お盆のお供え物の金額はいくら?香典のお金の相場は?

お盆に里帰りする時、お供え物ってどうしますか?

旦那の実家に行く時、何を用意したらいいの~?

お盆,お供え物,金額

地元を離れて暮らしているので、
お盆に実家に帰るのが、毎年の楽しみです( ^ω^ )

 

旦那も同じ地元なので、まとめて里帰りするのですが、
このときの最大の悩みがお盆ならではの「お供え物」です。

手土産だけでも悩むのに~><。

 

お義母さんになんとなく聞いても
気を遣わなくていいのよ~っていうし(-_-;)

でも嫁として、あまりにも常識はずれなことはしたくないっ!

 

ということで、今回はお盆のお供え物について
[help]

  • 金額の相場は?
  • お供え物は何がいい?
  • お金をお供えするときは?
  • 香典の書き方は?
[/help] について、調べてみました。

 

まずは、お供えものの相場はどれくらいなのかみてみましょう(*^。^*)

スポンサーリンク

お盆のお供え物の金額の相場は?

お盆のお供え物は、「3~5千円程の金額の品物」が相場になります。

そこのお家の人や故人との関係でも少し変わりますが、この位の金額が基本です。

 

すごくお世話になったから!という時も、あまり高価なものは避けた方が良いです。

お家の人も相場を分かっていますので、
少し受け取りにくい気持ちを持たれてしまいます。(-_-;)

お供え物にはどんなものが良い?

お盆のお供え物は、お菓子が代表的なものになります。

お金を包むのは初盆の時だけ(詳しくは後で説明しますね。)です。

 

お供えの品物で喜ばれるものは、
[tip]

  • お菓子
  • 飲み物
  • お花
  • 線香
[/tip] 等です。

 

逆に良くないものもありますよ><

お供え物に良くないもの

それほど、厳しい決まりはないのですが

 

[warning]
  • お肉
  • お魚
[/warning] だけは避けましょう!

理由は、お盆の時期には「殺生」をしてはいけないといわれているからです。

 

地域によってはかなり大切にされている習慣なのでこの2つは控えておきましょう。

お供え物のベストな選び方は?

お供え物は、その後どうするのかを考えると用意する時に選びやすいです^^

 

 

仏壇にお供えされた後は、ご家族や親せきなどの身内で分けます。
そのままその場で、皆で食べるか、もしくは持って帰ります。

 

これを踏まえて考えると
[tip]

  • みんなで食べることができる季節のフルーツ
  • 日持ちするお菓子
  • 分けやすい個別に包装されている品物
[/tip] が特に喜ばれます(*^_^*)

お盆のお供えに「のし紙」は必要なのか?

そして、この用意したお供え物はそのまま渡してはいけません。

品物をむき出しにしておくということが、大変失礼なことになるのです。

 

ですので、必ず「のし紙」を品物につけて下さい^^

のし紙の書き方

表書きは、上の枠に『御供』と漢字で書きます。

下には自分の名前を書きますよ。

苗字だけだけと区別がつきにくいので、名前までしっかり書いて下さい。

「水引」(みずびき:飾り紐)の色は?

「黒白または銀」、地域によっては「黄白」の「結び切り」を選びます。

掛け紙をかけてくれるお店の人はきちんと勉強されています。

ですので、どの地域にもっていくものか相談すると教えてもらえますよ(*^_^*)

スポンサーリンク

お盆の時期で違う!?お金をお供えする相場

お盆,お供え物,金額

初盆(はつぼん)のお供えだけは、現金(香典)をお供えします。

 

初盆とは、その方がなくなって49日後の初めて迎えるお盆の事をいいます。
(四十九日という忌明け前にお盆が来ると、次の年が初盆になります。)

 

初めてのお盆なので、毎年の習慣より大切に迎えることになります。

お盆提灯などを飾ったり、お寺様にお経を上げて頂くなどして皆でお参りします。
なので、初盆だけはお供え物も変わってくるのです。

 

この時は郵送などではなく、お線香をあげる時に手渡しできるようにしましょう。

初盆のお供えの相場は?

初盆の時に用意する現金は、5千円〜1万円程度が相場になります。

故人へお世話になった気持ちが大きい場合は、1万円包んで大丈夫です。

 

ちなみに、初盆以降にお金をお供えする場合は
2~3千円程度が一般的と言われます。

香典の表書きの書き方は?

用意する現金は香典袋に包んで
[note]

  • 御仏前
  • 御佛前
  • 御供物料
[/note] と書きます。

 

袋の水引は、
[important]

  • 黒白
  • 黒白銀
  • 黄白(どれも5本か7本)
  • 双銀(この場合7本か10本)
  • 結切り
  • あわじ結び
[/important] となります。

 

こちらも地域や宗派によって違うので、
お店や実家に聞くなどして確認してください ね(*^_^*)

お盆のお供え物の相場のまとめ

どうでしょうか?

お盆のお供え物について、
[tip]

  • お供え物の相場は3千円〜5千円
  • 日持ちするもの・小分けしてあるお菓子は喜ばれる
  • 初盆は5千円〜1万円の現金をお供えする
  • お盆用ののし紙や表書き
[/tip] といった内容をお伝えしました。

お金の相場やしきたりなど、地域によって差があるようなので、
これらの知識を持った上で、実家や家族に相談してみるのもよいでしょう(*^_^*)

 

親類の年齢層や趣向なども考えながら、
皆で楽しめるような品物を選ぶのが良さそうです♪

みなさんも、お供え物の心配・悩みは解消して、
素敵なお盆が過ごせるといいですね( ´ ▽ ` )ノ

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑