潮干狩りの時期はいつからいつまで?貝毒に要注意!

家族で今年は潮干狩りに行きたい!
でも潮干狩りの時期っていつなんだろう・・・?

何となく潮干狩りといえば春先のイメージがありますが、実は違うんです(^^;

潮干狩り,時期,いつまで

折角潮干狩りに行ったのに、全然貝が採れなかった・・・
そうならないためにも潮干狩りに行く日を決めるときは、決め手になるポイントがあります。

折角ならしっかり行く日を決めて沢山貝を採りたいですね!

  • この時期、潮干狩りにまだ行ける?
  • いつまでなら楽しめる?

 

潮干狩りについて分からなくても、ちょっとした下調べをして計画を練るとすごく楽しめますよー!
今回は潮干狩りにベストな時期や時間の調べ方をお届けしますね(*^_^*)

スポンサーリンク

潮干狩りの時期はいつからいつまで?

まず潮干狩りにいつまで行けるか?の答えは、実は「1年中」。
真夏だろうが、真冬だろうが・・・実は潮干狩りはできるんです。

 

重要なことは潮が引き潮になる「干潮」の時間帯を狙うこと。

貝達は

  • 満潮(潮が満ちる)時 → 波に乗って砂浜へ来て
  • 干潮(潮が引く) 時 → 砂浜に取り残されて

いきます。

ですので、海の潮が引くのを追いかける様に掘るのが大漁のポイント!
干潮の時間の前後1時間の間に砂浜にしゃがめる様な予定を組みます。

潮干狩りの季節

潮の満ち引きは「季節」によって違いがあり春や秋頃の海は、遠くの方まで潮が引くというのが特徴。
砂浜部分が多くなれば、それだけ狙える個所が増えるので良いですよね!
気候的にも海に行くのにも安心な季節なので嬉しいです。

そんなわけで潮干狩りの季節は春だけでなく、秋にも潮干狩りに行けちゃうんです!

ただし、秋は1日に2回くる干潮のうち遠くの方まで潮が引くのは夜の時間帯の方。
これでは、子供を連れていくのは少し難しいかもしれませんね…(-_-;)

何月から何月まで?

日中の潮干狩りに最適な時期は「昼間に遠くの方まで潮が引く」春がおすすめです
地域によって少し違いますが、4~5月頃が一般的です

 

潮の状況はもちろん、貝が卵を産む為に栄養を貯め込む時期なので大きく美味しくなるとも言われています。
よくGW中の行楽ニュースなどで報道されるん理由だったりもします。

北海道と九州では少し時期が変わってくるので、参考までに潮干狩りシーズンの時期を日本地図でご紹介しておきます。

潮干狩り,時期,いつまで

ちなみに砂浜を掘る潮干狩りは太平洋側。
海まで浸かって採るのは日本海側の潮干狩りです。

スポンサーリンク

潮干狩りは春の「大潮の日」がおすすめ!

更に春という最適な時期の中でもベストな日は「大潮」の海。
大潮の海は、その名の通り潮が大きく引きます。
ですので、普段は歩けない様な場所まで貝を捕りに行くことができる!

つまり、潮干狩りに行く日を決めるなら

  • 春の大潮の日
  • 干潮の時間が11~13時頃(気温の高い10~14時に掘れる)

がおススメです。

 

14時を過ぎると気温が下がる一方。
春の海風は冷たいので、時間にも注意して下さいね。

地域別に潮干狩りの時期はいつなのか気になるときは「潮見表」でチェックすることができます。
潮見表カレンダーサイト等もありますので活用してみて下さい。

潮干狩りで採れる貝の種類

潮干狩り,時期,いつまで

潮干狩りで採れる代表的な貝を4つ紹介します。

アサリ

潮干狩りで一番ポピュラー。
4~6㎝程の大きさで、味噌汁や酒蒸しが定番料理ですね。

ハマグリ

アサリより大きい。
10㎝にもなる大きなものもあるので「焼きはまぐり」ができます。

マテ貝

縦に長い形が特徴的な貝。
アサリと同じ様にパスタに入れたり、バター炒め等で食べれます。

バカ貝

貝に入った模様がアサリと違いを描いているのバカ貝。
砂抜きをするのが難しく、手で砂を取り除かないといけないのが特徴です。

 

潮干狩りでは二枚貝と呼ばれる貝が主流になります。
ココで知っておいてほしいのが二枚貝にある「貝毒」の危険性です。

潮干狩りの時期は貝毒に注意!

潮干狩りの時期は貝毒の原因になる有毒なプランクトンが増え、貝毒の元になるプランクトンを食べた二枚貝は身体に毒を溜め込んでしまうのです。
しかし、見た目や匂いも通常の貝と変わらないので見た目では分からない・・・
知らないと何も気にせずに食べてしまいますよね。

貝毒は、調理でどれだけ加熱してもなくなりません!
潮干狩りで採る貝には、そういった危険があることを心得ておいて下さいね。

貝毒が発生するとTVのニュースなどで報道されます。
3~9月辺りは特に重要視して呼び掛けがあるので気にかけて下さい。

 

赤潮が発生しました、というニュースも貝毒に対する一つの警告で、プランクトンの大量発生で起こる赤潮の時期はとても危険と言われています。

漁協が管理する潮干狩り場では、危険がある時は立ち入りが禁止されているので、貝毒を避けるにはきちんと管理された場所で潮干狩りすることが一番大切です。
都道府県のホームページでも情報が公開されますので、出掛ける前にチェックして下さい。
貝毒の詳細については大阪府の貝毒発生状況をチェックしてみてくださいね!

ちなみに「貝の口が開かない=危険」というわけではありません。
この謎は開かない貝は死んでいる!?加熱しても開かない理由の記事を読んでみて下さい^^

潮干狩りの時期のまとめ

潮干狩りの時期は特に春だけと決まっていません。
特に春先のGWあたりに潮干狩りが流行るのは、潮が遠くまで引き日中の潮干狩りにはピッタリのシーズンだからということなんですね!

夜に潮干狩りをするなら、秋の大潮の日を狙うのも良いですよね(^^)

春先に潮干狩りに行かれる場合、想像しているよりも寒いことが多いので服装も考えていくと快適に潮干狩りができますよ!
潮干狩りの服装は潮干狩りの服装!子供と大人の潮干狩りの服装は?をチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連記事

潮干狩り,道具,100均

潮干狩りに必要な道具!100均でも買えるおすすめグッズ

潮干狩りに行こうと思うのですが、どんな道具が必要なのでしょうか? 私にとっては子供の頃に行った、子

記事を読む

潮干狩り,持ち物,リスト

潮干狩りの持ち物リスト!あると便利な物10個を紹介!

潮干狩りに行くなら道具以外にも持ち物の準備が必要です。 手足が汚れるのはもちろん、万が一のスマホ水

記事を読む

潮干狩り,服装,大人

潮干狩りの服装!子供と大人の潮干狩りの服装は?

潮干狩りの服装はどうしよう? 半袖?長袖?どんな格好をしていけば良いの!? 意外と潮干狩りに

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑