今年流行りのインフルエンザは何型?2017-2018の症状と特徴は?

今年もきっと流行りに乗れるはず!

インフルエンザの…(T_T)/~~~

今年,インフルエンザ,何型,2016

うちの旦那、いつもどこかしらか
何型かを貰ってきます(ー_ー)!!

家族はいい迷惑!

 

子供達にうつらない様にするためにも、
対策を練らないといけない時期がやってきました。

 

そこで、2017-2018年のインフルエンザ

  • 何型が流行る?
  • 時期は?
  • 予防接種は?
  • 潜伏期間は?

について、調べてみました!

スポンサーリンク

今年流行りのインフルエンザは何型?症状の特徴は?

毎年流行りが予想されるインフルエンザといえばa型とb型です。

インフルエンザc型はa型b型と違い、ピークの時期も1~6月と広く通年型のウイルスとも言われています。
ちなみに感染力と死亡率が高く一時期話題になった、鳥インフルエンザや豚インフルエンザもインフルエンザa型に含まれているそうです。

 

流行が分かったところで、簡単にa型・b型・c型の症状とその特徴を抑えてみます。

a型の症状と特徴

a型の症状はまさにインフルエンザ!という感じです。

大きな特徴は、「急にすごい高い熱がでる」と事ですね。

 

まさに、このa型がごく一般的なインフルエンザです

もちろん症状は辛いですが、特徴的なので早く感染に気づけると思います!

 

【症状】

  • 急な発熱
  • 高熱(38〜40度)
  • ひどい寒気
  • 関節痛
  • 筋肉痛
  • ひどい頭痛

 

【特徴】

  • 流行時期:11〜2月
  • ウイルスが変異しやすい
  • 感染経路:人・動物
  • 高熱が出る

 

またa型が毎年流行するのは、ウイルスが変異しやすいからなんですよ!

それに合わせて先を読み、ワクチンを作っている科学者たちは
本当にすごいと感心しますよね~(*_*)

 

b型の症状と特徴

b型の症状は風邪にとても似ています。

特に特徴的ではないので、気付かぬ内に学校や職場で感染が拡大するんですね(-_-;)

 

【症状】

  • 下痢(げり)
  • 胃炎(いえん)
  • 腹痛
  • 微熱
  • 寒気
  • 関節痛
  • 筋肉痛

 

【特徴】

  • 流行時期:11〜3月
  • ウイルスの変異がゆっくり
  • 感染経路:人
  • 風邪の症状に似ている
  • 消化器系に症状が出る

流行時期に風邪の症状があったら、念のため病院で検査してもらった方が良さそうです。

 

b型は本来はウイルスの変異がゆっくりなため2年に1度しか流行っていませんでした。

しかしなぜか2013年からは毎年流行しているそうなんです!

 

感染に気づきにくいということから今後はa型以上に注意しないといけなくなるかもしれませんね…。

 

c型の症状と特徴

c型は大量の鼻水が出るということが一番目立った症状です。

実は、他のインフルエンザと違ってウィルスが変異しにくいというのが特徴なんですよね。

 

【症状】

  • 大量の鼻水
  • 風邪症状

 

【特徴】

  • 流行しない
  • ウイルスが変異しにくい
  • 感染経路:人・ブタ
  • 5歳以下の子供がかかりやすい
  • 特効薬がない

 

ウィルスが変異しにくい為、a型やb型と違って流行することはありません。

しかし、特効薬がないというのは怖いところ。

熱が出たらしっかりと解熱して、しっかりと栄養を補給することが大事なようです。

 

また、一度かかると免疫ができます。

大人になってから何度もかかる、という人は少なくなりますね。

 

ですので、c型を一番気にかけないといけないのは、
5歳以下のお子さんがいるご家族かと思われます!

もし自分の子供が風邪の症状に加え、大量の鼻水が出ていたら
まず病院で検査してもらいましょう。

 

症状は軽いかもしれませんが、それでもインフルエンザであるということをお忘れなく!

 

そしてただでさえ、こんなにたくさんの種類があるインフルエンザなのに
よく耳にしませんか?「新型」という言葉…。

 

新型インフルエンザとは?

新型インフルエンザとは、新たに「人」から「人」への感染ができるようになった
インフルエンザウイルスのことです。

 

新型は、インフルエンザウイルスの一番の特徴である変異によって起こります。

 

ウィルスが変化しているためにもちろん、ほとんどの人が免疫を持ちません。

そのため、全国的に感染が非常に広がりやすいんですよね!

 

新しいことなので、治療への対応も難しくなります。

いち早く情報をキャッチし、かからないための予防をすることが大事になりますね。

 

それでは、情報はいつ頃から気にかけておいたら良いのでしょうか?

スポンサーリンク

今年のインフルエンザの流行時期はいつ?

今年,インフルエンザ,何型,2016

インフルエンザの流行時期は、

・10〜12月頃 → 始まり

・1〜3月   → ピーク になると予測されます。

が毎年の流行りの時期とされています。

 

ただし、空気が乾燥しているとウィルス達はいつまでも元気に飛び回ります(-_-;)

流行が過ぎても警戒することは必要ですね。

 

また、天気の状態を注意深く観察していくことも予防の第一歩だと思います^^

 

インフルエンザワクチンの予防接種の時期

そしてインフルエンザの予防接種は、効果が出始めるまでに
約2週間程の期間が必要になります。

 

そのため、

  • 流行までに免疫を作りたい人 → 10月中旬〜下旬
  • ピークに合わせたい人    → 11月中

といった時期に予防接種をすると良さそうです。

 

効き目自体は接種してから約4か月継続するそうですよ^^

ただし13歳以下の子供は免疫が付きにくいため、2回の接種が勧められます。

 

しかし、予防接種をしたからといって「絶対インフルエンザにかからない」
というわけではありません!

ですので、手洗い・うがいなどの対策はきちんとしておきましょうね^^

 

インフルエンザワクチンの料金

更に気になるインフルエンザワクチンの料金はというと…。

実は決まっていないのですよね(*_*;

 

インフルエンザの予防接種というものは、保険が適用されるような診療ではなく、
「自由診療」という部類に入るのです。

ですので、料金は病院によって様々

 

平均的に3000〜4000円くらいなのですが、
病院が抱えている様々な事情(人件費や器具代など)が関係してきます。

 

ワクチンがそれぞれの病院に届いた時は約1000円程度なので、
1000〜2000円でしているところは赤字覚悟でやっていると言えるでしょうね^_^;

 

病院ごとに値段が違うので、ご家庭の経済事情も踏まえつつ、
余裕があれば病院の事情も踏まえてあげて下さい。笑

どこの病院で接種するかはよく吟味してみるといいかと思います^_^

 

インフルエンザの潜伏期間と感染経路は?

そして、インフルエンザは型によって、潜伏期間と感染経路が違います

【潜伏期間】

  • a型…12時間〜48時間
  • b型…1〜3日
  • C型…1〜3日

 

【感染経路】

飛沫感染(咳やくしゃみ)

空気感染

接触感染(感染している人に触る・感染した人が使ったものを使う)

といった感じです。

 

家族がかかった時は何型にかかったのかもしっかり把握しておくことが大事ですね^^

 

今年流行りのインフルエンザについてまとめると…

2017〜2018年のインフルエンザの傾向について、

  • a型・b型・C型で症状が違う
  • 年明けの1〜3月が流行のピーク
  • 予防接種は、病院によって金額が違う

ということをお伝えさせていただきました。

 

流行の型なんて英数ばかりでよくわかりませんでしたが、
a型もb型もしっかりと対策をしておかないといけないなと思いました。

 

特にうちの子は受験を控えています(*_*)

注意深く子供の様子を観察してあげなくては!と思いました!

 

しっかり予防して、インフルエンザに負けずに過ごしていきましょうね!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です