スマホが水没した時の対処法!90%復活するってホント!?

防水スマホなのに、水没で電源OFF!((+_+))

携帯電話の時と同じ対処をしてもいい??

スマホ,水没,対処

自分のドジ加減はよ~く理解した上で買った防水スマホ。

でも、塩水やお湯はダメなんですね…(-_-;)

 

どうすれば、確実に復活する?(*_*;

スマホが水没した時の
[tip]

  • 対処法
  • 復活させる方法
  • 復活率90%のすご技
[/tip] ご紹介します(^^)/

スポンサーリンク

してはいけないスマホが水没した時の対処法

スマホが水没した時は、とにかく水分をどうにかしないといけません!

水分を少しでも含んだままだと、電子機器がショートします(-_-;)

 

よく考えるとそりゃそうだ、と思いますが焦ってる時は頭回りません…。

なので、つい「本当はしてはいけないこと」をやってしまいがちなんです!!

 

間違った対処をしてしまうと、復活率90%のすご技も確率が
50%に下がってしまいます(―_―)!!

本当は絶対にしてはいけない対処法あげていきますね!

 

スマホを振ると水分が飛ぶ

スマホから水を追い出そうと、強く振ることはしてはいけません!

まだ水が入り込んでなかった部分にまで、流れていく可能性の方が高いのです。

 

電源ボタンを押す

ひとまず触りたくなるボタンですが、どのボタンにも触れてはいけません!

ボタンの隙間から、更に奥に水分が染み込んでいく可能性があります。

 

電源を入れてみる

電源ONはスマホがショートする一番の原因なので、絶対にしないで下さい!

ボタンを押すことも、水分が入ったまま電気を通すことも絶対にいけません。

 

ですので、
[important]

  • 充電
  • USB接続
[/important] も、もちろんしてはいけません。

 

とにかく早く拭く

まず、最初にとりあえず拭く!は順番が間違っています!

 

実は、最初にするべきことは
[tip]

  • SIMカード
  • SDカード
  • 充電パック
[/tip] を抜くことです。

 

拭くのは、はずせるものを全て外してからですね。

 

ティッシュで拭く

そして手元にあったティッシュで拭く、のはやめて下さい!

濡れたティッシュが、これまた隙間から水分を奥へと運んでしまいます。

 

タオルが側にない時は、自分の洋服でもいいので必ず布地で拭いて下さい。

 

ドライヤーの熱で乾かす

ドライヤーの熱で乾かすと素早く乾燥しそうですが、これもNGです!

急激な温度変化にスマホが耐えきれません(*_*;

 

冷やす・温める等の対処

携帯電話時代の水没では、冷蔵庫電子レンジといった対処法が紹介
されることもありました。

しかし、これも絶対にしてはいけません。

レンジでは爆発の危険性もあります(*_*;

 

アルコール液に漬ける

更に裏ワザ的な「アルコール」に漬ける、という方法も止めておいてください。

復活する可能性は高いのですが、末永く使える確率がかなり減ります(T_T)

 

自然乾燥させる

自然乾燥は、間違いではありませんがが当たる所に置くのはいけません。

日陰干しでは、いつまでたっても水分を飛ばすことはできませんよね…。

 

そんな時には、ぜひこの方法を試して下さい^^

スポンサーリンク

袋と乾燥剤で復活させる方法

用意するものは、密閉できる袋(ジップロック等)と乾燥剤です。

お家のどこかにありますよね^^

 

お菓子やタンスを開けると、どこかに1つは潜んでいるのではないでしょうか。

また、最近では100円ショップでも購入できます!

 

手順は、

[note]
  • 密閉袋にスマホを入れる
  • 乾燥剤を入れる
  • チャックを閉める
  • 3~4日間程、放置する
[/note]

となります。

 

密閉することで、周囲の水蒸気を失くせます。

ですので、乾燥剤がスマホの水分をぐんぐん吸い取ってくれますよ( *´艸`)

 

乾燥剤はシリカゲルがおススメです!

スマホ,水没,対処

密閉することができれば、蓋のあるビン容器等でも大丈夫です^^

 

また注意点としては、「乾燥剤が水に濡れないようにする」ことです。

乾燥剤に直接水分が付くと、発火する場合があります(+o+)

 

お米でスマホを復活させる方法

また、乾燥剤が手軽に手に入らない場合は、「米」が使えます!

 

[important]
  • 米1合を電子レンジ500Wで5分温める
  • 充分に熱を冷ます
  • 密閉容器に入れる
  • その中にスマホを沈める
  • 3~4日放置
[/important]

といった方法です。

 

お米は炒ると乾燥剤の代わりになります^^

よく、食塩の中に米粒が入ってますよね。

 

レンジではなく、フライパンでもトースターでも炒ることができます。

もちろん、生米でも効果はありますよ。

 

他にも、
[note]

  • パスタ
  • マカロニ
  • 新聞紙
[/note] 等も、水分を吸収してくれます。

 

どれも携帯電話と共にしっかりと密閉させることがポイント!

途中で電源を入れてみたくなるのは、とにかくとにかく我慢して下さい。

 

最低でも2日

3日以上我慢することができれば、かなりの乾燥率になります。

 

 

しかし、ココまでご紹介してきたのはあくまでもキレイな水に水没した場合。

[warning]
  • 海・プール
  • 洗剤・入浴剤の溶けた水
  • トイレ等の汚水
[/warning] に落ちた場合は、水分の他に不純物が入ってしまいます。

 

更に言えば水道水にも、マグネシウムやカルシウム等不純物が入っています。

そうなるとキレイに乾燥させても、何かしらの不具合の原因になる可能性が…。

 

そんな時に試してほしい商品がこちらです!

 

リバイバフォンで水没した90%のスマホは復活する!?

90%の復活率を誇る「Reviveaphone(リヴァイバフォン)」。

名前の通り、電話(phone)を復活させる(revive)素晴らしい商品です。

 

イギリスから発売された不純物を取り除くことができる「液体」。

 

この液体を
[note]

  • 同梱の密閉袋に注ぐ
  • その中スマホを入れる(7分間)
  • 取りだして、自然乾燥させる(トレイも同梱されています)
[/note] といった使い方をします。

 

水没して、1週間以内であれば高確率での復活を遂げてくれますよ^^

ただし、最初にあげた対処法を正しく施していた場合です!

 

お値段はどの通販でも、4,000円以内で購入できるものばかり。

修理に出すと保障に入っていても5,000円はかかりますから、お得ですよね^^

 

ちなみに商品説明には24時間乾燥させるとなっていますが、更に2~3日時間
置くことをおススメしますm(__)m

 

水没してもデータの取り出しは出来る?

3~4日の正しい乾燥をすれば、電源を入れてデータの取り出しに挑戦できます。

 

この時のデータの取り出し方法は
[important]

  • パソコン
  • 他のスマホ
  • SDカード
  • USBメモリー
  • サーバー
  • Wi-Fiストレージ
[/important] へ移すことができます。

 

もし、電源を入れても画面に何も映らない(*_*;
という状況でも画面の回線のみがショートしている可能性も充分にあり得ます。

 

また、さわっても動かない(*_*;
という場合は、USB式のマウスを差し込むと操作できることもあります。

 

諦めないで、色々試してみて下さいね。

 

最終手段は、業者へ依頼することになります。

この場合の相場は1~5万円程ですね。

ただし、復旧できない場合は無料といった所も多いです。

 

でも、5万円…

大事なデータは、どんなことが起こっても良い様に事前にパックアップを
取っておくことが重要ですね…(-_-;)

 

スマホの水没への対処をまとめると…

いかがでしたか?

[tip]
  • 電気は通さない
  • 外せるものは外す
  • 3~4日は我慢する
  • 乾燥を促す物を活用する
  • 不純物にはリバイバフォン!
[/tip] といったことをお伝えしました^^

 

夏の海に冬の雪等、レジャーの中にも危険はいっぱいですよね(*_*;

半身浴中スマホで時間つぶしをする人が湿気で水没なんて話も聞きます。

 

いろんな可能性があるからこそ、正しい知識を身につけておきたいですね^^

スポンサーリンク

関連記事

ライン,既読にならない,理由

あなたのLINEが既読にならない9つの理由!未読無視の心理は?

LINEでメッセージを送ったのに時間がたっても未読のまま、コレって無視されてるのか? 既読になって

記事を読む

no image

誰でも簡単!セブンイレブンのネットプリントの使い方とは?

セブンイレブンのネットプリントっていうサービスが便利過ぎる件。   自宅にプリ

記事を読む

スマホ,充電,遅い

スマホの充電が遅い!USBケーブルが原因では!?

私達の生活には欠かせないものとなっているスマートフォン 略してスマホですが、最近充電するのが遅

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑