七五三の時期はいつ?2016年の対象年齢は?

うちの子の七五三はいつ?

2016年で何歳がするの?

七五三,いつ,2016

そろそろ3歳を迎えるけど…
そもそも七五三はいつ行くのか!

 

何を用意して、どこに連絡するのか
何も分からないよ><。

 

ということで慌てて、
2016年の七五三について

[help]
  • いつ?
  • 対象年齢は?
  • 数え?満?
[/help] といったこと調べてみました(^^)/

スポンサーリンク

今年の七五三!2016年のお参りの時期はいつ?

まず、2016年に七五三のお参りに行くなら「11月15日(火曜日)」です。

 

七五三の日は毎年同じで、11月15日とされています。

ちなみに2016年は「先勝」といった縁起の日柄のようです。

 

七五三の起源は、平安時代・室町時代または江戸時代と諸説あるようですが、
11月15日となったのは、徳川家の時代からのようです。

 

では、必ず11日15日に行かなければいけないのか?というと…。

現代では、仕事や混雑を理由に時期をずらして行う人も少なくないようです。

 

この時、事前にお寺や神社に「祈祷の予約」をしておくことが重要ですよ。

時期をずらして行くときはもちろん、七五三当日でも予約することで
待ち時間も短く、断られる心配もなくなります^^

 

日にちを決めたらまずはお寺や神社に連絡してみましょう!

 

七五三のお参りの対象年齢

七五三のお参りの対象年齢はその字のごとく、「3・5・7歳」です。

2年に一回あるなんて、大変なイベントですよね><。

 

しかし、男の子と女の子では違いがあるのです。

 

男の子の七五三の対象年齢

なんと昔からの風習では、男の子は「3歳と5歳」というのが一般的なようです。

3回全てではないのですね(*´▽`*)

 

しかし、
[tip]

  • 3歳だけ
  • 7歳も行う
[/tip] 等、地域によっても違うところもあります。

 

女の子の七五三の対象年齢

そして、女の子の場合は「3歳と7歳」が本来の七五三の時期になります。

 

ただし、これも男の子と同じく地域差があります。

その場所の風習に従って行うのが良いと思いますので、
お姑さんや親せき等、身近な人に確認してみましょうね^^

 

そして、年齢が分かったところで年には更に
数え年」と「満年齢」がありますよね(-_-;)

スポンサーリンク

お参りの年齢は数え年?満年齢?

七五三,いつ,2016

お参りの年齢は、本来は「数え年」というのが一般的です。

 

ちなみに数え年とは、生まれた年を1歳とする数え方ですね。

誕生日には関係なく、元旦を迎えると1歳加算されるので、
12月に生まれても元旦以降は2歳と数えます。

 

通常、何歳か答えるのとは少し違った数え方ですよね(^^;

満年齢の方が、私たちがいつも使っている
「0歳から数えてお誕生日に年齢を足す」数え方になります。

 

そして、現在ではこの「満年齢」で行う家庭も多いそうです!

 

特に年の近い兄弟がいる場合だと七五三が毎年のイベントになってしまいますよね。

そういった場合、どちらかに合わせて一緒にすることもあるそうですよ。

 

しかし、兄弟のどちらかが早生まれだとまた頭がこんがらがってきませんか?(^^;)

 

早生まれはどうする?

特に早生まれだと、同じ学年の子と同じ年にすると「まだ小さい」といった
悩みが出てきます。

ですので、翌年にずらす人も割といるようです^^

 

例えば2016年の早生まれの子であれば
[note]

  • 数え年…2018年11月15日
  • 満年齢…2019年11月15日
[/note] が3歳の七五三のタイミングです。

 

これこそ、兄弟の兼ね合いや子供の様子で判断しても良いですよね!

 

今年の七五三の対象生年月日

参考までに、今年の七五三の対象になる子の生年月日も
お伝えしておきます。

 

基本とされる数え年だと
[important]

  • 3歳 → 2014年
  • 5歳 → 2012年
  • 7歳 → 2010年
[/important] になります。

 

更に満年齢もまとめて、今後5年分をまとめて表にしてみました^^

七五三,いつ,2016お子さんの生まれ年、載っていますか?^^

 

2016年の七五三はいつ?をまとめると…

大切な子供のイベント、意外と内容を知らずにいることって多いですよね。

 

今回は、七五三について
[tip]

  • 毎年、11月15日
  • ずらしてもいい
  • 男女や地域で違う
  • 数えや満は臨機応変に
[/tip] といったことが分かりました。

 

昔からのものなので、年齢のことや日程のことなど本来の形はありますが、
現在のそれぞれの状況に応じて対応していけば良い
というのが最近の風潮のようですね。

 

無理に昔からのやり方に合わせる必要はなさそうですが、
せっかくですから、日本の伝統的な慣習をお祝いしたいものです。

かわいい子供の姿をしっかり残していきましょうね!

 

スポンサーリンク

関連記事

七五三,お祝い,金額,相場

七五三のお祝い!お祝いの金額の相場はどれくらいなの!?

日本の行事には沢山の決まりがあって、歳をとるにつれて覚えていかなければなと思っているshittoku

記事を読む

七五三,お参り,時期,10月

七五三のお参りはいつまで!?時期は決まってる?

もう一回七五三をして千歳飴を貰いたいと思っているshittoku!スタッフ まぽりんです(#^.^#

記事を読む

七五三,お参り,神社,初穂料

七五三のお参り!初穂料はどれくらい払う?

そろそろ梅雨もあけて夏が到来しそうだなと思っているshittoku!スタッフ まぽりんです(*^_^

記事を読む

七五三,お参り,服装,男の子

5歳の男の子の七五三!お参りの服装はスーツ?袴!?

着物を着るのは面倒ですが、やはり着て写真を撮ると着物っていいなぁと思いますshittoku!スタッフ

記事を読む

七五三,お参り,神社,予約

七五三のお参り!神社の予約は必要?

神社でお参りをしてる時はいつも眠くなりますshittoku!スタッフ まぽりんです(@_@;)

記事を読む

七五三,男の子,いつ

男の子の七五三はいつやるの!?七五三の意味や由来は?

小さい頃はペコちゃんの千歳飴が大好きでしたshittoku!スタッフ まぽりんです(^^♪ 成

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑