残り湯を使った洗濯のやり方!入浴剤が入っていても大丈夫?

昨日のお風呂の残り湯で洗濯したいけど、初めてだからやり方が今一分からない…。
残り湯洗濯を初めてするとき、分からない事や不安な事が沢山ありますよね。

残り湯,洗濯,やり方

  • 残り湯洗濯のやり方は?
  • 洗濯物や洗剤を入れるタイミングは?
  • 残り湯を入れてるのに水道水も出て溢れてこない?

 

上手く洗濯機を回すことが出来ても、洗濯物が臭くならないのかも気になる所。

そこで今回は残り湯洗濯のやり方を一つ一つ紹介していきたいと思います。
注意してすることや、気を付けてるポイントはどんなことなのか?
一緒にチェックしていきましょう!

これで、きっとあなたも残り湯で洗濯が出来るようになりますよ(^^)

スポンサーリンク

残り湯洗濯のやり方と手順

残り湯洗濯のやり方は洗濯機によって違います。
まずは洗濯機に残り湯洗濯コースがあるかを確認して下さい。

  • メニューに「お湯取り」や「風呂水」といったボタン
  • 「バスポンプ内臓」という表記

等で確認できます。

ただし、洗濯機購入後1回目の洗濯は水道水を使わないといけないことも。
この点はそれぞれの説明書をよく確認して下さい。

型番で検索するとネット上で説明書を読めたりして便利です。
どうしても分からない場合は各メーカーに電話で問い合わせてみて下さい。

それでも分からない時は、これからお伝えする手順を参考にしてみてください(^^)

残り湯洗濯のコースがある場合

残り湯を汲み上げるためのホースが付いているので簡単ですね!

  1. 残り湯汲み上げのホースを差込口に差し込む
  2. 洗濯物を入れる
  3. 残り湯コースを選ぶ
  4. スタート

※3で「洗い」のみ残り湯を使うのか、「すすぎ」まで残り湯を使うのか選びましょう。
汲み上げのホースが分からない所にある事が多いのが難点ですね^^;

スポンサーリンク

残り湯洗濯のコースがない場合

残り湯洗濯コースがない場合の手順も一度覚えてしまえば、次からは簡単です!
少し手順は多いですが、一緒に見ていきましょう(^^)

洗濯機に入れる順番

1.洗濯物
まず初めに電源をONにして洗濯物を入れます。

2.残り湯

洗濯物を投入した後に残り湯をバケツなどで洗濯機に入れますが・・・

まずは洗濯物が泳ぐぐらいの水量を目安に残り湯を入れてください。
水量が少ないと汚れが落ちないので注意しましょう。

水量が足らない場合はスタートの後、水道水が給水されます。
水量が多い場合も洗濯機のセンサーが、一番多い水量と認識しますので溢れることはありません。

 

3.洗剤
液体洗剤はここで入れましょう!
洗剤の自動投入機能がある洗濯機なら指定の場所に洗剤を入れればOKです。

粉洗剤を使っている場合は溶けなかった事を考えて、予め残り湯に洗剤を溶かしてから洗濯機に入れるといいですね(^^)

4.スタートボタン

 

人によっては、スタートボタンを押した後に残り湯を入れる方もおられるようです。
これはスタートボタンを押した後に、重量センサーが洗濯物の重量から水量を決めた後に残り湯を規定量入れるというやり方です。

結局スタート前に残り湯を多めに入れても洗濯機が一番多い水量と判断してくれるので、私は今まで↑↑の手順で残り湯洗濯しています。

そんな残り湯に入浴剤を使っている時は…洗濯出来るのでしょうか?

入浴剤入りの残り湯で洗濯する時の注意!

残り湯で気になるのが「入浴剤」を入れても洗濯できるのか?ということ。

まずは、入浴剤の説明書きを読んでみて下さい。
袋や箱の裏面に

  • 「洗濯に使えます」
  • 「使わないで下さい」

の表記があります。
当たり前すぎることですが、知らないと気が付きませんよね(^▽^;)

お風呂が濁るタイプの入浴剤は、白濁成分がポンプに詰まりやすかったり…
湯の花などのイオウ系のものは洗剤の洗浄力を弱めてしまう場合もあります。

こういった入浴剤には、特に注意書きがちゃんとあります。

入浴剤のこの成分に注意!

ただし、入浴剤に「ウラニン色素」と書かれている場合は要注意!
この成分は柔軟剤と混ざると衣類をピンク色に染め上げてしまうんです((+_+))

洗濯機で柔軟剤が投入されるのは「すすぎ」の時なのでそう心配はいりませんが…。
服によっては買ったばかりは柔軟仕上げがされている場合もあります。

初めて洗うお洋服だけは、ちょっと意識して注意して下さいね^^

洗濯機のホースが湯船に届かない場合

残り湯,洗濯,やり方

残り湯洗濯を断念しやすいのが「ホースが湯船に届かない場合」。

残り湯洗濯コースがある洗濯機に付属しているホースは、別売りのホースで長さを継ぎ足すことが出来る場合もあります。
しかし、吸引式のホースは10m以上は対応できないことも…(-_-;)

そういった場合は、バケツで汲み取るしかありません。
湯船からお湯を汲み上げる動作は腰に来るので注意してくださいね!(*_*)

スポンサーリンク

すすぎは水道水を使う

すすぎについては、出来れば水道水を使ってください。
残り湯にはどうしても皮脂や汚れがあるもの…。

水道水の節水をより意識するのであれば、すすぎ1回の洗剤を使うといいですよ(^^)
でも、皮脂や汚れって聞くと残り湯洗濯した時の臭いが気になります。

実際「残り湯で洗濯すると臭い!」ということも聞きますが…本当なのでしょうか?

残り湯で洗濯すると臭う!?

残り湯,洗濯,やり方

結論から言うと、「残り湯で洗濯したから臭い」はウソです。
もし「残り湯で洗濯して臭い!」と感じたのであれば、その臭いの元は雑菌

雑菌は残り湯だけでなく、もちろん衣類にもついています。
ですので、残り湯で洗濯したから臭いわけではありません。

気になるなら「除菌・抗菌効果のある液体酸素系漂白剤」を使ってみて下さい。
衣類についている菌はもちろん、気になる残り湯の雑菌も洗い流してくれますよ。

それでも臭いと感じたら?

それでも臭い様な気がしたら、臭いの元は洗濯曹やホースが原因の可能性が高いです!
洗濯槽やホースの中はとても蒸れやすく湿気が溜まりやすいんですね。
残り湯と一緒に通った雑菌が繁殖してしまう可能性が高い場所です。

また、フィルターなどもゴミがたまりやすく臭いの元(*_*;
洗濯機や洗濯槽を掃除したことがなければこの機会に掃除してみてください。

洗濯物が臭いっ!8つの原因と臭いの対策

臭いさえ問題なければ、残り湯洗濯にはメリットがたくさんです!

残り湯洗濯するメリット

残り湯で洗濯するメリットはもちろん節水できること。
他にもお湯は汚れが落ちやすいというメリットがあります。

特に白い洗濯物の黄ばみの原因は皮脂汚れ。
これも温度が高いほうが落ちやすいのです。

お風呂に入った後のお湯は40度ぐらい。
次の日の朝でも20度から25度程度の暖かさがありますよね。

特に冬の寒い日は水道水より確実に温度が高い!
これを使わない手はないですね(*´▽`*)

ちなみに残り湯の汚れについては、最近の洗濯洗剤を使えば問題ありません。
残り湯での洗濯は洗剤メーカーもおススメしている程です。

洗濯洗剤もそれに合わせて開発が進められ、洗濯中に汚れが再度衣類につかないような働きをしてくれるんですって!

更に、残り湯の温度が高ければ洗剤の洗浄力が増します。
粉洗剤の溶け残りが…><。 なんてこともなくなりますよ♪

やり方が分かれば早速残り湯洗濯にチャレンジしてみましょう!

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑