いらない香水の捨て方!処分の前に再利用する20の方法

公開日: : 捨て方

いらない香水を捨てたいけど捨て方が分からない!

そんな捨て方が分からず使いさしの香水、溜まっていませんか?

香水,捨て方

一度買って見たけど香りが合わなかったり
ビミョーに残った香水を使わずに置いていたり・・・

スプレータイプなら便と頭の部分の材質が違うこともあって、そのまま捨てることは出来ません。
でも大丈夫!

今回は要らない香水の捨て方と再利用する方法についてお届けしていきます(^^)

いらない香水の捨て方

いらない香水の正しい捨て方はけっこう面倒…。

中身・容器・フタを分別する必要があります。

 

順にご説明しますね。

また、捨てる以外にも手放す方法もあるので合わせてご紹介します!

 

香水をゴミに出す時の捨て方は?

香水をゴミとして捨てるのであれば、中身は燃やせるゴミになります。

ただし、液体のままでは燃えないので布や紙にしみこませて捨てる
ことが必要です。

 

外れないスプレー部分は?

この時、困るのがスプレーする部分が簡単には外れないこと(―_―)!!

自分の手ではどうすることもできませんので、
[important]

  • マイナスドライバー
  • ニッパー
  • ペンチ
[/important] 等を用意して下さい。

 

そんなのお家にないよって人も便利な100均にある商品ですので簡単に手に入ります。

それも面倒な場合は、爪切りでも出来るかも…試してみて下さい^^

 

yahoo知恵袋に詳しい画像付きの解説がありましたので、参考にして下さい。
香水 フタが取れない容器

 

ココでは、中身の移し方になっていますがコレを他の容器ではなく燃えるものに移します。

 

中身を移す時は?

香水,捨て方

移す時に使えるものとしては
[note]

  • 使わないタオル・衣類
  • 新聞紙・雑誌
  • ティッシュやキッチンペーパー
  • 牛乳パック
[/note] 等です。

特に新聞紙は、消臭効果もあるのでおススメ。

 

吸い込ませたものはビニール袋に入れて、ギュッと口を縛って下さい。

ガムテープ等で密封すると完璧ですね。

 

また出来れば、
[warning]

  • 家の外(ベランダ等)
  • ゴム手袋着用
  • 汚れても良い服装
[/warning] で処理して下さい。

 

香水は服に飛ぶとシミになったり、強い香りがなかなか取れなかったりします。

 

中身を取り出したら

香水を取り出したビンは日陰に干して、中の水分を完全に飛ばして下さいね。

ビンや外したフタは材質にもよりますが、不燃ごみになります。

 

細かい部分は市のHP等でゴミの条例を確認してみて下さい。

 

コスメにも交換できる意外な捨て方!?

またそうやって空になった香水のビンは、新しいコスメに交換することもできます!

香水の空き容器を持って行くと、アトマイザーやリップと交換してくれるというサービスを
行っているブランド店が割とあるんです。

 

捨てる前にぜひ、メーカーのオフィシャルHPを覗いてみて下さいね!

 

使いかけの要らない香水は捨てる前に買取業者へ

更におススメは、いらなくなった香水をお金に変えるという捨て方。

なんと香水は「使いかけ」でも、買い取ってくれるリサイクルショップがあります。

 

残っている容量でも違いますが、ブランドの香水等は定価の半値以上の金額になります。

しかも、査定・集荷無料や着払いで買い取ってくれるサービスもあったりします。

 

買取業者はたくさんありますが、香水に詳しい所の方が高値になると思います。

 

人のためになる香水の捨て方

また、売る程でもない…という時はぜひ「寄付」という優しい捨て方を知っておいてください。

途上国の支援団体等に引き渡すと、資源として使ってもらうことができます。

 

買取と同じく、香水は使いかけでも大丈夫です!

ただし、送料がかかることも…。

それでも使ってもらえるのであれば、と思う時はぜひ検討して下さい^^

いらない香水を捨てる前に再利用する20の方法!

ただし、いらない香水は捨てなくても再利用する方法がたくさんあります。

せっかくの素敵な香り…ゴミにするのはやっぱりもったいないですもんね。

 

特に、嫌いではないけどつける機会が減ってしまうのが主婦の方ではないでしょうか。

香水はお家の中でも再利用方法が多いので、ぜひ参考にして下さい。

 

私の一押し!練り香水として再利用して4つの使い方

まずは、私の一押しの再利用方法として「練り香水」にするという方法があります。

香水よりもほのかに香る練り香水。

 

しかも、この方法で作ると
[tip]

  • 保湿剤(手や唇)
  • ヘアケア剤
[/tip] 等としても使えるので、香水より幅が広がります。

 

練り香水の作り方

練り香水は簡単に作れます。

用意するものは、
[important]

  • いらなくなった香水
  • ワセリン(医薬品の白色ワセリン)
  • 練り香水を入れる容器
[/important] です。

 

[note]

<作り方>

  1. 容器にワセリンを入れる
  2. その上に香水を10~15適程垂らす(お好みで)
  3. なじむまでよ~く混ぜる
[/note]

 

ワセリンには保湿効果があるので、ハンドクリームになるのは納得ですよね^^

容器のふたを空けて、お部屋やトイレの芳香剤として使うこともできます。

 

他の品物へ4つの再利用方法!

この様に、練り香水だけでなく、
[important]

  • キャンドル
  • 石鹸
  • 消臭剤
  • 入浴剤
[/important] 等を作る時にも香りを付けるために使えます。

 

シュワシュワ入浴剤を簡単に作るなら↓
重曹入浴剤の効果がスゴい件。手作りできて超簡単!

消臭剤は保冷剤で簡単に作れるので↓
保冷剤の捨て方!便利な再利用する方法も

をそれぞれ、参考にして下さい^^

香水の香りをボトルのまま再利用する6つの方法

また、簡単な再利用方法としては香りを使うということです。

[important]
  • コットンに5.6回プッシュして芳香剤として置く
  • カーテンのすそに1.2回振りかける
  • 洗濯の仕上げに2~3プッシュ
  • ハンカチの香り付けにつかう
  • グリーティングカードに一吹きする
[/important] といった方法で香りが使えます。

 

お掃除道具として使うのも素敵なアイデア。

香水,捨て方

他にもコットンにちょっとだけ香水を含ませたら、
[note]

  • ドアノブ
  • 電気のスイッチ
[/note] 等のお掃除ができます。

 

香水にはアルコールが含まれているので、手垢などの汚れも取れるんです。

そのあとにちょっと香りが残る…これまた一石二鳥ですよね^^

 

フタを外した香水の6つの再利用法

他にも、捨てるためにフタを外したのであればこういった利用方もできます。

 

ディヒューザー

香水の瓶に竹串ウッドスティックを挿して下さい。

トイレや玄関等に最適なディヒューザーの出来上がりです。

 

サシェ

サシェとは、ポプリ等が入った匂い袋です。

ポプリではなく、香水でお気に入りのサシェが手作りできます。

 

車の芳香剤

また、お家だけでなくでも使えます。

 

[note]
  1. 好きな形に切った布や板にひもを通す
  2. 香水をによーくしみこませる
  3. バックミラー等に結びつける
[/note] と車の中も素敵に香ります。

 

ボディミスト・ヘアコロン

香水は無水エタノールで薄めることができます。

こうしててアトマイザーへ移すとほのかに香るミストとして使えますね。

 

香る☆電化製品

電化製品にだって使えます。

[tip]
  • 掃除機の紙パック部分に数滴たらす
  • 香水に浸したコットンボールを掃除機で吸う
  • スチームアイロンの水の部分に2~3滴投入
[/tip]

 

家事が楽しくなりそうですよね~^^

また、ヘアコロンとして使う時は濡れタオルに数滴たらして髪に揉み込むという手もあるそうです!

 

こんなに知ると捨てるのはかなり惜しくなりますね( *´艸`)

 

香水の捨て方をまとめると…

いかがでしたか?

いらない香水について
[important]

  • 分別して捨てよう
  • 売れる!
  • 寄付できる
  • 再利用法がたくさん☆
[/important] ということをお伝えしました。

 

ちなみに香水専門店の店員さんに以前、香水の使用期限ってあるのか聞いたことがあります。

保存状態にもよるらしいですが、だいたい購入してから3年ぐらいが目安。

一度開けてしまった場合はできるだけ早く使ってあげたほうがいいそうで、長くても1年ぐらいで
使い切ったほうが良いそうです。

 

でも、なかなか1年では使いきれないですよね(^_^;)

そんな時は、ぜひ再利用方法活用してみて下さい♪

関連記事

電池,捨て方

電池の捨て方!液漏れしている時の処分方法は?

気がつくと使い終わったいらない電池が溜まってきました。 使い終わった電池は見てみないふりしてた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑