銀杏の3つの美味しい食べ方!簡単に実をとる方法は?

銀杏の食べ方なんて分かんない!

簡単に美味しく食べれるの?

銀杏,食べ方,簡単

近所のおばあちゃんに銀杏を大量にもらいました!

ぜひ、旦那さんのビールのつまみにって言われたから
喜んでもらったけど…。

 

銀杏なんて、茶椀蒸しに入ってるのを食べたことしかないし、
自分で処理をして調理したことなんてない!(-_-;)

 

しかし、せっかく頂いたのに無駄にしてはもったいない!

と、いうことで銀杏の
[tip]

  • 美味しい食べ方
  • 簡単レシピ
  • 下処理の方法
[/tip] について調べてみました^^

スポンサーリンク

超簡単!銀杏を美味しく食べる3つの食べ方

銀杏を美味しく食べる味付けはとても簡単です。

なんと味付けは全て「塩のみ!

 

火を通すには3つの方法がありますので、それぞれご紹介しますね。

 

一番簡単!手軽な食べ方

まず、1番簡単なのは、レンジでチン!です^^

家にある茶封筒などに入れて、口を折り曲げ、
500W~600Wで1分~1分半チンするだけでいいんです。

 

この時、爆発しない様に
[warning]

  • ペンチ
  • 金づち
  • 包丁の柄
[/warning] 等で殻にヒビを入れて下さいね。

 

または、専用の銀杏割りなんかもありますよ^^

 

美味しく食べるための加熱の仕方

フライパンで調理するには、レンジの時と同じようにヒビを入れた銀杏を使います。

中火でコロコロと転がしながら炒めるだけで炒り銀杏が出来上がります。

 

やっぱり自分で火を通すと、料理した気分にもなるし美味しさが増しますよね^^

水分が飛ぶので手で簡単に殻が割れるようになり、
手の中でコロコロ転がすと薄皮もむけますよ。

 

簡単かつ美味しい!銀杏レシピ

また、ビールのおつまみに一番お勧めなのが銀杏のから揚げです。

炒り銀杏の要領で殻を剥いた銀杏を、薄皮のついたまま油で揚げます。

 

揚げ物は少し手間かもしれませんが、油も少量で火の通りも早いそうなので、
割とささっとできそうです^^

 

何より、味付けがというのがお手軽ですよね!

これならすぐに挑戦できそうです(*´▽`*)

スポンサーリンク

銀杏を大量にもらった時の簡単レシピ

銀杏,食べ方,簡単

また、銀杏を大量にもらってしまった場合は、
お肉と一緒に炒めたり、炊き込みごはんにしてもおいしいです。

 

ただ、銀杏を1日に大量に食べてしまうと、
中毒症状が出ることがあるとのこと。

 

個人差はあるそうですが、1日の摂取量の目安は
[warning]

  • 成人…10粒
  • 子供…3粒
[/warning] です。

 

ですので、大量にもらった場合は保存しておくこともおススメします^^

 

大量の銀杏を保存する方法

銀杏は冷凍保存ができます。

 

保存の下処理の仕方は
[note]

  1. 沸騰させたお湯にひとつまみの塩を入れる
  2. 殻を割った銀杏を入れる
  3. おたまの背を軽く押し付けて転がして薄皮を取る
  4. 数分茹でたら出来上がり
[/note]

 

あとは数個ずつ、ラップで包んで冷凍します。

小分けにしておくことで、少しずつ色々な方法で銀杏を楽しめますね^^

 

銀杏の実を殻から簡単に取る方法

また、冷凍保存用に茹でる場合も、何かの料理に銀杏を使いたい場合も、
銀杏のを殻から取るのに、1番簡単な方法は先ほどの「電子レンジでチン」です。

 

時間もかからない上に、封筒に入れておけばはじけてしまっても、
殻が飛び散らないので、掃除も手間もありません。

 

食べる前の下処理

ただしもし、果肉が付いた状態の銀杏であれば、食べる前に下処理が必要です。

下処理の方法は銀杏をに浸して腐らせるか、に埋めて腐らせるかです。

 

どちらにしても水洗いが必要なので、少し大変かもしれませんが、
腐らせずにネットに入れてごしごし洗って果肉を落とすでも良いでしょう。

 

果肉を取ったあとは、1日天日干しをして乾かしてから料理に使って下さい。

その後、ごしごし洗えば果肉は簡単におちます。

 

下処理で大事な注意点

この時大切な注意点は、
[warning]

  • 臭いが強いので、できれば屋外で行う
  • 手が荒れるので必ずゴム手袋をして触る
[/warning] 事です。

 

詳しい方法と銀杏の注意どころは、
銀杏中毒の10の症状とは?食べ過ぎには要注意!
にも目を通してみて下さい^^

 

銀杏の食べ方と簡単な下処理をまとめると…

銀杏にも美味しくて簡単なレシピがありましたね。

 

[note]
  • レンジでチン
  • フライパンで炒る
  • 揚げ物にする
  • 食べ過ぎはよくないので冷凍保存できる
  • 果肉は必ず下処理をする
[/note] といったことが分かりました!

 

冷凍保存しつつ、少量ずつ美味しく食べるのが良さそうですね。

果肉があると少し厄介ですが、殻を取ったり調理すること自体はとても簡単で
使いやすい食材なようです。

 

私も小学校にイチョウの木があり、落ちた銀杏の臭いが強烈だったことを覚えています。

腐らせると臭いもキツそうですし、できれば近くの川などで
ごしごし洗って果肉を落とせると良いですね。

 

食べ過ぎと手荒れには十分注意して、秋の味覚を楽しんでみようと思います^^

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑