大人のマイコプラズマ肺炎の症状!感染からの潜伏期間と治療方法は?

もしかして、マイコプラズマに感染した?

症状は大人も子供も同じ?

マイコプラズマ,症状,大人

旦那が突然の発熱と激しい咳で苦しんでます(*_*)

これ、子供の幼稚園で「流行ってます」って説明があった
マイコプラズマ肺炎の症状と全く一緒なんですけど…?

 

風邪薬飲んで寝るって言ってるけど、それで効くの?!
大人は出勤停止にならないの?

 

と、疑問がいっぱいだったので、
[tip]

  • 症状
  • 感染経路と潜伏期間
  • 出勤は?
  • 治療方法
[/tip] について調べてみました!

スポンサーリンク

大人のマイコプラズマ肺炎の10の症状

「大人」がマイコプラズマ肺炎にかかった場合、症状は子供と一緒です。

一番の特徴は何と言っても、何週間も長引く激しい「」ですね。

 

しかしその他の症状は、風邪と見分けがつきにくいものばかりなのです(*_*;

 

マイコプラズマが引き起こす症状

マイコプラズマ肺炎にかかる原因は、その名前のまま「マイコプラズマ」という細菌が原因です。

これが気管支に張り付くことで、こういった症状が起こります。

 

[tip]

・乾いた咳

・喉の痛み

・頭痛

・発熱(微熱~高熱まで様々)

・気だるい

・鼻水

・発疹

[/tip]

 

乾いた咳とは、音に表わすと「コンコン」といった感じですね。

ちなみに湿った咳は「ゴホンゴホン」という感じで違いがあります。

 

 

また、マイコプラズマはどんどん菌独自で増殖します。

そうなると気管支にいたマイコプラズマが消化器官まで下りていくこともあります。

 

そうなると
[warning]

・おう吐

・腹痛

・下痢

[/warning] などといった症状も現れます。

 

体が異物を追い出そうと反応している結果、様々な症状が出てしまうのですね。

どの部分の反応が大きくなるかは人それぞれです。

 

症状が重症化する可能性のある大人

気管支喘息等の持病を持った人だと、
喘息の吸入だけでは発作が治まらないといったことが起こりえます。

 

元々アレルギー体質な人は、異物への反応が大きくなるので
発疹が全身に広がる可能性もあります。

 

また、激しい咳で体力が奪われ他の病気をも引き起こす原因にもなります。

特に中耳炎間接炎等が合併症として挙げられています。

 

大人でも特に年配の方のマイコプラズマ肺炎はしっかりとした対処が必要ですね。

では、こんな危険のある細菌はどうやって体に入ってしまうのでしょうか。

スポンサーリンク

マイコプラズマ肺炎は感染する?

マイコプラズマ,症状,大人

マイコプラズマ肺炎の菌は、人のくしゃみで他の人の身体へと感染します。

菌であるマイコプラズマの大きさはわずか0.000001ミリメートルです。

 

その菌が人に届く距離は1~2メートル程。

特に親しくない人とも十分にあり得る距離ですよね(*_*)

 

人から人へと次々に感染する病気なので、流行る時期が来るのです!

流行り病というと子供達の病気という気がしますが、もちろん大人も感染します。

 

大人がマイコプラズマに感染する原因

大人がマイコプラズマに感染する一番の原因は「免疫が無くなる」ということです。

マイコプラズマ肺炎の免疫は一度できても時間が経つと無くなってしまうのです。

 

何度も繰り返しかかってしまうので、いつまでも人から人へ感染するのですね(-_-;)

 

また、5歳未満の子どもは、症状が軽いか発症しないといった特徴があります。

小さいお子さんと一緒に住んでいる方は知らないうちに感染という可能性も高いです!

 

感染してからの潜伏期間

更に、感染してから発症するまでの潜伏期間は1~3週間とされています。

結構長いですよね(*_*)

そして、もちろんこの期間にも感染しますからね!

 

流行するはずだ(―_―)!!

と、いうことはやはり出勤停止!なのでしょうか?

 

マイコプラズマ肺炎に感染した時は出勤できる?

しかし、マイコプラズマ肺炎に感染した場合は、出勤停止になることはないそうです。

 

ただし、会社の規定があれば別ですね。

でも、そこまで細かく設定されている所は少ないかもです(-_-;)

 

ただ、お伝えしたように潜伏期間も長く1~2mで感染します!

流行りの原点が自分にならない様にマスク・手洗い・うがいは徹底するべきです。

 

マイコプラズマ肺炎に感染した時の治療は?

マイコプラズマ,症状,大人

また、マイコプラズマ肺炎に感染した時は有効な治療方法があります。

その為にも、早期発見が大事ですのでおかしいと思ったら必ず病院へ行きましょう!

 

病院は何科に行けば良い?

その際の病院は、内科呼吸器内科を受診するのが良いとされます。

耳鼻咽喉科やアレルギー科、呼吸器科などの専門科でも診てもらえますが、
風邪の症状とも似ているので、内科が無難な選択と言えます。

 

検査方法

検査方法は、問診・血液検査・レントゲン等です。

結果がすぐにわかる病院であれば、長時間待たずに診断してもらえます。

 

病院によっても検査の仕方や結果のでる時間が違うかもしれませんので、
まずは信頼できる、自分のかかりつけ医に診てもらうという選択もありですね^^

 

治療期間

また治療期間は、数週間~数か月と長期化することもあります。

一概にどれくらい治療すれば治ると言えるものではないようです。

 

熱が下がっても咳だけが何週間も続いたり、重篤化して入院に至る場合もあります。

症状がなくなっても、体内にはまだ菌がいることも考えられます。

 

自分の症状の出方や重さを診てもらい、適切な期間の治療を行いましょう。

 

マイコプラズマ肺炎に効く薬

なにより、マイコプラズマ肺炎には有効な抗生剤があります。

ですので、風邪薬咳止め薬を飲んだからといって治るものではありません!!

 

しかも、抗生物質ならなんでも良いというわけではないのです。

その為にも、きちんと病院へかかることが大事になってきますね^^

 

手元にあるからと言ってむやみに薬を飲むよりも、効果的な薬
早く的確に治していきましょう!

 

大人のマイコプラズマ肺炎の症状をまとめると

マイコプラズマ肺炎の特徴は
[note]

  • 風邪に似た症状
  • 発熱・乾いた咳
  • 感染する
  • 免疫が長持ちしない
  • 適切な抗生剤がある
[/note] ということでした。

 

とくかく早めに受診して、適切な薬を服用することが1番早い完治の方法なようです。

 

ただ、咳が遅れて出た場合や症状の出方によっては、医師が判断を誤り
風邪と診断されることもあるそうです。

もし、処方された薬でも治らない場合は、早めにセカンドオピニオンで
他の病院を受診しても良いかもしれません。

 

少しでも、あれ?と思ったら、色々な可能性を疑って、早めに受診しましょう!

と、いうことで取り合えず明日、旦那も病院へ向かわせますね><。

スポンサーリンク

関連記事

歯石取り,痛い,知覚過敏

歯石取りが痛い!取った後は知覚過敏になりやすい?

日頃の歯のお手入れはとても大切です。 とはいえ自分一人では限界もありますから、そんな時は素直に歯医

記事を読む

足がつる,原因,病気

寝ている時に足が「つる」原因、もしかして病気!?

寝ている時によく足がつりませんか? 痛みのせいで目は覚めてしまい、しばらく悶絶してしまいます。

記事を読む

鼻毛,白髪,原因

鼻毛の白髪が増える原因!抜いても大丈夫?

鼻毛に白髪が生えてきた・・・( ;´・ω・) 初めて鼻毛に白髪が生えてきた時って、ものすごく衝撃的

記事を読む

春,眠い,なぜ

春、眠いのはなぜ?3つの原因と対策とは?

春になると、日中でも眠い!といった経験はありませんか? しっかり睡眠はとっているはずなのに、なんだ

記事を読む

食後,眠気,原因

食後の眠気がひどいのは異常?3つの原因って何!?

美味しく昼ご飯を食べた後に、さあ仕事するぞ! と思ったら眠くなってきちゃった・・・ こん

記事を読む

目が回る,病気,吐き気

目が回る病気とは?!同時に吐き気もしたら要注意!

目が回る病気とは? 朝、突然の目まいと吐き気で目が覚めたことはありませんか? 仕事や子育て、

記事を読む

寝起き,頭痛,原因

寝起きの頭痛!目の奥やこめかみが痛い原因は何!?

昼寝は大体2時間ぐらいすると頭がさえますshittoku!スタッフ まぽりんです(^O^)/

記事を読む

ニキビ,芯,取り方

ニキビの芯を出すと早く治る!?正しい取り方はある?

ニキビが出来るとその日はとにかく憂鬱になりますよね。 痛いし何かと気になるし、仕事に手がつかな

記事を読む

RSウイルス,症状,大人,治療

大人に感染しない!?RSウイルスの気になる症状と治療法は?

風疹やおたふく風邪を小さいときにしていないので、大人になってかかるのではないかと心配しているshit

記事を読む

しもやけ,治し方,足

しもやけの治し方!足に出来やすい原因と対策は?

小さい時は雪遊びをして手が真っ赤になっていましたshittoku!スタッフ まぽりんです\(^o^)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑