ノロウイルスの検査費用は病院で違う!?保険請求できる条件とは?

これってノロウイルス?ただの風邪?

検査費用が安い病院とかってある?

ノロウイルス,検査費用,病院

テレビやネットで最近、よくノロウィルスという言葉を聞きます。

怖いな~と思っていた矢先に、まさかのおう吐っ(*_*;

 

怖いから病院に検査しに行きたいけど、
気になることがいっぱい…。

 

ノロウイルスの検査について
[help]

  • 検査費用は?
  • 保険はきくの?
  • 検査にどのくらい時間かかる?
[/help] の答えを集めてみました!

スポンサーリンク

ノロウイルスの検査費用は病院ごとで違う

なんと、ノロウイルスの検査費用は病院によって違います。

 

検査方法も何種類かありますし、問診料や初診料との兼ね合いもあります。

なので、費用は均一ではないのですね。

 

病院に行く前に、あらかじめ電話で聞いておくと良いかもしれません!

 

検査方法と検査料金は?

しかしノロウイルスの検査としては、主に「問診のみ」が主流のようです。

特別な検査は、すぐには受けないのですね。

 

ただ、どうしても検査が必要だと医師が判断した場合は検査キットを使用します。

検査キットを使った場合、5000円から1万円は予想したほうよさそうです(*_*;

 

電子顕微鏡を使った大掛かりな検査もありますが、この検査はまずされません。

学校や会社全体での集団感染など、特殊な理由がない限り行わないそうです。

 

検査キットとは?

では、一般的に使われる検査キットがどういうものかと言うと。

便検査をすることで感染を調べる検査方法になります。

 

比較的、早く結果が出るためとても便利です^^

しかし結果は100%とはいえません!

潜伏期間のウイルスを見つけきれないことがあり、確実性には欠けるそうです(-_-;)

 

検査キットの使用は絶対ではなく、費用も安いものではありません。

そのために病院では、積極的には使われず問診がメインというわけなのですね。

 

ノロウイルスの検査費用は実費!?

ノロウイルス,検査費用,病院

しかし、ノロウイルスの検査はなぜこんなに高いのでしょうか。

それは保険が適応されず実費だからなのです(―_―)!!

 

検査キットは、本来は専門の機関でのみ扱われていたものです。

それが、今では一般の医療施設でも検査を受けられるようになっただけ。

 

ですので、検査そのものが今でも一般的な医療と判断されてなく、
「保険適応外」といったくくりになるのです。

 

保険もかからず、確実性も100%ではないとなると、
それでも検査を希望するか迷ってしまいますね(*_*)

 

保険請求できる条件

しかし、保険がきく場合もわずかながら存在しました!

 

[note]
  • 3歳未満
  • 65歳以上
  • 悪性腫瘍の診断が確定している人
  • 特定の薬物投与をしている人
  • 臓器移植を行った人
[/note] といった一部の人のみ、保険が請求できるケースがあります。

 

保険が適応されれば1000円前後で検査が受けられます。

突然安いですね( *´艸`)

 

では、その検査を申し出るのはどんな時かも探ってみましょう!

スポンサーリンク

検査するタイミングはいつ?

検査をするタイミングは症状の進行具合が見極めのポイントです!

 

[warning]
  • 半日程トイレから離れられない
  • 胃とお腹の間が激しく痛む
  • 水を飲んでも吐いてしまう
  • 脱水症状が起きている
[/warning] といった症状があれば、すぐに検査を受けましょう。

 

まだこの症状が出る前のタイミングですと、医師でも
風邪なのかノロウイルスの潜伏期間なのか判別がつかないそうです。

 

ちなみに脱水症状が起きているかは、手の甲の肉を引っ張る事で自己判断ができます。

上に引っ張り上げた皮とお肉が3秒以内に戻らないと危険だそうです((+_+))

 

ノロウィルスは、とても脱水症状になりやすい病気です。

この境目は健康な大人でも重要視するポイントになります!

 

検査にかかる時間はどれぐらい?

そして、病院で検査キットを使った場合は、15~30分ほどで結果がでます。

確実性は低いですが、素早く検査できるのが検査キットの魅力ですね。

 

ちなみに電子顕微鏡を使った精密検査は3日から5日はかかってしまうそうです。

しかし、こちらはよっぽどのことがないかぎり行わない検査ですので、
気にしなくてもよさそうです^^

 

ノロウイルスに効く薬はない!?

ノロウイルス,検査費用,病院

そして重要なことをお伝えすると、ノロウイルスと診断された場合、
なんと薬はでません!!

 

基本的にウイルスを殺す薬というものはないのです。

これは他の病気でも良く言われることですよね(-_-;)

 

例えば風邪薬は、上がった熱を下げたり、
炎症をおさえたりといった表面的な効果しかありません。

 

ところがノロウイルスの場合は、
この表面だけでもなんとかするような薬すらでないのです。

 

薬で無理やり下痢や吐き気を止めてしまうとウイルスが体内に留まってしまい、
さらに増えてしまうリスクがあるためです(*_*;

衰弱がひどい場合は点滴をしてもらいますが、あくまで脱水症状の対処としてですね。

 

ウイルスも殺せないし、薬もない。

じゃあどうやって治療したらいいの!?となってしまいますね><。

 

ノロウイルスの治療はどうする?

ノロウイルスの感染については、90%以上の人が「自宅療養」で
治療できることが分かっています。

とにかく、身体の中に入ったノロウィルスが出ていけばいいのです。

 

ただ、脱水だけは本当に危険です。

最近話題の経口補水液やスポーツドリンクでこまめに水分をとりましょう!

 

感染から1~2日初期症状を感じ、発症からまた1~2日つらい時期がきます。

水分と食事のストックは多めにして安静にしておくしかありません。

 

つらいと思いますが、間違っても下痢止めなど薬を勝手に飲んではいけません><。

 

ノロウィルスの病院での検査と費用についてまとめると…

いかがでしたか?

 

[important]
  • 病院での検査は問診のみがほとんど
  • 検査キットで検査するとだいたいの人は実費
  • 薬はない。他の薬を勝手に飲むとウイルスを増やす危険がある
  • 水分をこまめにとって安静にしておくとよい
[/important] ということが分かりましたね。

 

薬もなく、一晩では治らないノロウイルス。

自宅療養で治るとはいえ、痛いのもつらいもの嫌です!

予防は手を抜かず、感染しないように気を付けましょうね^^

スポンサーリンク

ノロウィルスの症状や潜伏期間についても詳しく知りたい方は
こちらの記事も参考にして下さい!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑