つけまつげの付け方の6つのポイント!一重と二重の違いは?

100均のつけまつげでもキレイになれる?

不器用さんにもできる簡単な付け方のポイント知っていますか?

つけまつげ、付け方、ポイント

つけまつげを付けるのって、慣れるまでは本当に難しいもの(*_*;

私も中学生の時につけまつげデビューしましたが、最初は本当に苦労しました…。

 

でもポイントさえ知っていれば、初心者でも簡単に付けることができますよ^^

 

つけまつげを付ける時の
[tip]

  • 初心者が用意するもの
  • 付け方の手順
  • 一重と二重の違い
  • 付け方のポイント
[/tip] お伝えしていきます!

スポンサーリンク

つけまつげの付け方!順番が大事?!

つけまつげを付ける時は、まず先に「アイメイク」をしておくことが大事です。

こうすることで、つけまつげの仕上がりがより綺麗になります。

 

付けた後にメイクをするとせっかくのつけまつげが取れてしまう恐れもあります!

順番を間違えない様に気をつけましょうね。

 

それでは、早速つけまつげに挑戦!
の前に、事前準備もしっかりとしておきましょう^^

 

初めて付ける時に絶対に必要なこと

準備段階で、
[important]

  • つけまつげを軟らかくする
  • 付着しているのりを取り除く
[/important]

ことが、キレイに付けるポイントです!

 

つけまつげは、最初は100円程度の安い物で充分!

色々試して、自分の目に合うものを見つけていきましょう^^

 

しかし、初めて使うものは硬く・しなやかさが足りません。

また、台紙に固定して販売されているものには「のり」が付いていることがあります。

 

目と同じアーチ状になる様に、ぎゅうっと握って形を整えて下さい。

のりは、
[note]

  • ぬるま湯
  • 石鹸水
  • メイク落とし
[/note] 等で、しっかりと洗い流します。

 

この工程で、硬いつけまつげもよりしなやかになりますよ^^

 

付ける前の準備が簡単に付けるため近道!

更に、必要となる道具を先にしっかりと事前準備しましょう!

細かい作業なので、道具をしっかり用意しておくと簡単に乗り切ることができます。

 

付けている時に探していたのでは、のりが乾いてやり直しができなくなります(+o+)

それでは、用意しておきたい物を細かくご紹介しますね。

 

・接着のり

つけまつげに付属でついてくる場合がほとんどです。

ただし、付属ののりは力が弱いことが多いんですよね(-_-;)

 

できれば、専用の接着のりを準備しましょう!

アイプチを持っているなら、活用できますよ^^

 

・鏡

顔を「斜め下」からうつせる様な、机に置けるタイプがベストです^^

手に持つタイプは、両手が使えないので止めましょう。

更に三面鏡があると、あらゆる角度からチェックが出来て便利ですよ!

 

・ハサミ

つけまつげの長さを自分の目の幅に、合わせるときに使います。

小さいはさみだと便利なので、眉用のハサミが使えますね。

 

・ピンセット

つけまつげを微調整するときに、便利です。

もちろん毛抜きでも代用できます^^

 

ビューラー

つけまつげにも、自分のまつ毛にも使います。

ホットビューラーがあるならぜひ活用しましょう!

ない場合は、スプーンドライヤーでも代わりになりますよ( *´艸`)

 

ライナー

つけまつげを自然な仕上がりにするために使います。

おススメはリキッドタイプ!

 

まつげ用コーム

使い初めのつけまつげを自然に整えることができます。

また、自分のまつ毛となじませるのにもかなり使えますよ^^

 

マスカラ

つけまつげの最終仕上げに使います。

より自然な仕上がりを求めるので有れば、透明の物が一番です。

 

綿棒・ティッシュ

いざという時に手元に有るととても便利です!

ぜひ、手の届くところに準備しておきましょう^^

 

では準備万端にした所で、自分の目の形に合った付け方をしていきましょうね。

スポンサーリンク

つけまつげの付け方の手順!一重と二重は違う?

つけまつげ、付け方、ポイント

つけまつげは、目が一重なのか二重なのかで付け方の手順が違います

それぞれ、自然に大きく見せるためのポイントがありますよ^^

 

付け方の手順は
[note]

  1. のりを付ける
  2. まぶたに張る
  3. 乾かす
  4. 整える
[/note] といった感じです。

 

ココで変わってくるのが、②のまぶたに張る場所順番です!

 

一重の場合の付け方

一重の場合は、目頭にはつけまつげを付けないのがポイントになります。

目頭につけると、取れやすくなってしまうんですよね(-_-;)

 

どちらかというと、目尻にポイントがあるつけまつげがおすすめ。

毛の長さは長い方が、取れにくいです!

一重専用のつけまつげもあるので、ぜひ挑戦してみて下さいね^^

 

付け方は、
[important]

  • 目の幅の3分の2程度に、つけまつげをカットする
  • 接着のりをつける
  • 「目尻」からつけまつげをつける
  • ピンセットでのりが乾くまで、しっかり押さえる
[/important] となります。

 

二重の場合の付け方

二重の場合は、自分の目のサイズと同じものがキレイに仕上がります。

 

[tip]
  • 自分の目のサイズに合わせてカットする
  • 接着のりを付ける
  • 「中央→目尻→目頭」の順番につける
[/tip] といった順番になります。

 

付けづらい場合は、つけまつげを3分割にカットして付けると良いですよ!

わたしも初めての時は、上手くできずに3分割にして付けていました^^

 

だんだん慣れてくると、そのままで付けられるようになります。

 

つけまつげの付け方の6つのポイント!

そして、付けた後にひと手間加えることが、キレイに仕上げるためのポイントです!

[important]
  • ビューラーでなじませる
  • コームでとかす
  • その上に透明のマスカラを塗る
  • 接着部分をライナーで隠す
[/important] といった丁寧な仕上げをして下さいね。

 

他にも、項目別のポイントを押さえていきましょう!

 

選び方

つけまつげを選ぶときは、自分の顔やメイクのイメージに沿ったものが良いです。

パーティー用や仕事用など、シチュエーション別に選ぶのも良いと思います。

 

[tip]
  • 黒目を強調 … 真ん中が濃い
  • パッチリ  … 真中が長い
  • 大きさ強調 … 束になっている
[/tip] 等など、たくさんの違いがあるので色々試してみて下さいね^^

 

位置は目尻を意識!

自分のまつげに沿って付けていきます。

目頭には付けず、少しすき間をあけて付けるのがポイントです。

 

目頭に直接付けてしまうと、
[warning]

  • 目にかかって痛い
  • 涙で取れてしまう
[/warning] といった恐れが出てきます。

目尻は少しはみ出る感じにすると、可愛く仕上がりますよ^^

 

角度

自然に見せるために、自分のまつ毛にもつけまつげにも同じ角度を付けておきましょう。

乾かす時にも、上向きをしっかりと保てるように手で支えてあげて下さいね。

 

自分の目の幅に合わせて、つけまつげをカットすることが大事です。

目尻より少し長めにすると、
[important]

  • たれ目がち
  • セクシー
[/important] 等の印象を作れます

 

ただし初心者の方は、最初は目の幅より短めにカットするのがおすすめです。

付けやすく、取れにくくなりますよ。

 

長さ

特に自分のまつげが短い場合は、少し長めのものを選んで下さい。

つけまつげが取れにくくなるので、初めてでも安心です^^

 

つけまつげの取り方

最後に、役目を終えたつけまつげは絶対に無理やり取らないでくださいね。

皮膚が痛みますし、まつげが抜ける可能性があります(*_*;

 

実際に家の母は、若い時につけまつげを無理やりとったせいでまつげが無くなったと

後悔しています(;’∀’)

 

取り方は
[note]

  • まつげの部分を水で濡らす
  • つけまつげの粘着力が弱まったことを確認
  • 端から丁寧に取る
[/note] 様にして下さい。

 

コットンで優しく濡らすと、皮膚への負担が減らせるのでおすすめですよ。

 

つけまつげの付け方のポイントについてまとめると…

いかがでしたか?

[important]
  • 事前準備が大事!
  • 自分の目に合ったものを
  • 付けた後のひと手間も大事
  • 取る時は慎重に
[/important] といったことをお伝えしました。

 

つけまつげは女性を綺麗にしてくれる、魔法の道具です。

特に目にコンプレックスがある方には、強い味方☆

 

私は奥二重で目が小さいので、幼い時から目が大きい女の子に憧れていました。

つけまつげのおかげで、目を大きく見せることが出来るようになった時は、
本当に嬉しかったです。

 

最初は上手く付けられないこともあるかも知れませんが、
諦めず頑張ってつけまつげを味方にして、もっと綺麗になってください(^^)/

スポンサーリンク

関連記事

香水,付け方,男

メンズの香水の付け方、男が迷った時はコレ!

良い香りのする男性って女性から見ても魅力的に感じますよね~ 爽やかな香りがフワッと来た時はつい

記事を読む

髪,湿気,うねる

髪がうねる!湿気だけじゃないうねりの原因と4つの対策は?

湿気の多い季節になると、なんだか髪が上手くまとまらなかったりクネクネしてセットが崩れる事が多いですよ

記事を読む

唇の乾燥にリップクリームが効かない!今すぐ治す5つの方法

年々、冬の乾燥がひどくなってる気がします。 中でも私が一番つらいのは、唇の乾燥。 話

記事を読む

ピアッサー,使い方,痛くない

痛くないピアッサーの使い方!耳たぶにまっすぐ開ける3つのコツ

ピアッサーの使い方で気を付けることは? 痛い?!痛くない?? 一刻も早く挑戦した

記事を読む

マニキュア,早く乾かす,方法

マニキュアを早く乾かす6つの方法!ドライヤーと氷水でどうする?

マニキュアってなかなか乾きませんよね。 でもそんなマニキュアを早く乾かす方法があるとすれば・・・知

記事を読む

ふくらはぎ,マッサージ,方法

ふくらはぎをマッサージしてむくみを解消!どんな方法でやるの?

脚をもっと細くしてモデルのような脚になりたいともくろんでいるshittoku!スタッフ まぽりんです

記事を読む

ファンデーション 汚れ 落とし方

服についたファンデーションの汚れの落とし方!応急処置は?

ファンデーションがこぼれて服が汚れちゃった~(-_-;) お気に入りの服だし、出来ればキレイに

記事を読む

ニキビ,芯,取り方

ニキビの芯を出すと早く治る!?正しい取り方はある?

ニキビが出来るとその日はとにかく憂鬱になりますよね。 痛いし何かと気になるし、仕事に手がつかな

記事を読む

さかむけ,原因

さかむけの原因!指先の皮が剥ける3つの原因は?

学生の時、飲食店での仕事をして居た頃よく手荒れに悩まされていました^^; 特にさかむけ!←関東

記事を読む

日傘,uvカット,効果

日傘のUVカットの効果とは?紫外線のカット率ってどれくらい?

日傘のUVカットの効果ってどれぐらいなんだろう? 最近はあまりの太陽の強さに、男性でも日傘を使

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑