大人の常識、お盆の墓参りのマナーと作法!服装やお参りの時期はいつ?

公開日: : 最終更新日:2016/06/28 お盆

お盆の墓参りっていつ、どんな服装で行ったらいいの?

持っていくものってなに?

お盆,墓参り,マナー(作法)

お盆中に里帰りして、家族で墓参りにも行こうと思います。

今までは、親の後ろを付いて行くだけでしたが、
気が付けばもう私が母親(―_―)!!

 

私がそうしていた様に子供達は何でも私のマネをします。
この機会に、正しい墓参りの作法を教えてあげたいものです。

私自身も良き嫁になる為、常識ある行動を取りたい!なんて思います^^

 

でも、お盆中のお墓参りの マナーなど、実はよく知らないんですよね(~_~;)

 

そこで、お盆のお墓参りについて
[help]

  • マナーや作法は?
  • 持っていくものは?
  • どんな服装で?
  • いつ行く?
  • 行けない場合どうすればいいの?
[/help] について、調べてみました。

お盆のお墓参りのマナーと作法とは?

お盆のお墓参りは昔から大切にされているもっとも基本的な行事です。

お掃除から線香の上げ方、お供え物など、一般的な決まりごとがいくつかあります。

 

どのようにお墓参りをするのか、基本的な作法を確認しましょう♪

お盆のお墓参りは掃除から

お盆のお墓参りは、お掃除も兼ねています。

まずお墓に着いたら、お掃除から始めましょう♪

 

タオルや雑巾で墓石周りをキレイにし、雑草などが生えていた場合は抜きます。

この時、よく見かける「お墓に水をかける」ことは実はしてはいけません!

 

これは、ご先祖様に「冷や水を浴びせる」行為になってしまうのです。

正しくは、水はかけない方がよいとされているので要注意です!

拝む前にすること

お墓の掃除が終わったら、持参したお供え物をお供えします。

そして、お線香の束に火を付け、人数分に分けて墓石前にあげるのが一般的です。

 

つけた火を消す時は、線香だけでなくローソクも手であおいで消しましょう。

線香の火を口で吹き消すことは「仏様の火を穢す(けがす)」といって、
作法違反になってしまいます(~_~;)

 

線香は香炉の場合は立てて、線香皿の場合は横に寝かせてお供えします。

拝むときの作法は?

線香をあげ終わったら、日頃の感謝を込めてお参りします(*^_^*)

 

墓石の前で座り、胸の前で左右の手のひらを合わせます。
そのまま、軽く目を閉じて頭を30度ほど傾けましょう。

 

昔から「お墓参りは真心を供える」と言われます。

また、「来た時よりもその場所と自分の心を清めて帰る」ことが作法です。

 

お参りで自分自身の心まで、清めて頂けるなんてありがたいですね。

日頃のご先祖様への感謝を込めながら、自分とも向き合う時間にして下さい(*^_^*)

 

お墓から帰るときのマナー

しっかりとお参りできたら、きれいに後片付けをするのもお墓参りのマナーです。

お供えしたお花とお線香はそのままで大丈夫です。

 

しかし、お菓子などのお供え物は持って帰りましょう!

あとで、家族みんなで頂くのが一般的です(*^_^*)

 

食べ物のお供え物をそのままにしておくと、カラスなどが荒らされる危険があります。

せっかくお掃除したお墓が汚れてしまうので、必ず持ち帰るようにしましょう♪

 

また、寺院内に墓地がある場合は、先ずは本堂のご本尊をお参りに行って下さい。

この時、お寺のご住職へのご挨拶も忘れずに行いましょう!

お墓参りの前にチェックすべき持ち物

お墓参りに持っていくものは、事前にしっかり用意しておくと慌てずにすみますね^^

お墓参りの際に必要な物は
[note]

  • 生花
  • 線香
  • ローソク、マッチ、ライター
  • お供え物(菓子・飲み物・嗜好品など)、お供えに敷く半紙
  • タワシ、ホウキ、雑巾などの掃除用具、ゴミ袋
  • 手桶、ひしゃく(寺院や霊園の墓地だと、準備されている場合があります)
[/note] 等です。

 

活花は、菊の花などが一般的なものになります。

分かるならご先祖様の好きな花を用意したり、季節の花などにしても喜ばれますよ。

お墓参りするときの服装は?

お盆,墓参り,マナー(作法)

お盆中のお墓参りは特別な法要などでなければ、普段着で大丈夫です♪

かしこまった正装は必要ありません。

 

とはいえ、派手な色や夏だからといって露出度の多い服装は避けましょう。

きちんとした身支度を整えることが重要です。

 

ご先祖様に対してだけでなく、ご近所さんや他のご遺族の方にも会う機会です。

お互いに気持ち良くお墓参りができるようにしましょうね(*^_^*)

お盆のお墓参りの期間はいつからいつまで?

お盆とは、8月の13日から16日の4日間のことをいいます。

基本的には、この期間中にお墓参りに行くのが良いとされています♪

 

地方によっては暦の違いで7月にという所もあるので、
念の為前もって、ご家族に確認して下さいね。

ここでは、お盆の期間中のお墓参りがどのような意味を持つのかをみていきましょう(*^_^*)

お墓参りは8月13日の「迎え火」から

お墓参り期間の初日である8月13日は「迎え火」と呼ばれます。

この日は、ご先祖様を家に迎える日です。

 

そのため、地域によっては「お墓まで霊を迎えに行く」ところもあります。

この場合は、お墓参りをする時にお提灯に火を灯し、その火を消さずに
自宅まで持ち帰り、家の前で「迎え火」として松の割り木や麻幹(おがら)を焚きます。

 

お墓参りに行く習慣がない地域は、家で盆提灯に火を灯します♪

8月14日~15日はお墓参りの中日

中日の8月14日~15日は「法要する期間」とされます。

13日にお墓参りにいく習慣がない場合は、
この期間中にぜひ一度は家族全員でお墓参りに行きましょう( ^ω^ )

 

また初盆の場合は、この期間にお坊さんを呼んでお経をあげてもらいます。
初盆とは故人の四十九日の法要が終わってから最初に迎えるお盆のことをいいます。

大切にされる年になりますので、特に気をつけましょう。

8月16日の「送り火」がお墓参りの最終日

期間最終日の8月16日は、「送り火」といってご先祖様を送る日です。

「また来年、来て下さい」という気持ちを込めてご先祖様をお送りします。

 

地域によってお墓までご先祖様を送っていく場所もあるようです。

初日に灯をともした提灯は、この日に燃やすかお寺に納めましょう。

お墓参りに行けない場合はどうすれば良い?

お盆に行けない場合は、期間中よりも早くお墓参りに行くことがマナーです!

 

お墓が遠くにあったり、どうしても仕事が休めない!という人もいますよね。

どうしても夏が難しい場合には、お正月など帰省した時にお墓参りをするようにしましょう。

 

実家などに連絡をして、お参りに行けない旨を伝えておくことも大切です♪

そして何より、「ご先祖様への感謝の気持ち」を忘れないことが一番重要ですよ(*^_^*)

お盆のお墓参りのマナーのまとめ

どうでしょうか?

お盆のお墓参りついて、
[important]

  • お掃除と感謝を込めたお墓参りをする
  • 派手な格好を避けた普段着で大丈夫
  • 7月または8月の13日〜16日に一度は行く
  • お盆中に行けない場合は、早目に行くのが良い
[/important] といった内容をお伝えしました。

 

これで、子どもたちにもお盆の作法と一緒に、
お盆の大切な意味も教えることができるのではないでしょうか?

 

また、地域ごとに作法が異なるので、確認は必要です♪

私も日頃の感謝とともに、自分とも向き合えるようなお盆にしたいと思いました!

 

みなさんも、作法とマナーを守って、
気持ちが良いお墓参りができるといいですね ( ´ ▽ ` )ノ

関連記事

お盆 ,きゅうり,なす,地域

お盆の精霊馬はなすときゅうりだけじゃない!作り方は地域で違う!?

お盆にきゅうりとなすで精霊馬って作ります? 作らないお家は何が違うの(?_?) 何が正しいん

記事を読む

盆,灯篭,いつまで

盆に飾る灯篭!いつまで出しておくべき?

実家の仏壇の前を通ってトイレに行くのが怖かったshittoku!スタッフ まぽりんです(^^♪

記事を読む

お盆,お供え物,金額

お盆のお供え物の金額はいくら?香典のお金の相場は?

お盆に里帰りする時、お供え物ってどうしますか? 旦那の実家に行く時、何を用意したらいいの~?

記事を読む

お盆,海,川

お盆に海に入ってはいけない怖い話、危険な理由は?

「盆には水に近づくな」って小さい頃、言われませんでした? 一体、どんな理由があってそんなことが

記事を読む

海,クラゲ,時期

「お盆の海水浴場にクラゲが!」時期と対策をshittoku!

クラゲって遠めでみると可愛く見えますが、水族館で間近で見ると結構気持ち悪いなと思っているshitto

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑