潮干狩りの服装!子供と大人の潮干狩りの服装は?

潮干狩りの服装はどうしよう?
半袖?長袖?どんな格好をしていけば良いの!?

意外と潮干狩りに行く直前に、気になり迷ってしまうのが服装です。

潮干狩り,服装,大人
潮干狩りのシーズンは春先から始まりますが、まだ肌寒い日もあれば暑い日もあったり・・・
長袖にしようか、半袖にしようか迷ってしまいますよね。

また潮干狩りといえば、「濡れる」「汚れる」は当たり前。
汚れが気にならない服装で行くのがまずは基本ですね。
特に子供は予想を上回ることをしてくれるので要注意…(^_^;)

大人だって服装を考えておかないと、風邪や日焼けのヒリヒリに泣く事になってしまいます。
潮干狩りを楽しい思い出にする為に、しっかりと服装も考えておくのが無難ですね!

快適に潮干狩りができる服装について一緒に考えてみましょう。

スポンサーリンク

潮干狩りの服装は大人も子供も防寒対策を!

潮干狩りの服装で気が回らないことが多いのが「寒さへの対策」です。
春先で天気の良い日は、汗ばむくらいの気温になりますもんね。
でも、潮干狩りシーズンの3~5月前半はまだまだ海は寒い!!

あまり体を動かさない作業ですが、照りつける日差しで汗をかいたとしても冷たい潮風で冷えやすいですよ!
大人も子供もしっかりとした防寒対策の服装で出かけましょうね。

では、どんな服装が良いのか具体的に説明していきます(^_^)/

ズボン

ズボンは、すそを上にあげれるタイプのものをはいて下さい。
膝ぐらいまで巻き上げられるのが理想ですね!

潮干狩りは砂の上で貝を採る場合もあれば、場所によっては海に膝まで入って掘る事もあります。
ということは、どちらでも大丈夫なロールアップできるズボンやパンツが無難ですね(^^)

もう一つ、しゃがみこんでも足やお腹がきつくないズボンを選びましょう。

日中の気温が高いようなら、短パンを用意しておくのも良いですね!
女性は短いパンツに柔らかめのハーフ丈のレギンスを合わせるのも一手です。

男性なら、ジャージや海パンを用意しておくと濡れても気にならないですよ(^^)

ガッツリ海の中へ足を入れるなら、雨合羽のズボンも体が冷えにくいのでおススメです。

上着

長そでの上着は必ず必要です。
海風が強いことを想定して、ラッシュガードやウィンドブレーカーだと安心ですね。

行く時期が早い時は、中はヒートテックにするなど防寒対策もお忘れなく。
ただし、汗ばむこともあるので吸収性・速乾性の良さを重視して選んで下さい。

もう暑い!という時期でも、半袖だけだと日焼けに泣くことになります。
薄手の上着やアームカバー等、上手に活用してみて下さいね。

砂浜を動き回ることを考えて、歩きやすさを一番に考えましょう。
履かなくなったスニーカー等もおススメですが、水を含みやすい素材の靴は避けて下さいね。

できればウォーターシューズの様なスポーツシューズがおススメ。
貝の破片やゴミで足を切る危険が心配な時は丈の長い長靴が安心です。

長靴の丈が短いと水が入って来て大変(*_*;

潮干狩りの時だけに履き替えるならクロックスのようなサンダルも使えます。
足先の冷えや怪我を防ぐためにも、しっかりと先が隠れるタイプのサンダルを用意して下さいね。

靴下は必須!

靴下は防寒にも怪我防止にも役立ちます。
寒さ対策として靴下の2枚履きや厚手の靴下なら、サンダルでも足元が暖かく過ごせますね!

そういった時は、持ち運びやすい靴を履いて行ってください。

女性におすすめの服装

女性におすすめなのが、丈が長めな上着かハイウエストのズボン!
そうしないと、しゃがんだ時に背中やお尻がチラリ☆ということに…。
恥ずかしいことはもちろん、ココから冷えてしまいますからね(^_^;)

同じ様に胸元のあいた服も気を付けて下さい。
日差し対策の為にも、潮干狩りでは肌を出すのは控えておきましょう。
忘れがちな首の後ろ部分はタオルを巻くことでカバーできますよ!

スポンサーリンク

子供の服装と注意点

潮干狩り,服装,大人

大人よりも注意が必要なのが子供の服装です!
とにかく絶対汚れるものだと思って、洗いやすい服を用意しましょう。

シャツは黒で綿以外を選ぶのがポイント!

動き回って暑い!と言い出しそうですが、紫外線には要注意!
日焼け対策には紫外線を通しにくい黒のシャツが有効です。

出来れば「速乾性で紫外線を通しにくい濃いめの色の薄い長そで」が理想ですね。
汗が乾きにくく冷えの原因になるので、綿素材のインナーは避けたほうが無難でしょう

濡れて着替えることもありますが、子供は汗でもぐっちょりになります。
色々なハプニングを想定して替えの着替えは2~3セットぐらいは必要です。

上着やズボン

防寒対策として風を通さない脱ぎ着のしやすい上着。
適当なものがないときは、子供こそカッパを着せてよいと思います。

薄手のナイロン生地のジャージも中の服を濡らすことを防いでくれます。
事前に防水スプレーをしておくと、座り込んでも安心です^^

帽子で迷子対策

絶対忘れてはいけないのが「帽子」ですね。

つばが広いものや首の後ろまでガードがあるものが最適です。
風で飛ばされないようにひも付きサイズ調整できるものが良いですね。

可愛い柄の物などを用意する等、喜んで被ってくれるように工夫しましょう!

ちなみにうちの子は、おしゃれ帽子は嫌がるくせになぜか保育園の帽子はおとなしく被ってくれます。
そうしないと外で遊べないって先生に言われているからかな…?

でもコレ、色もカラフルで人混みでも見つけやすく、名前も大きく縫い付けてあるので良いんです^^
迷子対策にもなるしおススメですよ!笑
いっそ園の体操着一式を着せていっても良いと思います。

ほかにも迷子対策として、目印や集合場所を決めておくのも良いですね。
大人は見えていても子供目線では見えないものって多いんですよね。

目印を決める時は子供の目線からでもしっかりと見えるものにしておきましょう!

水着とオムツ

海に入るようであれば水着を着せて行っても良いと思います。
ただ水着だけではかなり寒くなるので、濡れた後の防寒対策はしっかりとした準備が必要です。

また、下の子のオムツが取れていないという場合。
潮干狩りのサイトでは水遊び用のオムツが使えますよという紹介が良くありますが、水遊び用のオムツはオムツとしての機能はほぼありません

水着を用意するには早いけど、すっぽんぽんで水に入れるのは忍びない…
という時のためにつくられたものです。

水を吸い込まないことがウリなので、おしっこはそのまま出てしまいます。
砂浜を拠点にするのであれば、しっかりとオムツを履いて撥水性のあるズボンを履かせてくださいね。

まだトイレがちょっと心配…というお子様もオムツ着用が安心かも。
潮干狩りに取り掛かる前にトイレの場所をチェックしてこまめな声掛けをしてあげて下さい。
トイレの失敗で替えの着替えが足りなくなった~となっては困りますもんね。

潮干狩りの服装のまとめ

春先に潮干狩りに行く場合は冷え込むので、防寒対策をしっかりするのが基本です!

  • ズボンはロールアップ出来る物
  • 上着はラッシュガードがベスト!
  • 靴下は必須!

他にもラッシュガードの代わりにアームガードなどで代用することもできますね。
服装や持ち物に気を付けておけば、ちょっとした事前準備で楽しく潮干狩りができます。

潮干狩りに必要な道具!100均でも買えるおすすめグッズ

潮干狩りの持ち物リスト!あると便利な物10個を紹介!

も一度参考にしてみて下さいね(^^)

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑