木枯らし一号が気象庁で発表される条件!春一番との違いは?

今日の風は木枯らし一号?

気象庁で発表される条件って何?

木枯らし,一号,条件

かなり強い風が吹いてきました~(*_*;

今週末、遠出する予定があるけど冷え込むのかな?
と、思っていたのに特にニュースになってない!(-_-;)

 

気になったので木枯らし一号について
[help]

  • 条件
  • 報道される理由
  • 2号や3号もある?
  • 春の風はなぜ「番」?
[/help] といった点について調べてみました^^

スポンサーリンク

木枯らし一号が気象庁で発表される条件とは?

木枯らし一号が気象庁から発表されるには
[important]

  • 気圧の配置
  • 期間
  • 風の強さ
  • 風向き
[/important] という4つもの条件が課せられています。

 

秋から冬にかけてのなんとなく強い風、といったイメージでしたが
ちゃんと条件があるんですね(*_*;

 

木枯らしとは

木枯らしになる風とは、ユーラシア大陸側から吹いてくる冬の季節風です。

この風は日本へ向かう途中の海で水分を補給します。

木枯らし,一号,条件

そのまま、日本に到着すると雨や雪を降らせます。

しかし、この時に水分を失っても尚、として突き進むのです!

 

ですので、日本の太平洋側で乾燥した強い風としてが吹くのですね。

 

木枯らし一号が発表される4つの条件

そして、その木枯らしの「一号」とカウントされる条件は細かく設定されてあり、
またすべての条件を満たさないといけません。

一つずつ細かく見ていきましょう!

 

冬型の気圧配置であること

西日本側に高気圧があり、北海道側に低気圧がある、いわゆる「西高東低」の状態です。

こういった気圧配置になることで、冬の乾燥した冷たい空気へと変わっていきます。

 

期間は10月後半~12月末であること

気圧の配置をクリアするうえでもここら辺が普通なのですが、詳しくは
10月23日~12月21日(冬至)までと設定されています。

もし早くに吹いたとしたら、フライングで一号の称号はもらえないということですね。

 

風の強さが最大風速8m/sである

1秒間で8メートル進む速さの風であるということです。

また、瞬間最大風速ではなく「最大風速」ですので10分間の平均風速になります。

 

天気予報でやや強い風と表現されるのは10m/s位からです。

これと比べると8m/sでは少し弱い気もしますが、平均という点で瞬間最大風速が
重要になってくるのですね^^

 

ちなみに発表されるときは、瞬間の方の風速が発表されます。

 

風向きが西北西か北である

ユーラシア大陸から吹いてくる季節風であることが重要です。

そのため、その風がどちらから吹いてきた風なのかも大事になります。

 

このような条件をすべてクリアすることで木枯らし1号と認定されるのですね。

スポンサーリンク

木枯らし一号が吹くとニュースになるのはなぜ?

では、木枯らし一号がなぜニュースで報道されるかというと、
[warning]

・寒くなる

・風が危険

[/warning] といった理由があるからです。

 

木枯らし一号が吹いた日から、気温はぐっと下がります。

過去の情報では日中に20℃あった気温が夜には10℃まで下がったほどです。

 

体調にもかなり気をつけなければいけない時期になりますね。

 

また木枯らし1号の瞬間最大風速は、過去の発表の平均を見ると17m/s程です。

この数字は風に対する警報が発令される基準値と同じです。

 

ですので、風で危険が起こりますよ!という注意を呼びかけるためでもあります。

では、そういった呼びかけは何回も起こるのでしょうか?

 

2号や3号はあるの?

木枯らし,一号,条件

実は木枯らし一号には続いて、2号や3号が吹くこともあります。

しかし、一号の発表があったことで寒さについての心構えができています。

 

ですので、何回も報道されるということはないのですね。

 

またこの「一号」というのは、春に吹く風と呼び方が違いますよね?

 

春一番との呼び方の違い

春の訪れを告げる「春一番」は「」と数えられ、木枯らしは「」です。

この二つがなぜ違う呼び方をするかは、それぞれの由来が原因であります。

 

木枯らしが一号と数えられるのは気象庁が設定した言葉だからです。

台風も1号・2号と数えられるのと同じですね^^

 

しかし、春一番はもともと気象用語ではありませんでした。

春の強い風に船を荒らされた漁師さん達が使い出した言葉なんだそうです。

 

だからこそ、同じ風なのに呼び方が違ってきているのですね。

 

関東地方と近畿地方でしか発表がされないって本当?

また木枯らし一号の発表は重要とお伝えしてきましたが、
実はこの発表は、関東地方近畿地方でしかありません。

 

この理由を探してみると
[note]

  • 中心部だから
  • 人口が多いから
  • マスコミへのネタ提供
  • 需要がない
[/note] といった様々な理由がありました。

私としては太平洋側で吹く風だから?と思いましたが、真相はどこでしょうねぇ(*_*;

 

ちなみに、一号の条件を満たせる風が吹かないまま冬至を過ぎてしまったときは
木枯らし一号の発表もないまま終わるという年もありますよ^^

今年はどうでしょうね~。

 

木枯らし一号の条件をまとめると…

木枯らし一号は
[important]

  • 条件がしっかり設定してある
  • 寒さと風の危険で発表される
  • 春一番とは由来が違う
  • 発表は関東と近畿のみ
[/important] といったことをお伝えしました。

 

しかし、自分の住む地域では発表されていなかったなんて知りませんでした。

普通にニュースで耳にしますもんね~(-_-;)

 

トレンチコートの裾がバサバサ~っとめくれ上がるイメージがありますが、
都会の話なんだなぁ…と思いました(;^_^A

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑