クリスマスはいつ祝う?日本は24日と25日どっち?

クリスマスとクリスマスイブはどっちが大事?

いつ祝うのが本当?

クリスマス,いつ祝う

クリスマスケーキの予約をしようとしてふと疑問…。

受取日はいつにしたらいいの?

 

17~25日までって、設定期間長すぎっ(-_-;)

 

本当のことが知りたかったので、クリスマスについて
[help]

  • いつ祝う?
  • なぜ祝う?
  • いつから始まった?
[/help] 等々、追いかけてみました(^_^)/

スポンサーリンク

日本のクリスマスはいつ祝う?

日本でクリスマスのお祝いをするのは、12月24か25日が一般的です。

でもクリスマス当日は平日なので、その前の土日にお祝いする家庭もあります。

 

その他、クリスマスにまつわるイベントなんかは11月末位から始まりますね。

 

[tip]
  • 23日が祝日なのでお出かけしながら
  • 24日の夜に素敵なディナーやケーキを食べながら
  • 25日の日中にパーティ開催(子供は修了式等で早く学校が終わる)
  • 25日より前の土日に泊まりがけで☆
  • 狙ったクリスマスイベントの開催日時に合わせて
[/tip] といったお祝いの仕方があります。

 

いつ?よりも「をしてお祝いするのか」の方が重要視されていますね^^

 

でも、家族や恋人等のクリスマスは「24日の夜」に焦点を合わせている人が多いです。

クリスマスケーキもディナーショーもこの日が最大の盛り上がりを見せます。

 

クリスマスは25日なのに、24日の夜の方が大事にされているのはなぜでしょうか…?

 

本当のクリスマスとは?

クリスマスという日が決められた時の暦は「日没からを1日の始まり」とされていました。

 

ですので、本当のクリスマスは
[important]

・24日の日が暮れて(16:30~17:30頃)から

・25日の日が暮れるまで

[/important] となるのです。

 

つまり、25日の夜ではクリスマスは終わってしまっているということ(^_^;)

24日はクリスマス前日ではなく当日!ということになるんですね^^

 

では、なぜ24日をクリスマスイブと呼ぶかというと…?

 

クリスマスイブとは?

クリスマスイブのイブは、「evening(イブニング)→夕方」の略語なのです。

つまり、「クリスマスの夕方」ということですね。

 

通常「イブ(eve)」というと、「前の日の夜や直前」といった意味があるのが
疑問を生む原因ですよね(^_^;)

 

こういったことを知ると、24日夜のお祝いが正しいことが良く分かります^^

家族そろってケーキを食べる日は24日の夜にします( *´艸`)

 

でもいったい何を祝っているのか、知っていますか?

スポンサーリンク

クリスマスを祝う理由

クリスマス,いつ祝う

クリスマスを祝う理由は、土地・宗教・風習によって様々です。

日本では「イエス・キリスト様の誕生日」と思われがちですよね。

 

しかし、イエス様の本当の誕生日は分かっていないのです!

じゃあ、なんでケーキ食べてるの?!という疑問は、バレンタイン等と同じく
企業の商業戦略の結果です(^_^;)

 

日本で良くありがちな
[note]

  • クリスマスツリー
  • クリスマスケーキ
  • ケンタッキーフライドチキン
  • 恋人とデート
[/note] といったクリスマスの祝い方は、全て企業の努力結果です。

 

本来、イエス様を信仰するキリスト教の人たちは違うお祝い方をしています。

 

キリスト教のクリスマスは?

キリスト教の人たちの間では、誕生ではなく「降臨(イエス様が存在を現した)」を
感謝する日と捉えられています。

 

ですので、本来のクリスマスは賑やかよりも「静粛に」といったイメージになります。

24日夕方と25日の朝に祈りをささげることがメインになります。

 

そうして、無事クリスマスを終えた事を祝うために25日の夜にパーティをすると
いった習わしが続いている所もあります。

 

日本のクリスマスイベントと比べると雰囲気が違いますよね(^_^;)

 

メリークリスマスは祝う言葉ではない?

更に、日本でクリスマスパーティに使われる「メリークリスマスッ!」というフレーズ。

クリスマスおめでとう!って感じがしますよね。

 

しかし本来は「素敵なクリスマスを迎えられます様に」といった挨拶言葉なのです。

当日に使うよりも、クリスマスの準備を始める11月末頃から使われ始めます。

 

本当の意味を色々調べると、うちこれでいいのか?という感じもします…(^_^;)

 

クリスマスの起源

しかし、そんなクリスマスの日本の起源は戦国時代です。

室町時代に日本にやってきたザビエルが伝えたクリスマスを祝ったとされています。

 

その後、明治時代あたりから商業戦略が始まり日本全体へ広まって行きました。

それだけ歴史のあるイベントごとなので、日本色が強くなっているのも納得です。

 

日本人が歴史を重ねながら作ってきたイベントなので、気兼ねすることなく素直に
乗っかってお祝いして良いかなと思いました^^

 

クリスマスの語源

ちなみに、クリスマスの語源はラテン語のChrist(キリスト)とmas(礼拝)です。

「Xmas」と表記されているのは、ギリシャ語で「Xristos」(キリストを意味します)の
頭文字の「X」とmas(礼拝)が語源となっています!

 

クリスマスカードや飾り付けをする時には、思い出して神様へ心を寄せてみるのも
素敵ですよね^^

 

クリスマスはいつ祝う?をまとめると…

[important]
  • 日本ではこだわりはない
  • 正確には24夕方~25日中までを指す
  • クリスマスイブはクリスマスの夕方
  • イエス様の誕生日ではない
  • 日本では明治時代から祝われている
[/important] といったことをお伝えしました。

 

ちなみにクリスマスツリーって、知恵の木とされるリンゴの木がモチーフになっているんですよ。

オーナメントに使われる丸い球は、リンゴを例えているんです。

 

色々、奥深いですね^^

私も家族そろってクリスマスを迎えられる喜びと感謝を忘れない様に
美味しくケーキを食べることにします( *´艸`)

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑