白い彼岸花の花言葉とは?赤や黄で意味が違う!?

白い彼岸花って珍しいですよね!

もしかして、バラみたいに赤と白で花言葉が違う?

白い彼岸花,花言葉

先日、真っ赤な彼岸花の中にひょっこり白い彼岸花を発見^^

なんだか赤い彼岸花とはかなりイメージが違いました~!

 

赤の中で、シャキっと際立った白い彼岸花に興味がムクムク(*^。^*)

 

そこで、彼岸花の
[help]

  • 色別の花言葉は?
  • 毒?!
  • こわ~い噂?
[/help] について調べてみました(*^^)v

 

それでは、詳しくご紹介します!

スポンサーリンク

彼岸花の花言葉!色別の由来もある?

バラと同じ様に彼岸花も色によって花言葉が違いました。

また色も、私が見た白い彼岸花だけでなく、
海外にはオレンジピンクといった珍しいものがあるそうです(*^。^*)

 

しかし日本にある彼岸花は、白・黄・赤が一般的ですね。

それでは、その3種類それぞれの花言葉と由来をご紹介します。

白い彼岸花の花言葉

白い彼岸花の花言葉は
[note]

  • 「思うはあなた一人」
  • 「また会う日を楽しみに」
[/note] 等です。

切なそうな一途な思いが込められていますよね><。

 

そしてやはり、白い彼岸花が咲くのは珍しいのです。

彼岸花と鍾馗水仙(しょうきずいせん)という2種類が合わさって出来上がります。

 

今でこそ普通に栽培されていますが、昔はしくみが分かっていなかったようです。

赤の中にまれに混ざる白い彼岸花を特別に思い、
ひっそりと一途な思いを込めたのかもしれませんね^^

黄色い彼岸花の花言葉

黄色い彼岸花の花言葉は
[note]

  • 「追想(ついそう)」
  • 「深い思いやり」
  • 「陽気」
  • 「元気な心」
[/note] 等です。

追想とは、昔に思いをはせるという静かな様子。
元気な心とは、全く違うイメージをもちますよね(?_?)

 

追想・深い思いやりの花言葉は、
[important]

  • 花が咲くときに葉がない
  • 葉があるときには花がない
[/important] つまり、「花と葉が共にない」ところからつけられたのではないかと言われています。

 

違うイメージの陽気・元気な心の花言葉は、
[tip]

  • 気分を明るくする黄色
  • 反り返るようにしっかり広がる花弁の形
[/tip] からイメージがついた様に思われます(*^。^*)

 

そして実は、この黄色い彼岸花は彼岸花とは別種なのです。

正確には、彼岸花そのものではないと言われています。

 

なんと黄色い彼岸花のその正体こそが、白い彼岸花の元となる花でお伝えした
鍾馗水仙(しょうきずいせん)なのです^^

赤い彼岸花の花言葉

赤い彼岸花の花言葉は
[note]

  • 「情熱」
  • 「独立」
  • 「再開」
  • 「転生」
  • 「あきらめ」
  • 「悲しい思い出」
[/note] 等です。

 

情熱や独立の花言葉は、
[important]

  • くっきりと色鮮やかな赤い色
  • すっと咲き伸びている姿
[/important] からつけられたのでしょうね。

 

その他の花言葉は、お寺や川岸に咲いていることが多いことから、
お墓や三途の川に感じるイメージをつけられたようです。

 

素敵なお花なのですが、ネガティブなイメージのほうが大きいですよね(*_*;

なので、療養のお見舞いには使用しない方が無難なようです。

スポンサーリンク

彼岸花に毒があるのは本当?

白い彼岸花,花言葉

そしてなんと、彼岸花の鱗茎(りんけい)には有毒成分が含まれています。

鱗茎とはタマネギのように重なって層になっている球根の所を指します。

 

毒の主な名前は、リコリンやガランタミンといい他にも数十種類もの毒があります(*_*)

これを食べてしまうと、吐き気下痢、酷いときには神経麻痺をおこしてしまうこともあるのです!

ひっそりと咲くのは毒のせい?

この毒があるゆえに、彼岸花はお寺や川岸の近くというひっそりとした場所に咲きます。

もともと彼岸花は、日本の植物ではなく中国から帰化してきたお花です。

 

その時、他の農作物と混ざって収穫し、食べてしまう恐れのない様にと
離れた場所へ植えられてしまったのであります。

彼岸花の毒が役に立つ?

でも、不思議な事に彼岸花は飢饉(ききん)のときには食用として活躍していました。

今でも、石蒜(せきさん)という名前で漢方の生薬としても使われています。

 

これはなんと、水によく晒す(さらす)ことで有毒物質を抜くことができるから!

 

しかし、素人がやるにはなかなか難しいそうです。

自力で毒を抜いて食べるなんてことは危険なので絶対にやめておきましょうね^^

彼岸花の別名と怖い噂

昔の人は彼岸花に不吉で寂しいというイメージを持っていました。

だって、
[warning]

  • お墓のそばに咲く
  • 血飛沫(ちしぶき)のような形
  • 9月のお彼岸の時期に咲く
  • 有毒植物である
[/warning] という事実がありますもんね。

赤い彼岸花の花言葉の一部を見ても、どう捉えられていたかその様子が分かりますね。

 

ですので、怖い噂もチラホラあるのです(―_―)!!

彼岸花の怖い噂

昔の人はなんとこんなにも彼岸花に怖い噂というか、言い伝えを持っていました。

[note]
  • 彼岸花を家に持って帰ると火事になる
  • 彼岸花を家に飾ると親が早死にする
  • 彼岸花の咲いている中で寝ると死ぬ
  • 彼岸花を摘むと死人が出る
  • 彼岸花を摘むと手が腐る
  • 彼岸花は魂を吸い取る
  • 彼岸花は血を吸って赤い
[/note]

もちろん迷信なのですが、なんともゾッとしますよね。

 

これらは、子どもを彼岸花の毒から遠ざけるためのものだったようです。

昔の人の知恵ってスゴイですよね^^

 

また彼岸花には、色鮮やかで遠目でも目に留まる美しさがあります。

暗めのイメージとのギャップが、かなり昔の人の感性を刺激した様で、
なんと、彼岸花には別名や異名が1000以上もあるそうです。

彼岸花の別名

ネットで見つけた彼岸花の別名(異名)を集めてみました。

[important]
  • 曼珠沙華    (まんじゅしゃげ/かんじゅしゃか)
  • 死人花     (しびとばな)
  • 地獄花     (じごくばな)
  • 幽霊花     (ゆうれいばな)
  • 寒心花     (かんしんばな)
  • 剃刀花     (かみそりばな)
  • 相思花/相思華 (そうしばな)
  • 狐花      (きつねばな)
  • 捨子花     (すてごばな)
  • 毒花      (どくばな)
  • 痺れ花     (しびればな)
  • 天蓋花     (てんがいばな)
  • 狐の松明    (きつねのたいまつ)
  • 狐花      (きつねばな)
  • 葉見ず花見ず  (はみずはなみず)
  • 歯欠婆     (ハッカケババア)
  • 雷花      (かみなりばな)
  • 壱師の花    (いちしのはな)
  • 銀の鍵     (ぎんのかぎ)
[/important]

こんなにたくさんありました!

 

これでも1000ある別名のうちの一部だなんて、すごいですね。

彼岸花を英語にすると・・・?

また、彼岸花の英語名も複数あります。

[note]
  • cluster‐amaryllis (クラスター・アマリリス)
  • red spider lily    (レッド・スパイダー・リリー)
  • hurricane lily   (ハリケーン・リリー)
[/note]

スパイダー(蜘蛛)やハリケーン(台風)なんて、
かなりカッコいい名前で呼ばれているんですね^^

 

花からぴょんぴょん出ている細い触覚のようなものが蜘蛛の足に見えたのかな?

ハリケーン・リリーは、台風がよく来る9月に咲くことからだそうです。

 

また、学名からLycoris(リコリス)とも言いますが、
ハーブのリコリスとは別の植物です。(ハーブのリコリスのスペルはliquoriceです)

白い彼岸花の花言葉をまとめると…

彼岸花について、意外なことが知れましたか?

なんだか創作意欲が掻き立てられそうな意味や別名ばかりでしたね^^

[tip]
  • 色で花言葉が違う
  • 毒がある!
  • 毒を避ける為に怖い噂がある
[/tip] ことが分かりました。

 

不吉なイメージの多い花ですが、実際の花言葉は素敵なものばかり。

怖い噂は昔のもの!と割り切って見てみると、むしろ、
芯の通った前向きな印象が持てました。

 

また、白い彼岸花に出会えたらいいなと思います(*^。^*)

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑