15 月曜日
時間:16時頃~22時頃まで (雨でも開催)

場所:長崎市内各地の故人の家より
元船町の港(長崎夢彩都近く)へ向かって船が流れる

精霊流しの船の数:約1500隻

[/note]

船の最終地点とメインの通り道はこの辺りになります。

このメインの通りへ向かって、色々な場所から船が流れて来ます。
船がたどり着く場所なので、この場所にいるとすべての船が見ることが出来ます。

商業施設もある場所なので、ココを拠点に見るのもお勧めです。

暗くなってくると、精霊流しの賑やかさと港の海の静けさがマッチして、心地よい場所ですよ^^

精霊流しは交通規制の範囲と時間は?

車の走る道路を船が流れていきますので、交通規制がかかります。
長崎観光のメイン交通となる市電も走らなくなりますので、注意が必要です。

[tip]
  • 時間:船が多くなり始める17時頃~21時位まで
  • 範囲:長崎駅→大波止→出島 県庁前 中央橋→思案橋付近
[/tip]

船が一番多く通るメインの場所は、特に長い時間規制されるので気を付けて下さい。

 

ただし、長崎駅から精霊流しのメイン通りまでは歩いて行く事もできます。
色々な場所から船が流れてくるので、歩きながらでも充分楽しめます^^

市電は船が落ち着くと走り出すので、最終近くまで見る場合は帰りの心配は要りません。

 

そして、車での移動は精霊流しの時はお勧めできません!
何故かは後で、他の注意事項と共にご説明しますね(>_<)

スポンサーリンク

精霊流しの見どころ!定番の見物スポット

一番の定番スポットはメイン通りのど真ん中の「長崎県庁前」です。

ココ↓

2方向から進んできた船が交わり、最終地点に向かって坂道を下りていきます。
テレビ中継等で映し出される場所もココです。

船が交わる事により、一つ一つの船が止まる時間が長くなります。
ですので、船をじぃ~っくり出来ることが出来ますよ^^

 

精霊流しの船には故人を弔うご家族の方の想いがぎゅっと詰まっています。

精霊流しの船は故人が生前好きだった物等が一緒にかたどられているのが特徴です。
将棋のコマや釣り竿等、趣味が分かるものや好きな食べ物の絵が描かれていたりもします。

船の正面には遺影も飾られています。

中には、若くして亡くなられた方や小さい子の船、最近はペットの船等も流れます。
どんなに皆さんに慕われていた人なのかとても良く分かり、胸が熱くなります。

 

皆の想いを乗せて、賑やかに見送ろうという行事なので
是非多くの人に見て頂きたいと私は思います!

ですので、腰を据えてじっくりと見れる場所を個人的にはお勧めします。

地元民おすすめの見物スポットはここ!

そんな私のお勧めの場所はメインの中央橋より少し手前の浜の町アーケード前です。

地元の人たちは船が流れ始める頃から、沿道に座ってゆっくり船を見ます。
そんなスポットですので、船からのパフォーマンスもなかなかなものになります^^

本当はもう禁止されているので期待してはいけませんが、船が回ったりもするんですよね~。

 

そして、精霊流しで一番印象に残るものが爆竹の音です。
この爆竹、ただ1個2個を持って鳴らすわけじゃ~ありません!

段ボールごと燃え盛ったりしますよ~><

後、爆竹に次いでよく鳴らされるのが「やびや」ですね。
ロケット花火と言った方が伝わりますかね?

ひゅ~~~っんと音を立てて、飛んでいく棒の花火です。
これを皆、手からそのままバンバン上げまくります。

打ち上げ花火やパラシュート花火なんかもたくさん上がってスゴイ賑わう場所ですよ。

 

とにかく、花火の音が大変な事になりますので、耳栓が必須です。
精霊流しの日はコンビニでも売られているくらいの必需品なのです。

カップルでゆっくり話をしながら見れるお祭りではないですよっ!

しかも、デートで気合いを入れた格好をする予定なら気を付けてほしい事があります。

精霊流しをみるときは爆竹に注意!

精霊流し,長崎,2016

精霊流しの船と共に繰り出される爆竹は沿道の観客まで飛んでくるのです。
段ボールごと燃え盛る花火なんかの火の子も舞い上がり、熱さを感じる程です。

お気に入りのお洋服は避けて頂きたいです(―_―)!!

特にサテン生地なんか着ちゃうと、うっすらと穴が空いてしまうかもしれません。
足元にも爆竹が飛んできますので、慣れていない人は素足でもドキドキするかもですねー。

 

びっくりするぐらい、花火が飛びまわりますよ。
そこが見せ場の一つでもありますからね( *´艸`)

例年、警察の規制も厳しくなってきておとなしくはなってきていますが、、、
船を流している人たちは熱気に包まれています。

おいっ!という行為が繰り出す事もあります。

 

実際、私は船の横を車で走っていて目の前に爆竹を投げられた事があります((+_+))
車での移動をお勧めできない所はこれです。

ホイールにカスが詰まったりもしますし、この日は中心部へ車で移動するのは避けて下さいね。

精霊流しの2016年のまとめ

最終、爆竹の恐ろしさを強くお伝えしていまいましたが、
心構えさえあれば危険な事はありませんのでご安心を(*^。^*)

[note]
  • 2016年の日程は8/15 月曜で毎年日程は変わらない。
  • 交通規制がかかりメインの交通手段の市電が動かない
  • 定番の見物スポットは長崎県庁前
  • 穴場は浜の町アーケード前
  • 精霊流しを見る時は爆竹に注意!
[/note]

初盆に精霊流しの船を出される故人の方は本当にご家族に愛されていたんだと思います。
皆で、賑やかに見送る行事に私も参加するのが楽しみです。

船は大小様々で、手で持てるようなものから3~4隻が連なった大規模な物もあります。

 

爆竹は船の進む道を清める為に鳴らされる物らしいです。
とにかく賑やかですが、共に鳴らされる澄み切った鐘の音にもしんみりとお盆を感じます。

故人に思いを寄せる大事な行事を
皆で賑やかに迎える最高のお祭りだと思いますので、
ぜひ一度見に行ってみて下さいね(^^)v

スポンサーリンク

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑