切った梨の保存方法!常温保存と冷蔵庫の保存期間を調べてみた。

食べ残した梨ってどうする?

正しい保存の方法は?

梨,保存,方法

いっぱい人が来たので、頂き物の梨を出したけど
さすがに剥きすぎたっ(―_―)!!

 

これ以上、誰も食べそうにないけど、どうすればいい?

剥いてない梨もまだ2.3個あるんだけど・・・。

 

ということで、少しでも美味しい状態を保てるように
[help]

  • 切った梨の保存方法
  • 冷凍保存もできる?
  • 梨の正しい保存方法は?
[/help] について、調べてみました。

 

まずは、早急な対応が必要な切った梨の保存方法からお伝えしますね。

スポンサーリンク

切った梨の保存方法と保存期間

切った梨を保存するには、梨の「酸化」を防がないといけません。

酸化とは物がサビていくことと同じ状態で、あまり良い事ではありません。

 

リンゴの色がだんだん変色していくのを見た事ってありますよね?

梨もそれと同じで、そのままにしておくと少しずつ美味しさが損なわれます。

 

皮をむいてしまうと実が空気にふれて酸化してしまうのです。

ですので、
[tip]

  • 塩水につける
  • レモン汁をかける
  • 砂糖水につける
[/tip] 等の対処法が必要です。

 

塩やレモンは、少し梨の味が変わってしまうこともありますので、
私からは砂糖水をお勧めします^^

この時の水の量は、梨全部がつかるくらいを用意して下さいね。

切った梨を常温保存した時の保存期間

酸化の対策をして、少し時間を置くだけで食べれそうなら、
そのまま常温で保存して問題ありません。

しかし常温で保存する場合は、ぜひその日のうちに食べることをお勧めします。

切った梨を冷蔵庫で保存する方法!保存期間はどれぐらい?

冷蔵庫に保存するなら、切った梨は1~2日位なら美味しさを保てます。

 

塩水や砂糖水に浸した梨をそのままラップでしっかりと包んで下さい。

ふたがシッカリと閉まるなら、容器に入れても大丈夫です^^

 

でも、時間と共に味が少しづつ落ちていくことは、防ぎようがありません(*_*;

冷蔵庫の保存でもできるだけ早く食べてほしいです!

切った梨は冷凍保存できるのか?保存方法と保存期間は?

どうしても食べれない場合、なんと梨は冷凍保存ができます。

しかしこの場合、切ったそのままの状態ではあまりよろしくありません。

 

いざ食べる時に解凍すると、ドローっとした状態になってしまいます(*_*;

ですので、冷凍保存する時は下処理が必要です。

 

下処理の方法は
[note]

  • 切った梨をミキサーにかける
  • 酸化を防ぐためレモン汁を混ぜる
  • 密閉できる容器に平らにいれる
[/note]

こうすることで、冷凍庫で保存でき1ヶ月程美味しさを保てます。

 

冷凍した梨は半解凍の状態で、ザクザクとかき混ぜてシャーベット状
食べると美味しいですよ(*^。^*)

 

では、切る前の梨の保存についてもお伝えしますね。

スポンサーリンク

切る前の梨を保存するのはどうすれば良い?

梨,保存,方法

切る前の梨の正しい保存方法は「常温」です。

ただし、気温が高い時は涼しい場所に置くことを心がけて下さいね。

 

でも、常温より、冷えた梨の方がますます美味しく感じませんか?

この美味しく感じるのって本当なんですよ。

正しく保存した梨の食べ方

常温で保存した梨のベストな食べ方は、食べる1時間位前冷蔵庫に入れることです。

なんと梨の甘味の成分って、冷えることで変化して3倍も甘くなるんですって(*^。^*)

 

でも、だからと言ってずーっと冷蔵庫に保存するのは良くないんですよね(*_*;

ずっと冷蔵庫で保存すると、どうしても梨は乾燥してしまいます。

保存期間はどれぐらい?

涼しい場所に保存した梨は3~4日間位は美味しく食べれます。

だいたいの梨は、熟して美味しくなるものではありません。

なるべく早く食べることを心がけ下さいね^^

 

しかし、どうしても数日では食べきれない時もあります(*_*;

切る前の梨を長く保存するには?

そんな時には、乾燥を防ぐ対策をすることで、冷蔵庫で保存できます。

冷蔵庫に入れた場合は、1週間~10日程、保存期間が延びますよ。

 

週末にまとめて食べたい時なんかは良いですよね^^

 

乾燥を防ぐ対策は
[important]

  • 新聞紙にくるむ
  • ラップで巻く
  • 更にビニールに入れる
[/important] ことです。

 

お店で売ってある状態の様にピッッタリとラップを巻くことがコツですね^^

また、梨の甘味はお尻部分の方が大きいので、ヘタを下に向けて
保存することで、甘味を均一にでき、より美味しく食べれますよ♪

梨の種類によって保存方法や保存期間は違う?

梨には「幸水」・「豊水」や「二十世紀」等の沢山の種類があります。

保存期間は、それぞれの種類によって違います。

 

長く保存できることを武器に作られている種類の梨は
何と常温で1ヶ月も保存できるそうです。

 

しかし、どの梨でも保存方法は同じです。

乾燥を防ぐこと、切った場合は酸化を防ぐことに気を付けて下さい^^

 

また、梨は熟していかないのでお早めにとお伝えしましたが、
洋梨だけは別で、甘味が増していきます。

ラ・フランス等を食べる時は、少し時間を置いて甘くなる瞬間を狙いましょう(*^。^*)

切った梨の保存方法をまとめると…

お伝えしたことは
[note]

  • 切った梨は酸化を防ぐ
  • 切る前は乾燥を防ぐ
  • 冷凍保存もできる
[/note] などでした。

 

ちなみに、冷凍保存した梨はソースにしても美味しいそうです!

お肉にかけることで、お肉を軟らかくさせる元も持っています^^

 

箱ごと頂くこともあるので、冷凍保存も挑戦してみたいなと思います。

 

でも、食べ過ぎてしまうとこんな危険もあるそうですよ(*_*)

「梨アレルギー」についての記事はこちら!

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑