インフルエンザの予防接種の10の副作用!下痢や嘔吐がするときは要注意!

インフルエンザの予防接種の効果は?

副作用で下痢が起こるって本当?

インフルエンザ,予防接種,副作用,下痢

うちは大家族なので、毎年誰かがどこかから流行りを持ち帰ってきます(*_*;

 

今年はいっそ、全員で予防接種に!
と意気込んでいましたが、まさかの副作用があるとか…(+o+)

 

[help]
  • どんな?!
  • なんで?
  • 打たない方が良いの?
[/help] の疑問の答え、追いかけてみました(^^)/

 

インフルエンザの予防接種の10の副作用

インフルエンザの予防接種では、たくさんの副作用の症状が出ることがあります。

 

症状としては
[warning]

  • 接種した箇所の腫れや赤み
  • 発熱
  • 悪寒
  • 頭痛
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 倦怠感
  • 意識消失
  • めまい
  • リンパ節が腫れる
[/warning] 等があります。

 

ただし、この症状が出るのは必ずではありません。

10人に1~2人の割合で、症状が出た場合も2~3日で治まります。

 

下痢や嘔吐が続くと脱水症状に!

ただ、短い期間でも厄介なのが下痢・嘔吐の症状です。

これが2~3日も続いてしまうと脱水症状に繋がってしまいます!

 

脱水症状は自覚症状が少ないことも危険な点です。

また、特に子供は、体内の80%が水分であります。

かなり注意が必要になりますね。

 

しかもこの副作用、他の症状と比べても起きやすい症状なんですよね(-_-;)

しかし、決して下痢止めなどを飲んではいけません!!

 

それは副作用が何故起きるか、がかかわってくるのでご説明しますね。

 

予防接種の副作用の原因は?

インフルエンザ,予防接種,副作用,下痢

予防接種の副作用の原因は「インフルエンザウィルス」です。

インフルエンザの予防の為に打つものなのに、不思議ですよね(?_?)

 

しかしなんと、予防接種の注射の中身は「弱らせたインフルエンザウイルス」です。

わざと体に入れることで、「その病原体に対する抗体(免疫)」を作るのであります。

 

こうすることで、実際のインフルエンザに対抗する力が強くなるんですよね^^

症状がひどくなる恐れがなくなりますし、全く発症しない確率も高くなります。

 

しかし「弱らせた」と言っても、菌は菌!

体の中に入った時に、その菌に対抗する為の様々な症状が出ることがあります。

これが「副作用」ということなのですね。

 

ですので、下痢止めを飲んでしまうとウィルスが身体の中から出て行かなくなるのです。

辛い症状ですが、身体が強くなっている瞬間ということにはなりますね。

 

インフルエンザですごく苦しむのを防ぐためには、先に少し苦しまなければいけない…
ということでしょうか(-_-;)

 

インフルエンザの予防接種は打たない方が良い?

しかし、実はインフルエンザの予防接種は打たない方が良いという意見も多いのです。

非常に数少ない事例ではありますが、アナフィラキシーショックなどの恐れもあります。

 

こういったリスクを背負ってでも!というほどは効果がないのが現状であります。

予防接種をしていても、感染した時は発症します。

 

もちろん、抗体ができているので重症になることは防げるのですが、
感染を防げるわけではありません。

予防接種後の死亡例があるのも事実です。

 

でも、インフルエンザが原因で死亡した例もあります。

非常に判断が難しい所ですよね…。

 

ひとつの判断基準として、
学校では集団接種がなくなったということをご紹介しますね。

 

学校のインフルエンザの予防接種が無くなった理由

学校でのインフルエンザの予防接種は、今から20年ほど前に無くなりました。

 

これは、
[important]

  • 効果が見込めない
  • 副作用が相次いだ
[/important] ことが理由です。

 

効果が見込めないのは「新型インフルエンザ」のせいです。

流行ってますってニュースが流れる時、耳にしませんか?

 

そう、インフルエンザウィルスって新しく違う状態に変異するんです!

 

でも、予防接種に使われている「弱らせたンフルエンザウイルス」は
その新型が流行るに発見されているウィルスです。

そうなると、確かに効果が見込めない理由もわかりますよね(-_-;)

 

インフルエンザの予防接種の副作用をまとめると…

インフルエンザの予防接種について、

[note]
  • 沢山の副作用がある
  • 特に下痢や嘔吐は要注意!
  • 原因はウィルス
  • 効果が見込めないことも多い
  • インフルエンザウィルスが変異するから
[/note] ということが分かりました。

 

どうしましょう…?(^^;)

詳しく知ると予防接種以外にも、栄養バランスを考えた食事や規則正しい生活で
免疫力を上げる方が賢明なのでは?という気もします!

 

インフルエンザワクチンは毎年新型がでることから常に流行遅れ、
と捉える方もいるそうです(-_-;)

でも、既にあった型のインフルエンザには有効なので
打つか打たないかはメリットデメリットをしっかり考えないといけませんね。

 

今年の流行りが予想されるインフルエンザについてはこちらの記事もどうぞ!

関連記事

インフルエンザ,b型,症状,咳

インフルエンザB型の症状!咳が長引いて止まらないときの対処法

インフルエンザB型の症状はどれ位続く? 咳が止まらない原因は何!? インフルエン

記事を読む

今年,インフルエンザ,何型,2016

今年流行りのインフルエンザは何型?2016-2017の症状と特徴は?

今年もきっと流行りに乗れるはず! インフルエンザの…(T_T)/~~~ うちの旦

記事を読む

インフルエンザ,出席停止,期間

インフルエンザの出席停止期間!大人は決められていない!?

インフルエンザ、いつまで休まなきゃ? 出席停止の期間は、絶対?? まさかの家族全

記事を読む

インフルエンザ,検査,タイミング

インフルエンザの検査のタイミング!発熱後何時間後が良いの?

インフルエンザの検査は早い方がいい? 最適なタイミングってあるの? 流行に敏感な

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑